« 大奥 ~もうひとつの物語~ | TOPページへ | 大晦日に寄せて… »

2006年12月30日

● フィギュア全日本選手権


「安藤美姫」に 良いモノを観た。(ToT)




女子のカーリングとバレー・ボール そしてフィギュア・スケートを観るのが私は大好きだ。


3つの競技 それそれ、ここ数年 世界でも良い試合を見せて貰える程 レベルも高く選手層も厚い。


ずいぶん昔の事のように感じるけど 荒川静香がトリノで金メダルを取ったのも よく考えれば今年の話で 荒川がアマチュア競技から引退し、その後を… と熱い争いが行われる中 フィギュアにおける私の興味は

画像

「浅田真央」と


画像

「安藤美姫」


このところ、浅田の成長が著しく すっかり、安藤は陰に隠れそうな程だが 私は個人的に安藤の方を応援している。

(浅田批判じゃないから 誤解しないように^^;)


個人的 私は安藤と話した事無いので 全ては私の勝手な想像だが…^^;


私は トリノ前後から最近の安藤をTVで観ていて「強くなったなぁ」と感心せずにいられない。


それは 荒川の金メダル以降 世間の注目度がアップしたとみるや ハイエナの様に群がるマスコミと 単なる興味本位のインタビューや報道


特に安藤に対しては 事ある毎に「4回転は飛ぶのか?」ばかりのレポーター


それを見るにつけ 私は「アホか」と腹立たしい限り。


たしかに4回転は大技ではあるけれど、4回転さえ決まれば それで勝てると言うものでは無い。


フィギュアの様な採点競技は 総合点での勝負なのであり、最近は 微妙に言い方が変わったが 昔風に言えば「芸術点」のウェイトだって大きいのだ。


で、あらためて トリノの荒川の演技を見ると「あぁ、やっぱ金メダルだなぁ」と 納得させられる部分がある。


それは「ジャンプが決まったか?」って部分では無い。


ジャンプを決めた後の 次の姿勢への滑らかな移行、上げた脚を下ろす時の優雅さにある。


だから、そういう観点で安藤の演技を見ると

画像

画像

ただポーズがビッと決まるだけじゃなく そこから次への姿勢に変化する様の滑らかさが格段に向上している事に気づくのだが 解説者でも そこをきちんと指摘したのは荒川静香だけで 八木沼も伊藤も 目の玉は節穴か?と 問い詰めたい。


が、今回 私が記事にしようと思い立ったのは…


画像

画像

画像

画像

今回、安藤はジャンプの着地に失敗し その後、肩の負傷が悪化して 途中、よもや演技を中止か?と思わせる場面があったわけだが…


それについて とやかく今朝のスポーツ紙では取り沙汰されているけれども 疑問呈示や美談仕立ての記事ばかりで ブタネコ的に本質をついた記事が無いのが腹立たしい。^^;


まず、負傷がガセ… そんな疑いについて指摘しておきたいのは


画像

上の画は 負傷の後、ビールマンスピンをしている場面なのだが これを見て 安藤の左手に注目するといい。


というのは 左手で右手の手首より下の部分を掴んでいる… これって 肩が痛んだ時に自然にこうなるのよ 人間の身体って


片手のビールマンであれば もちろん、左手で右手なんか掴まない。


両手のビールマンであれば 左手は右手の手首では無く 左手の指先ぐらいはスケート・エッジの根本を触れるぐらい もっと高い位置にあるはず。


つまり、右手だけでは脚を持ち上げられず、左手を添えずにはいられなかった… というのが自然の解釈であり、肩を壊した経験のある人ならば この解釈に異論は無いと思う。


で、負傷がガセか否か… そんな話は 実はどうでも良い。^^;


もっと、重要な部分は

画像

演技のフィニッシュを決めた後…


画像

画像

安藤は 健気に笑顔を見せようとすらしたのだ。


これが、どっかの選手なら 両手を顔の前で組み、さも「辛かった」「頑張った」みたいな苦しそうな表情で 神や採点を祈るような仕草さえ見せる。


知る人ぞ知る話で言えば 昔のトーニヤ・ハーディングなんて人物ならば 自分が如何に不運で不幸か… みたいな事を喚きながらジャッジや観客に泣いて懇願するまであるだろう。


スケートの「演技」と 役者の「演技」 字が同じぶん 相通じるモノはあるのかもしれないけど、一度ならともかく 何度も同じ演技を見せられると 飽きるし、薄くなる。


役者なら話は別だが、フィギュア選手の場合 もし、本当に 辛くて苦しくても そこを「ニコッ」と笑ってみせる心意気の方が 私は高く評したいと思っている。


安藤は泣き顔なんか見せず

画像

多少は痛そうな表情や素振りは見せたけど


画像

淡々と演技後のインタビューに応えていた。


この様子を見て 本当に(いろんな意味で)「強くなったなぁ…(特に”心”が)」と感心すると同時目頭が熱くなった。




それにしても… なんとかの一つ覚えの様に「4回転」を連呼するマスコミって 何なんだろうねぇ? 本当に「4回転」を見たいのなら 無用なプレッシャーをかけるようなインタビューは慎む気配りが出来ないのかな?



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『体育会系の一人として』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。