« サヨナラCOLOR | TOPページへ | のだめカンタービレ 第10話 »

2006年12月19日

● 木村多江 考(2)


以前、『木村多江 考』という記事を掲示したところ…




思いの外、反響があり やはり、世間には「木村多江」ヒャッホイが多いのだとわかった。^^


先日、とある映画を映画館に見に行った際に 年末封切りの「大奥」の映画版の予告編を見たところ その時の予告編のキャストに「木村多江」の名前が無かったので その時に見た映画の記事の末尾に「嘘でしょ?」と書いた。


すると、それにも多くの反響があったわけだが 先日、「硫黄島からの手紙」を映画館で見た際に流れた「大奥」の新しい予告編には「木村多江」の名前がちゃんとあったので ホッとしたのだけれど…


編集で次々と切り替わる 出演女優さん達のアップに 明確に「木村多江」と判る画が無く… ひとつだけ「え?」と思ったアップを 記憶を頼りに解析すると、もしかしたら「木村多江」が ほとんど眉毛の無い(薄い?)、鬼面だったのか?… と思える瞬間的なカットが…


まぁ、確認していないので真偽の程は不明だが 妄想で勝手に語らせて頂くと「木村多江」ほどの芸達者が悪女や鬼女を演じたら さぞかしハンパでは済まないだろう。


であるがゆえに、怖いもの見たさでは無いけれど そんな「木村多江」を見てみたい…とゾクゾクする。


画像画像

画像画像

アイスクリームのCMで はんなりした「木村多江」


画像画像

画像画像

宝石のCMで しっとりさを見せる「木村多江」


画像

TV版「GTO」で…


画像

画像

画像

画像

画像

外車を乗り回す おきゃんなスッチー姿の「木村多江」


画像

「いつもふたりで」では…


画像

画像

画像

画像

画像

仕事がテキパキできるキャリアウーマンな「木村多江」


画像

最近では「家族~妻の不在・夫の存在~」において…


画像

画像

画像

画像

画像

画像

ちょいとクールな弁護士役の「木村多江」


もうね、芸の幅というか こんなマルチな女優は他にいない。


だからこそ、そんな彼女の悪女・鬼女に ゾクゾクするのだ私は… ^^


画像画像


【管理人追記:2006年12月20日】

「海猿 LIMIT OF LOVE」のDVDに 番宣映像があったので そこから…

画像




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村多江』関連の記事

コメント

こんにちは^^
そういえば、多江さんの悪女役ってまだお目にかかった事があたしもないです。
これは・・・大奥での多江さんの演技が、楽しみをそそります。
さちの薄い役では、今年の春頃に放送していた「てるてるあした」の役も
この役は、木村多江以外の人がやっても成り立たない。と、いうくらい
見事に物静かな役を演じておりました。

こんばんは。
ひと月ほど前ある新聞の夕刊の芸能PLUSというコーナーで木村多江さんが取り上げられてました。結構大きなコーナーで、この女優さんの魅力や素顔などについて書かれていました。ファンであられるブタネコさんには目新しいことは書いてなかったかもしれませんが、「白い巨塔」で初めて彼女を認識した程度の私には、20歳の頃にミュージカル女優を目指していた、というのがとても意外なことでした。多分お嫌いなかの大新聞でしたのでご覧にはならないだろうと、機会があればお知らせしましょうと思って保存してましたので・・・お知らせしてみました(;^_^A

★ 秋日子 さん

想像なので どうなるか判りませんが、一瞬 予告編で見えた姿が そんな風に見えたもので…^^;


★ ふ- さん

>20歳の頃にミュージカル女優を目指していた

木村多江の歌が 聞きてぇ~^^

ブタネコさん、こんにちは。

NHKドラマのHPによると、9月からの土曜ドラマ「上海タイフーン」にて
木村さんが主役をされるようですね。
名バイプレイヤーの木村さんが主役としてどんな演技をされるか、注目
です。
私的には、好きだった救命病棟24時シリーズの脚本家、福田靖が作と
いう事でストーリーにも期待しています。

★ たまごろう さん

へぇ… そりゃ楽しみですね。^^


ブタネコさん、こんばんは。

今週知ったんですけど、2時ぐらいから再放送しているドラマで
「恋愛偏差値」というのに、木村さんが出演してました。
主役は中谷美紀さんで、他のメインの女優さんは
篠原涼子さん、常盤貴子さん、菊地玲さんでした。
もちろん木村多江さんもメインの女優さんの中に入ってます。
少しだけ拝見しましたが、やっぱりすごい女優さんですね。
何だか全話揃えて見てみたくなりました。

★ Mint さん

「恋愛偏差値」ねぇ、最近のガラガラに痩せた中谷美紀が苦手で敬遠していたんですが、「木村多江」砂漠なんで私も見ちゃおうかなぁ…^^

先日第一章が終わっちゃったみたいです。(汗)
私が次に見た時は、もう第二章になっていました。
ちなみに第一章では主役が中谷美紀さんで、相手役がV6の岡田君でした。
第二章の主役は常盤貴子さんで、相手役は稲垣吾郎さんのようです。
残念ながら、第二章では木村多江さんは出演してませんでした。(泣)

★ Mint さん

と言う事は 第1章だけの出演なんですかね 中谷美紀か… キツイなぁ…^^;


ブタネコさん、はじめまして。

今日、偶然だったのですが、木村多江さんが出演されているNHKのドキュメンタリー番組「千の風になって」を見ました。初回放送が2006年11月6日だったものをアーカイブスのひとつとして再放送していたものです。

「千の風になって」の話はそれとして、それよりも彼女の亡くなった父親との関係や想いが「えっ、そうだったの」という感じで、これまで私が見聞きしていたイメージを覆すものでした。

彼女が父への想いを噛み締めて流す涙を見たらブタネコさんはどう感じるのか聞いてみたいな、と思いながら見ていました。

バックに使われているピアノ曲が、私が「ヒャッホイ」している西村由紀江のものでしたので、どっぷり浸るには十分な内容でした。

★ nkdmshr さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

「千の風になって」は未見ですが、お知らせの件はたしか「グラン・ジュテ」という番組で耳目にしました。

正直言って 私は女優さんのプライベートには興味がありませんので、
自分に置き換えて…みたいな受け止め方はしませんでした。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。