« 悪魔が来たりて笛を吹く OP | TOPページへ | 瑠璃の島SP 2007 初恋 »

2007年01月06日

● 悪魔が来たりて笛を吹く(稲垣版)


2007年1月5日にフジ系で放映された「悪魔が来たりて笛を吹く(稲垣版)」について語ってみる。




悪魔が来たりて笛を吹く

稲垣吾郎が金田一耕助を演じるのは これで4作目


  ・『犬神家の一族


  ・『八つ墓村


  ・『女王蜂


過去3作は それぞれ既に記事で述べたわけだが…


所々、「ふざけんな」と腹立たしい部分もあったけど 概ねは いち横溝ヲタとして好意的に受け止めている部分の方が どちらかというと多い。


であるがゆえに、今回の「悪魔が来たりて笛を吹く」に関して 期待する気持ちもあったのだが…


先に申し上げるけど、つい先日 石坂版金田一の映画「犬神家の一族」のリメイク版を劇場で見てきたばかりなので 稲垣ファンには申し訳無いが、やっぱ 金田一耕助は石坂浩二 監督は市川崑という組み合わせが絶品なんだな


だから、比較するなんて次元の話では無く、


「稲垣吾郎が金田一? あ、そうなの そりゃ良かったね」


という程度の受け取り方しか出来ないな^^;


ただ、先の3作とは決定的に違うのは「悪魔が来たりて笛を吹く」は 残念ながら石坂・市川版が無い。


映画版として 唯一、まとも風に制作されたのが『悪魔が来たりて笛を吹く(西田版)』だが、記事でも述べている様に この映画の監督は映画の冒頭で大ネタバレなんて論外なアホの為、私に言わせれば テーマ曲となった音楽のみ評価できるが作品としては論外に近く、映像作品として 唯一評価できるのは『悪魔が来りて笛を吹く(古谷版)』という 古谷一行のTVシリーズのみだという事で 石坂・市川版が無いぶん新鮮味は大きい。^^


さて、主な出演者は…


悪魔が来たりて笛を吹く

椿英輔 「榎木孝明」


悪魔が来たりて笛を吹く

椿あき子 「秋吉久美子」


悪魔が来たりて笛を吹く

椿美禰子 「国仲涼子」


悪魔が来たりて笛を吹く

目賀博士 「伊武雅刀」


悪魔が来たりて笛を吹く

玉虫 元・伯爵 「浜田晃」


悪魔が来たりて笛を吹く

菊江 「野波麻帆」


悪魔が来たりて笛を吹く

玉虫利彦 「螢雪次朗」


悪魔が来たりて笛を吹く

玉虫一彦 「渡部豪太」


悪魔が来たりて笛を吹く

三島東太郎 「成宮寛貴」


悪魔が来たりて笛を吹く

お種 「浜丘麻矢」


悪魔が来たりて笛を吹く

河村駒子(妙海) 「銀粉蝶」


悪魔が来たりて笛を吹く

河村小夜子 「高橋真唯」


ってな感じなのだが…


横溝フリークなら「あれ?」と すぐ気づくのは原作では「新宮利彦 元・子爵」だった人物が 何故か「玉虫」になっており、息子の一彦も同様。^^;


ま、その辺は どうでも良いと言われるかもしれないけどね^^;


