« 雪印の青カップ | TOPページへ | 雨と夢のあとに ブタネコ的総論 »

2007年01月27日

● 13階段


2002年に公開された この作品に関しては 私は個人的にいくつかの理由があって興味深い作品だという印象が強い。




まず、原作となった高野和明:著の同名小説は「江戸川乱歩賞」の受賞作であり、乱歩賞を受賞した作品の多くは秀逸なものが多く、この作品も なかなか面白いものだった。


で、それが翌年に映画化されたのが


画像

この作品なのだが…


実は 私はこの作品を つい昨年まで見ずに過ごしてきた。


それは 大抵の場合、乱歩賞受賞作が如何に面白かったからと言っても それが映像化されると 物凄く陳腐な作品になる事が多く、わざわざ映画館まで足を運んだぶん 腹立たしい気持ちで家に帰る事が多いから。


それが何故、見る事になったのかというと ま、ハッキリ言って このブログが今の形になって 特定の俳優を眺める楽しみ等、単にDVDを見て物語を楽しむだけでは無く、いろんな見方をして いろんな楽しみ方をする様になったからだ。


で、まず第1に この作品が興味深い点は 監督が「長澤雅彦」である事。


最近の作品では「夜のピクニック」があるが、この監督は私のハートをキュンとさせる作品が多い。


が、それは青春物だったり、主人公が女の子という特徴が持ち味なわけで、この作品の様にミステリー仕立ての作品を どう料理するのか? そこが楽しみだった。


で、その点に関する結論から言えば


画像

画像

元・刑務官「山崎努」の娘役の「田中麗奈」を 実に巧く使っている。


もう1人の女優さん(後述する)といい 長澤雅彦は女優のキャスティングや使い方が とても私好みなんだな。^^


第2の点としては…


画像

画像

画像

刑務官役の「寺島進」


贔屓目を抜きにして これが実に良いスパイスとなっている。


キャスティング的には


画像

「笑福亭鶴瓶」


画像

「大杉漣」


画像

「宮迫博之」


この3人が 実に渋く秀逸。^^


そして、何気ないキャストだが


画像

画像

「西田尚美」も見逃せない^^




さて、物語的な部分についての感想を少し述べておくと…


この作品の場合 元々、原作のストーリーが御都合主義てんこ盛り状態なので それを映像化すると 余程、うまく構成しないと ただ、その粗が目立つだけとなる。


その為、全体を見通すと 強引な展開が目立ってしまうのは致し方ない。^^;


なので、ストーリー的に この作品を評価する人がいるとすれば「死刑囚の冤罪を晴らす」という部分と「死刑」という刑そのものへの疑問呈示になり、それは同時に被害者家族の感情や 刑を執行する現場の刑務官の葛藤…という部分になるのだろう。


が、私は そういった部分に関して この作品から何かを考えさせられたり、何かを得た…という感想は無い。^^;


それは「死刑」そのものを もし考えるのであれば、この作品で挙げられている要素は部分的な断面であって、根本を考える要素とは思えない。


つまり、ハッキリと言えば「死刑」をアイテムにしているに過ぎない…という事。


もし、「死刑」を真剣に考えるのであれば 宗教的な事や感情的な部分は脇におき、警察の捜査方法や それに付随する法制度、同時に 警察や検察に対する信頼性、そして 刑法における処罰の意味や内容… それらを考えるべきである。


人が人を裁く、その結果「死刑」という名目で加害者を殺す… 


こう述べると、多くの死刑反対論者は「宗教」や「人権」を持ち出して是非を問う。


分類分けすると おそらく私も「(安易に)死刑にするのは反対」という考えの持ち主だが、それは死刑という名目で「殺せば良い」と考えるからでは無く 加害者自身が「死にたくなるぐらい」の もっと苦しむ刑を与えろ…という 危ない考えの持ち主だからだ。^^;


現実問題として「冤罪」は起きてはならない事だけど、実際に「冤罪」は少なく無い。


であるが故に「死刑囚が冤罪だったら?」と考えると 腰抜け政治屋が法務大臣であれば「死刑執行」のGOサインは出来ないだろう。


それは裏返せば 警察や検察の捜査、裁判所の判決に対して 信頼性が薄いと考えている表れでもある。


当然、何事にもミスや間違いはあるのだから、「完全」と言い切る事は出来ない… 


だからこそ、死刑に関しては 常に同道巡りの悪循環な見解の相違が溢れる事になるのだが、それって逆に 本当に死刑に相当する重罪を犯しながら 巧みに冤罪を唱える事で のうのうと刑務所(拘置所)の中で暮らしている奴もいる…って事でもあるのを「人権」擁護で許していいのか? という疑問が 私は常に抱くのだ。


