« 功名が辻 総集編 | TOPページへ | のだめカンタービレ 最終回 »

2006年12月26日

● 陽気なギャングが地球を回す


「陽気なギャングが地球を回す」を見た。




画像

2006年公開の映画…って 今年ジャン^^;


画像

出演者リストに「大杉漣」の名前を見つけたので 軽い気持ちで見た。


噂によると原作があるらしいのだが、その存在すら私は知らず、だから 今でも読んでいない。


なので、原作のティストをどれだけ活かせているかなんて判らないのだが…


この作品の主な登場人物は


画像

偶然、銀行強盗の現場に遭遇し知り合った4人の男女が「自分達の方が 巧く銀行を強盗できる」と意気投合しチームを組んだのが…


画像

画像

リーダー格「佐藤浩市」


画像

昼間は役場の目立たない職員「大沢たかお」


画像

正確無比な体内時計を持つ女「鈴木京香」


画像

大学生ながら 天才的なスリ師「松田翔太」


内容的にはB級と言うより C級。


画像

画像

まぁ、毛色の変わったギャング映画なので暇潰しにはちょうど良い。^^


私にとっては

画像

「古田新太」や


画像

画像

「加藤ローサ」が見れたから 充分、満足なんだけどね^^;


画像

それにしても よく見ると「加藤ローサ」って足が長くて綺麗なんだな。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大杉 漣』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。