その他には 定番の


悪魔が来たりて笛を吹く

横溝正史 「小日向文世」


悪魔が来たりて笛を吹く

橘 署長 「塩見三省」


という二人。


物語は 天銀堂事件が世間を賑わせ


悪魔が来たりて笛を吹く

と 新聞が報道する中


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

不可解な遺書を遺して


悪魔が来たりて笛を吹く

椿英輔 元・子爵と思われる人物が


悪魔が来たりて笛を吹く

死体で発見される。


しかし、椿の屋敷に


悪魔が来たりて笛を吹く

死んだはずの元・子爵と思しき人物が現れるなど怪異な事件が相次ぎ…


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

一人娘の美禰子は 真相を解明するべく探偵・金田一に依頼する。


悪魔が来たりて笛を吹く

椿家で関係者が揃って占いをやるという招きに応じて金田一が訪れてみると…


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

占いの最中に 部屋が一瞬暗くなり、間も無く灯りがつくと


悪魔が来たりて笛を吹く

占い番には奇妙な模様が描かれており、それを見た関係者が 意味ありげに驚く中、二階から椿 元・子爵が作曲したとされるフルートの音が…


というのが導入部のあらすじ^^


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

戦後の焼け跡にたたずむ椿邸


悪魔が来たりて笛を吹く

須磨の玉虫別荘跡


悪魔が来たりて笛を吹く

石灯籠


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

淡路島の庵


悪魔が来たりて笛を吹く


悪魔が来たりて笛を吹く




さて、見終えた感想を述べると…


なかなか、原作の雰囲気が醸し出されてはいると思う。


けど、「なんだかなぁ…」って部分が やっぱり少なく無い。^^;


横溝作品については 常に言わざるを得ないのは、2時間ちょっとの尺の中で映像化するのなら きっちりと計算して構成を考えろ…って事。


例えば、


悪魔が来たりて笛を吹く

あき子は 妖艶でなくちゃぁ説得力に欠ける。


悪魔が来たりて笛を吹く

目賀博士や 玉虫(新宮)利彦は ギラつくぐらいのスケベでなくちゃダメ


同様に、菊江は したたかな女性像があってこそ…


つまり、シチュエーションは悪くないのだが、個々のキャラが「え?」って感じで原作のキャラ像には 程遠い。


そう言うと制作者側は 尺に合わせるためにいくつものエピソードを省いた為、こういう人物像でも充分…なんて言い訳をするのだろうけど 何故、「悪魔」という表現が 何度も何ヶ所にも用いられるのか? そこを よく考え直してみろ…と 指摘したい。


個人的な好みを置いた上で 唯一、原作のキャラ像を活かしていたのは


悪魔が来たりて笛を吹く

悪魔が来たりて笛を吹く

河村小夜子「高橋真唯」と


悪魔が来たりて笛を吹く

椿 元・子爵「榎木孝明」ぐらいのものだった^^


だから、原作を知っている私みたいなモノには それなりに楽しめる映像だったとは思うけど、原作を知らない視聴者には 充分に作品の面白さが伝わったのだろうか?と考えた場合、「否」と言う他無く、そんな状態を「素晴らしい」と誉めるわけにはいかないな… というのが私の感想の結論。


でもね、西田敏行の映画版よりは はるかにマシだと思う。


それは フルートに込められた意味が ちゃんと盛り込まれていたからね。^^


もし、また稲垣版として続作が制作されるのだとしたら 悪い事は言わないから、著名な長編では無く、著名な短編を じっくりと肉付けして制作する事をお奨めする。


なんとなく順番から言って「獄門島」とか「悪魔の手毬唄」に手を伸ばしそうな気がするだけに あえて、そう申し上げておきたい。

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『悪魔が来たり…』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは。
さすが、記事が早いですね!感服です。

昨日、他の記事でコメントさし上げたとおり、流してみており、録画をこれからじっくり見たいと思っております。

稲垣版は、その設定はいいですよね、原作にもある金田一耕助の事件を横溝が書いていくというその設定や、最初の作品でアメリカ時代の金田一を描いた部分などは面白かったです。ただ、「八つ墓村」は途中から私の思いとしてはメチャクチャな印象です。前作「女王蜂」はその智子のキャラなどを含め原作にけっこう忠実な設定で(詳細は何度も申しますが忘れてますが)よかったのではと思います。

ただ、
>やっぱ 金田一耕助は石坂浩二 監督は市川崑という組み合わせが絶品なんだな

当然ながら、全く同感です。

流してみた感じは、おっしゃる通り原作のおもしろみが確実につたわっていない気がします。私は全部とはいいませんが、ほとんど読んだ原作のなかでこの「悪魔が来たりて」が一番好きなんです。おもしろかった!
それが、じっくりみたいない段階でないのですが、こんなものじゃないはずなんだが・・・という気持ちです。

>、原作を知らない視聴者には 充分に作品の面白さが伝わったのだろうか?