なので、そういう現状が 本当に それで「充分な処罰」と言えるのか? と思う事がある。


この作品は 映像ももちろん、原作でも「冤罪を晴らす」という事だけに主眼が置かれており、その点では問題提起の様に見せかけていながら 問うているとは程遠い。


ゆえに、私には「死刑」に見えるとしか言えない由縁である。


ただ、単なるサスペンスという意味では 視点が新鮮な事もあり、面白いと言うより、興味深いという意味で楽しめた。


それはおそらく「サスペンス映画」専門の監督では無い長澤雅彦が監督だったからなんじゃないか?と思うのだが…^^




さて、昨年 初めてこの映画を見た時に 最も強く印象に残ったのは…


画像

画像

画像

画像

「木内晶子」が 可愛いい…という事。


木内晶子が演じた役は 役柄にハマっていればいるほど 主人公の心情がよりリアルに説得力を増す。


その点で「木内晶子」のキャスティングは 最高の効果をもたらしているとさえ言えると思う。


なので、私は この作品を酷評する気にはなれないのだ。^^;




さてさて…


今回、この記事をまとめるにあたって 映像を再見し、恒例のエンドロール注目をしたところ…


画像

「小市慢太郎」が 出演している事を発見。^^


これを探すのは ちと難しかったが…


画像

画像

画像

画像

帰省の途中、路上に転がっている怪我人を発見し 119番をしようと実家に行ったら両親を惨殺されていた男…が、「小市慢太郎」


ちなみに、バイク共々 路上に転がっており、後に死刑囚となる男は「宮藤官九郎」が演じている。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『長澤雅彦』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
以前にも同じような意見を言ったと思いますが、死刑については全く同意いたします。死刑廃止を訴える人は加害者の人権ばかりを主張されますが殺された被害者の人権はどうなった?と言いたい。確かに冤罪は除かなければ行けません、死刑は死をもって償わせるのですからやり直しがききません。そこで死刑判決が出たら判決を言い渡した裁判官立会いで自白剤を使用して真相を究明するべきだと思います。死刑犯に人権なんて不要ですから真相究明のためなら何でもやるべきです。そこで疑問が生じたらそこで始めて再び裁判をやり直せばよいのです。死刑判決が正しかったら即執行すべきです。これをかみさんに言ったら’あんたは過激だ’の一言でかたずけられました。

★ タンク さん

判決が正しいか否か? そこに疑問を抱かれる時点で司法制度は破綻していると言えるのではないか?

私は そう思うばかりです。^^;

多分・・・罪の代償を人間がはかることに限界があるのかな・・・とうちは感じました。
窃盗罪であったとしても、盗まれた人にしたら、もしかしたら「死刑相当」って感じることも
あるかもしれない。(まぁ・・これは極論ですが・・)

もし仮に、本当に「神」なるものがいて、その人が絶対的権力でもって判決を下したらなら、
「判決が正しいか否か」なんて議論は起きてこないでしょう。
これも極論ですが(^^;

>もし、「死刑」を真剣に考えるのであれば 宗教的な事や感情的な部分は脇におき、警察の捜査方法や そ>れに付随する法制度、同時に 警察や検察に対する信頼性、そして 刑法における処罰の意味や内容… >それらを考えるべきである。
なんですよね~。

話がずれますが。
法の元とはいえ、「一人の人の死」を決定することに関わっている方たちの心象はいかばかりか・・・と考えるときもあります。
「その相当の罪を犯したのだから!」って自分に言い聞かせることもできるでしょうが、やはり「死」は「死」です。

★ meiya さん

>やはり「死」は「死」です。

たしかに その通りとは思うのですが、それでは同道巡りになるばかりですよね^^

で、現実に 今現在が その同道巡りの真っ最中みたいなもので…

「死刑」の是否を問うには「死刑の代わりにするべき極刑とは 何ぞや?」と議論するべきだと思うのです。

その議論がされずに「死刑はダメ」ばかり叫んで「人権擁護」ってのは なんか納得出来ないんですね私は^^;

あ、もちろん これはmeiyaさんへの反論という意味では無く、風潮に対する個人感です^^

大丈夫ですよ♪反論って捉えてないです。
むしろ、「そうそう、それが言いたかった!」って感じです。

そう、「死刑に変わる極刑って何?」って話なんですよね。
ああ、なんかすっきりしました(笑)

★ meiya さん

良かった^^ (ホッ)

ブタネコさん、こんにちは^^

この記事何度も読ませていただいてます^^;
この映画を観ようか観まいか・・・実はずっと考えていまして。

私は映画『夜のピクニック』で長澤雅彦監督の名前を覚えたんですが、その時に、この監督の演出手法についてパンフレットのインタビューを読んでから好感を持つようになりました。
代表作にいつもこの作品が上がっているのでいつか見たいなあと。

原作を読んでから観るか逆にするか・・・ずっと考えていて^^;

しかし、数年前にこの作家の作品が大ベストセラーになりまして、会社の同僚に借りて読んだところ、これがとんでもない作品だったので、その後急速に興味がしぼんでしまいました。
あの作家は当時からそういう作風だったんだなあと^^;

あらためてブタネコさんのこの記事を読んで、原作はやめにして映画だけ観ようかなぁとまた思い直し始めています。

★ slan さん

朧気な記憶とあくまでも私の個人感ですが、原作より映画の方が面白かったと記憶しております。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。