« 翼の折れた天使たち 第1夜 | TOPページへ | 翼の折れた天使たち 第2夜 »

2007年02月27日

● ゆれる


2006年公開の映画「ゆれる」のDVDが出たので 早速、買って観た。




画像

この作品は 私の友人の中でも特に映画愛好家である人物が「とても、面白い」と薦めてくれた作品だった。


画像

物語は、母親の法事に 


画像

数年ぶりに弟:オダギリ・ジョーが実家に帰ってくる。


画像

父親:伊武雅刀は 田舎町でガソリン・スタンドを経営し


画像

兄:香川照之は 父親と共にガソリン・スタンドで働いていた。


画像

そのガソリン・スタンドには 兄弟の幼馴染みの女の子(真木よう子)が働いており


画像

画像

画像

法事の翌日、兄の誘いで山奥の川の上流へ兄弟と女の子の3人で遊びに行くが…


画像

女の子は吊り橋から転落して死亡、兄は「俺が殺した」と自供し逮捕される。


画像

やがて、兄の裁判が進むにつれ 兄弟それぞれの心の葛藤や 人の心の内面の複雑さが浮き彫りになる様が描かれる。




率直に言って この作品を見終えた時、感動はひとつも得られなかった。


けど、最初から最後まで 食い入るように観させられ、それだけ内容に引き込まれた。


近年の マンガや小説など原作に頼り切った邦画が多い中で、オリジナルの脚本で これだけ引き込まれた作品は珍しく、まず 私はそこを高く評価したい。


それと、この作品の制作者は いろんな部分に この作品を出来るだけより良い作品に仕上げようと努力した事が 細かいカットの一つ一つに見受けられ、それが良い意味で効果を発揮していると 素直に認めたい。


特に、賞賛すべき事は キャスティングの妙で、それぞれの役に 実に巧妙な配役を施したと思える。


画像

画像

「オダギリ・ジョー」と「香川照之」に 兄弟間の機微を巧く演じさせると同時に


画像

弁護士であり、伊武雅刀と兄弟という関係に「蟹江敬三」を配して こちらでも兄弟の機微を対比させる構成も巧い。


で、裁判の過程においては 検事役に


画像

画像

画像

「木村祐一」を据えているのだが、これが実に素晴らしい。


この作品は おそらく「サスペンス」に分類されるのだろうが、ハラハラドキドキ感は私は感じなかった。


が、そのかわり、「この先、どう展開するのか?」というワクワク感が ずっと持続され続けた。


敢えてケチをつける点を挙げれば エンディングの曲は もう少し、なんとかならなかったのか?と 拍子抜けの感が強かった事ぐらいで


画像

「智恵子は 殺されるような子だったのかなぁ?」


死んだ女の子(真木よう子)の母親が ポツリとこぼす台詞を筆頭に 全体の台詞ひとつひとつに 細かい吟味がなされていた事を思うと それが惜しい。^^




さて、ブタネコ的恒例のエンド・クレジット眺めだが…


画像

この作品で「へ?」と感じたのは「尾上寛之」


だんだん、「田中圭」や「津田寛治」の如く いろんな作品にチョイしているんだな^^


で、探したわけだが…


画像

最初の登場場面は とても判り難い^^;


上の画の 吊り橋の上にいる青年が それ。


どうやら「尾上寛之」に与えられた役の設定は「弁護士の助手」と思われる。(理由は後述)


次に画面に登場したのは


画像

香川照之の右上 傍聴席の青年(他にも裁判シーンでは 傍聴席の後ろの方に必ずいる)


で、

画像

画像

最終的に、「弁護士の助手」が「尾上寛之」だと確信できたのが 上のシーン(蟹江敬三の隣)


役柄を示す具体的な台詞は無く、吊り橋の青年の絵が あまりにも小さすぎて、傍聴席や宴会の青年と同一かも 映画内では明記されていないので あくまでも私(ブタネコ)の推測にすぎない。^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾上寛之』関連の記事

コメント

全編にわたって、香川照之さんがとても気持ち悪いです。
もちろん褒めてます。
特に橋の上のシーン、あと笑顔が強烈です。
木村祐一さんの検事が意外と(は失礼か)いいですね。
尾上寛之さんは気づかなかった。

で、本当はどうだったのか…どう思われましたか?
(ネタバレしちゃいますね)

なんだか面白そうですね。
ぜひ、見てみようと思いました。
尾上寛之さん。
ウォーリーを探せ(古いっ)のごとく
ブタネコさんは鋭い観察力ですね。

★ satomin さん

>で、本当はどうだったのか…どう思われましたか?

おもいっきりネタバレ長文で 別記事として掲示しましたので 御笑納を…^^


★ カルチェ さん

最近、「尾上寛之」が 私を刺激するんです。^^;

はじめまして。

実は、「ゆれる」先週の土曜日に東宝シネマで見ました。
もともと映画「手紙」での尾上寛之をたぐっていて「ゆれる」を知ってその時には当然上映は終わってたのですが、この町の東宝シネマではこれとフラガールとめぐみをこの時期に安くして上映してました。結局800円で見ました。
エンドロールまで忘れていたのですが肝心の尾上あれどれだっけ?という感じで考えました。その頃の年齢の役ってスタンドのバイトか助手だけでバイトの顔は違う。でも助手の顔思い出せない。こちらの画像で納得しました。
ちょっと突っ込みですけど、初めて猛が弁護士事務所に行ったときあの助手いたように思います。
あと、あのラストの曲ですけど、FMラジオの番組にゆれるの監督と音楽担当が出てました。2週間前ですけど、監督としてのラストの曲についての考えは「あそこまでがとにかく救いようがないので最後だけはなにか希望につなげる物を持ってきたかった。」だそうです。当然自分はその時本編を見てないので見る前から、最後の曲楽しみでした。
予想は裏切られてでも、監督の意図感じました。

で、尾上。ドラマの「少年H」の主役で鮮烈だったので名前覚えていて、それが最近ちょこちょことテレビ見ないし映画も最近になって本数多くなってきた自分の目で見つけるようになって、あの尾上?かと思い確認の意味を込めて出演がわかっているときには見てる次第です。でも今回はこれだと指摘されないとわかりませんでした。

★ 元気 さん

はじめまして、コメントありがとうございます。^^

「ゆれる」を確認したところ 確かに猛が初めて弁護士事務所に行った際、瞬間的な横顔が2度と 後ろ姿が一度ありましたが、あれで「尾上寛之」とは判別できませんね^^

おはようございます. 東京も梅雨入りのようです.
久々に15夜を書きまして,こちらの記事を紹介させていただきました.
何卒よろしくお願いいたします.

★ ゴーシュ さん

ありがとうございます。^^

後ほど 御邪魔します。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。