私は伝わっていないよう気がします。

>それは フルートに込められた意味が ちゃんと盛り込まれていた

ここの点は私もよかったと思います。原作を読んでこれはすごいと思ったのは覚えています。

とにかく、今夜にでも録画をみようと思います。


あと、

>また稲垣版として続作が制作されるのだとしたら 悪い事は言わないから、著名な長編では無く、著名な短編を じっくりと肉付けして制作する事をお奨めする。
なんとなく順番から言って「獄門島」とか「悪魔の手毬唄」に手を伸ばしそうな気がするだけに あえて、そう申し上げておきたい。

おっしゃる通り!拍手!!

★ イエローストーン さん

イエローストーンさんが じっくり御覧になった後の感想記事を楽しみにしております。^^

ブタネコさん、こんにちは。

録画したものをみました。記事もUPしました。
ただ、原作の詳細をわすれており、登場事物のキャラなど頭にないものですから配役がどうこうもいえず、深いものではありません。
そのくらべられない点が逆によかたのかもしれません。そこそこは楽しめました。

ただ、不満な点は多々ありますけど。これって、子爵邸のは密室殺人でしたよね?
そこをなくすのか!?と。完全に弱いですよね、まっシャクがありますからね~。でもこんなもんではない!というのが正直な感想です。
しかしTVドラマですので・・・。
ブタネコさんもおっしゃられたように榎木はよかったですね。
フルートに込めれれたメッセージ・意味という点でもまぁ、よかったですかね。

あまりご期待にそえるような感想ではないですが、やはり市川版ほども熱い気持ちがないんですかね。といか感じないのかな。

では。

こんにちは。私は様々な理由で見ることができずorz、ブタネコさんの記事を楽しみにしてました。

映画「犬神家の一族」や、再放送されていた稲垣版「女王蜂」を見て思ったことなのですが、横溝正史の作品は、映像化する上で相当越えなければならないハードルが多いと思います。

まず、あの空間美というか世界観を映像として表現できるか。
さらにあの背筋が凍るような強烈な恐怖感と謎解きのスリリングさを表現できるか。
ラストに至るまでの人間ドラマの部分を表現できるか。
以上、全てにおける狂言回し的役割の金田一耕介という人を描ききれるのか。

私は結構きついことを言うようですが、上映中の「犬神家の一族」でも満足できなかったです。

やっぱり、横溝正史先生の原著の力は凄い。
それを確認するために映像化作品を見るっていうオチになりそうな気がして、なんだかあんまり映像化されたものを見るのが躊躇われてしまう。けど、もしかしたら今度の作品こそはあの世界観が炸裂した映像作品に仕上がってるかも・・・(以下繰り返し)みたいな状態になりそうな・・・^^;

ホントに、今度稲垣版金田一を撮る予定があるのであれば、短編1作品をふか~く掘り下げて描ききっていただきたい! 「獄門島」とか「悪魔の手毬唄」はそれこそワンクール使うくらいの気持ちで撮らないと表現できないものが多すぎるので! 個人的な希望は「黒猫亭事件」なんです^^

★ イエローストーン さん

後ほど、イエローストーンさんの記事を拝読に御邪魔したいと思います。

ただ、コメントは ちょっと遅れる事をお許し下さいね^^;


★ しき さん

>映画「犬神家の一族」や、再放送されていた稲垣版「女王蜂」を見て思ったことなのですが、横溝正史の作品は、映像化する上で相当越えなければならないハードルが多いと思います。

ええ、まったく その通りですね^^


>私は結構きついことを言うようですが、上映中の「犬神家の一族」でも満足できなかったです。

仰る意味は 私なりに想像できますし、判ります^^


>やっぱり、横溝正史先生の原著の力は凄い。

>けど、もしかしたら今度の作品こそはあの世界観が炸裂した映像作品に仕上がってるかも・・・(以下繰り返し)みたいな状態になりそうな・・・^^;

判りますね^^ それは ホント、よく判る^^


>個人的な希望は「黒猫亭事件」なんです^^


渋い!!^^ 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。