« eiko | TOPページへ | 雑感(3月8日) »

2007年03月07日

● ラブレター(蒼恋歌)


2006年公開の映画「蒼恋歌(ラブレター)」のDVDが出たから見た。




画像

この映画の場合 私が見ようとした動機は「本仮屋ユイカ」が出演している事が大きな理由。


画像

画像

なので、ただ「本仮屋ユイカを見る」それだけの目的から言えば 大いに満足^^


しかも、

画像

画像

画像

「寺島進」も 相変わらず、良い仕事をしているし


画像

画像

「工藤里紗」も微笑ましい^^


南国のWenさんに言わせると「夜のピクニックよりこっちの方が私は青春時代を感じました」との事で… (* ̄m ̄) ププッ


青春時代をヤンチャに過ごした方なら さもありなん…とは思う。^^


聞くところによると、「THE BLUE HEARTS」の「ラブレター」という曲の歌詞をもとに描かれたのだそうだけど、まぁ、ストーリーに関しては 私にとっては どうでも良い。


が、おそらく このままだとWenさんからツッコミを喰らうと思われるので ある部分についてのみ、触れておくと…


画像

画像

娘(本仮屋ユイカ)に逢うために現れた男(石垣佑磨)を 父親(田口トモロヲ)が 豪快に投げ飛ばすシーン


これは 年頃の娘を持つ親父として 私個人のあくまでも個人論で言えば「当たり前」の儀式であり、暴力なんかじゃ無い。


余所の娘に手を出す…という事が 如何に「腹を括り」「腰を据えて」責任を認識せねばならぬかを教えてやる重要な儀式なのだ。


だから、少なくとも派手に2回投げ飛ばした父親には「ブラボー」と賞賛を贈るが…


画像

その後で、家にあげて治療をし 酒を勧める…ってのは「違うだろ」って思った。


後になって そんな真似をするなら、最初から話を聞いてやればいいわけで 痛めつけるだけ痛めつけておいて「飲めるんだろ?」ってのは なんだかなぁ…^^;


(ちなみに、我が家の場合は 痛めつけるだけ痛めつけて放置)


まぁ、役柄は ちゃらんぽらんなオニィチャン役の


画像

「石垣佑磨」だが、役柄とは別に 1人の俳優としてしばらくぶりに見て なんとなく「成長したなぁ…」って感が漂っていたのも好ましい。


問題は


画像

画像

「本仮屋ユイカ」が また「真面目なんだけど幸薄い娘」って役な事。


どうも、「本仮屋ユイカ」に限らず 彼女が所属している芸能事務所は 真剣に所属している役者達を成長させようと考えているのか疑問に思わされる事が多い。


「とりあえず、どんな役でも出演できればOKっしょ」


とか


「真面目で幸薄い役なら ウチのユイカがピッタリですよ」


みたいな軽いノリの営業をしてるんじゃないの?と思う事が多いんだよなぁ…




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本仮屋ユイカ』関連の記事

コメント

>「真面目で幸薄い役なら ウチのユイカがピッタリですよ」
>みたいな軽いノリの営業をしてるんじゃないの?と思う事が多いんだよなぁ…

いかにもありそうですね(笑)。所属事務所を調べてみたら、「******」でした。よく知らないんですが、あんまり大手じゃないんでしょうか。

★ オカダ さん

いえ、充分に 大手ですよ^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。