« 夜のピクニック 再び | TOPページへ | オトシモノ »

2007年02月24日

● 怨み屋本舗 DVD1


先日、『マスタ-・オブ・サンダー』という記事を掲示し、その中で「木下あゆ美」に目を惹かれたと記述したところ…




ある方からメールにて「怨み屋本舗」を薦められたので 早速、取り寄せたのだが、


画像

調べてみたところ、これは2006年の7~9月期にテレビ東京で深夜帯に放送されていたらしく オンエアー時は その番組の存在すら、まったく気づいていなかった。^^;


ちなみに、原作マンガがあるそうだが それも私は未見。


DVDは全部で4巻、1巻に3話ずつ全12話の構成となっており、薦められて見始めて 気づいたら一気に12話全部を観てしまった。^^


画像

画像

画像

で、今回は そのDVD第1巻(1~3話)について語ろうと思うが…


ざっくりと概要を語ると 物語の主人公は


画像

画像

画像

「怨み屋」(木下あゆ美) 


彼女は事件の被害者や遺族などのもとに現れ、


画像

一枚の名刺を置いていき、


画像

「娘を保険金殺人で殺された父親(第1話)」


画像

「ホストに恐喝されている主婦(第2話)」


画像

「義父に虐待されている女子高生(第3話)」

画像

「隣家の主婦から嫌がらせをされている主婦(第3話)」


名刺を受け取った者は 彼女に怨みを晴らす依頼をし、怨み屋は それを実行する。


主な出演者は


画像

画像

画像

「怨み屋」の協力者である「情報屋」(寺島進)


画像

画像

画像

回が進む毎に「怨み屋」の存在を知り、敵対関係になる「寄木警部」(きたろう)


画像

本職はホストだが、怨み屋の協力者である「シュウ」


画像

第3話では依頼人だが、金が無くて報酬を払えず 4話以降は怨み屋に協力させられる女子高生…




さて、ストーリーについての感想を先に述べると…


なかなか、面白い着想だと思う。


リアル感云々については 小言を言いたい部分もあるが、まぁ、マンガ もしくはドラマの話だから触れずにおく。


で、全体の構成についてなのだが、個人的な思い込みだとは思うのだけど… 所々に、「攻殻機動隊」の匂いを感じる。


それはBGMが似ている事が最大の理由となるのだろうけど、 主人公の「怨み屋」のキャラクターが「攻殻機動隊」の「草薙」に ツンツン具合が、特に台詞回しが似ていると感じたのだけど、調べてみたら「木下あゆ美」は「メタルギア」の声優を務めてたんだね^^

だから、私の頭の中で混ざっちゃってるのかもしれないな^^;


脚色の構成は微妙に「池袋ウエストゲートパーク」に似た雰囲気を感じもあり、これも悪くない。


いずれにせよ、私には好ましい効果なんだな。




さて、『マスタ-・オブ・サンダー』で目を惹かれた「木下あゆ美」だが、この「怨み屋本舗」をメールで教えて下さった方には この場を借りて深く感謝を申し上げたい。


と言うのは 贔屓目と笑われるのを承知で申し上げるのだが、


画像

画像

画像

画像

画像

画像

化粧や衣裳による効果もさる事ながら、「マスタ-・オブ・サンダー」の


画像

この娘とは 全く違うキャラをキチンと演じ分けている事に感心した。


ちなみに「木下あゆ美」は現在 TBS系で昼の13時から放送している「結婚式へ行こう!」にも出演しているのだが、このドラマのキャラも また別物であり、それも見事に演じ分けており、それら3つの役柄を比べると、正体不明の艶がある女から 子供っぽい、あどけなさの残る女の子まで幅が広く 戦隊モノの出演経験からか なかなか、巧いアクションもこなし、モデル並のプロポーションと身のこなしも見せる


女性の歳について語るのは野暮とは思うが プロフィールによると彼女は今24歳との事で 言い方は悪いが、女優としての年齢のわりに出演作の少なさが不思議に思えるほど、素晴らしいポテンシャルを持っていると私は感じた次第。


画像

彼女が「怨み屋本舗」の中で 依頼を受けた時に言う決め台詞「しかるべく」


私も 彼女を「しかるべく」注目していきたいと思う。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『怨み屋本舗』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。