« 富豪刑事 | TOPページへ | 俺は、君のためにこそ死ににいく ナビDVD »

2007年03月12日

● ケイゾク 特別篇


1999年末に放送された「ケイゾク特別篇 死を契約する呪いの樹」について語ってみる。




ケイゾクSPケイゾクSP

何故、この作品を語るのかと言うと…


私の大好きな演出家「堤幸彦」が 広く名を知られるキッカケとなった作品が この「ケイゾク」だから。


で、TVシリーズの本編や映画版を語らずに 何故、この「特別編」を語るのかというと…


「ケイゾク」のTVシリーズじたい面白い作品であったが、本編の主要キャストには 個人的に惹かれる役者がおらず、物語じたいもミステリー・タッチだから 内容を語るのは憚られ…


ところが、この「特別編」の方は 後々、とても興味深い存在となる役者が数人出演しており、個人的には こちらの方が語り甲斐があるからだ。^^;


そんな俳優(その1)は


ケイゾクSP

「生瀬勝久」


主人公:柴田純(中谷美紀)の後任であり、対照的な存在として登場するわけだが 堤幸彦の後のヒット作「トリック」における迷警部の片鱗が窺えるキャラ設定を怪演している。


と、同時に 判り難いのだが…


ケイゾクSP

ケイゾクSP

上の画の「生瀬勝久」と一緒に映っている人物…


ケイゾクSPケイゾクSP

これ、「生瀬勝久」とコンビでトリックで怪演する「前原一輝」


また、「前原一輝」と同様に とても判り難いのだが…


ケイゾクSP

ケイゾクSP

顔の露出が殆ど無い、野々村光太郎捜査2係長(竜雷太)の愛人女子高生を演じているのが「永田杏奈」だと言う事。


ケイゾクSP

上が唯一、顔の映った場面である。^^;


そして、最後に…


ケイゾクSPケイゾクSP

ケイゾクSPケイゾクSP

ケイゾクSP

ケイゾクSP

この「特別編」には 主要なキャストとして「木内晶子」が出演している。


それが、本編を取り上げず この「特別編」を重視する最大の理由でもある。


ま、いずれにしても 本編を楽しんでからじゃないと、この「特別編」の本当の面白さは理解出来ないので 未見の方は本編をまず楽しむ事をお薦めする。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堤 幸彦』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。