« 雑感(1月29日) | TOPページへ | なんてこった… orz »

2007年01月30日

● 笑う大天使


「上野樹里」が主演で2006年に公開された映画。




「上野樹里」が主演という事で見たわけだが…


まぁ、中盤過ぎまでは楽しめた。


この映画には原作があるらしいのだが、未見なので それについて云々は出来ないが…


正直言って 監督の自己満足作品であって、私には満足できなかった ただ、それだけの事だ。^^;


個人的に この映画の良かった点を挙げるならば 「上野樹里」が関西弁で喋る部分。


本人が関西出身と言う事もあって とてもネィティブな香りが漂い、実に良い。


物語の基本がコメディなので どうしても「のだめカンタービレ」と対比してしまいがちだけど、演じ分けはキチンと出来ており、「やっぱ この娘 巧いなぁ…」と思う。


共演の「関めぐみ」や「平愛梨」も なかなか興味深かったが、後半の展開は 私にはついていきにくい理由の判らないアクション仕立ての流れになっており、「なんだかなぁ…」って気持ちだ。^^;


が、ブタネコ的見地から言って この映画に対して最も批判したい点は…


お嬢様学校という設定を醸し出したい意図は判るが


それなら エキストラを もう少し吟味しろ… という点。


が、それもコメディとしての演出効果…というのなら それはそれでもあるけどね。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『上野樹里』関連の記事

コメント

はじめまして。いつも興味深く拝見&拝読させて頂いております。

上野樹里さん繋がりで「笑うミカエル」の記事アップされないかなぁと
密かに期待しておりました。

わたしもこの映画については、ブタネコさんのおっしゃるように 
在学生のエキストラどうにかしてよ!
        &
なんだこのメイドでもシスター系でもない微妙な制服は・・・。
監督の妄想か!

ということですごくがっかりしました。 

原作では帽子はあったものの80年代テイストの制服であり・・・。
(80年代テイスト全開の制服はもちろん例のモノですが・・・^^;)

原作自体良い意味での時代の空気感が出ているので、
(出来損ないのワイヤーアクションではなく)
その辺にこだわって制作して頂ければほのぼの良作コメディに
なったような気がして残念でなりません。

これからもお身体大切になさってブログ運営頑張って下さい。

長文失礼しました。

★ pu-pu-pu さん

こちらこそ、はじめまして コメントありがとうございます。^^

>なんだこのメイドでもシスター系でもない微妙な制服は・・・。

時節柄、寒そうな…

>原作では帽子はあったものの80年代テイストの制服であり・・・。

ほう、そうなんですか ま、そうでしょうねぇ…

>その辺にこだわって制作して頂ければほのぼの良作コメディに
>なったような気がして残念でなりません。

あぁ、あのワイヤーは やっぱ、原作の雰囲気と違うんだ^^

なるほど、得心しました。^^

今後も よろしくお願い申し上げます。

こんばんは。

私、この原作大好きなんです。「川原泉」は今でも私の尊敬してやまない漫画家さんです。
原作上は、上野樹里さん演じる「文緒」は関西弁ではないんですが・・・。まあ、問題はそんなことではないのです。
原作の漫画は、はっきり言って絵はうまくはないし、全体的にコメディタッチのぽわーっとした雰囲気の作品です。でも、不思議なことに、泣けるんです。なんでこの点目の絵でここまで・・・と、困惑しながらもぽろぽろと・・・^^;

原作ファンの間では、「この作品は100円レンタル開始になったら、暇つぶし程度の気持ちで見よう!」が合言葉になりつつあります^^; じゃないと、真剣に憤慨しそうになるぞと、劇場に足を運んだファンたち談。
私もその日をまったりと待つことに決めました^^;

ブタネコさんこんばんは。

上野樹里ファンなので見たかったのですが、上映時期にゴタゴタしてて見られませんでした。
配給のアルバトロスフィルムというところが何だか胡散臭げなところだったので大丈夫か?と心配していたのですが、やはりというかちょっとB級な作りだったようですね。

しかし勿体ないですね、もうちょっと良い状況で作られたなら原作ファンや樹里ファンだけでなく、その他の一般人にも受け入れられたでしょうにね。

丁寧なお返事とても嬉しく思います。
ありがとうございました。

わたしの方こそ今後ともよろしくお願い申し上げます。

(追伸)「雪解け?危うし札幌雪祭り!」のニュースを昨日TVで見て
ブタネコさん&愉快な仲間各位のお姿が頭によぎりました^^;
わたしの中ではブタネコさんはBlog界の倉本センセイです^^;

★ しき さん

>私、この原作大好きなんです。「川原泉」は今でも私の尊敬してやまない漫画家さんです。

>不思議なことに、泣けるんです。

>原作ファンの間では、「この作品は100円レンタル開始になったら、暇つぶし程度の気持ちで見よう!」が合言葉になりつつあります^^;


なるほど^^


★ あらん さん

>配給のアルバトロスフィルムというところが何だか胡散臭げなところだったので大丈夫か?と心配していたのですが、やはりというかちょっとB級な作りだったようですね。

>しかし勿体ないですね、もうちょっと良い状況で作られたなら原作ファンや樹里ファンだけでなく、その他の一般人にも受け入れられたでしょうにね。


なるほどなぁ… 原作と 相当、ギャップがあるんですねぇ…^^


★ pu-pu-pu さん

いえいえ 御丁寧に、ありがとうございます。^^

昨日は 春先のように雪が溶け 道がグチャグチャでしたが、夕方には急に冷え込み そのまま固まってガタガタです^^;

昔から、雪祭りの前と最中には 大雪が降るか 最近は温暖化のせいか雨が降る事もあり、雪像作りの方々は苦労されるのです。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。