« のだめカンタービレ 第9話 | TOPページへ | リモート »

2006年12月12日

● リリィ・シュシュのすべて


映画「リリィ・シュシュのすべて」を見た。




個人的な感想だが、岩井俊二が これまでに監督した作品は とても面白いと思った物と「何だ これは?」と思う時と 両極端なのだ。^^;


だから、「また 面白い物が見たい」という期待から注目している人物ではあるが、「好きか嫌いか?」と聞かれれば 「どちらでもない」もしくは「やや、嫌い気味」と応える事になる。^^;


画像

だから今回、この「リリィ・シュシュのすべて」(2001年公開)を見たのは


画像

「伊藤歩」と「蒼井優」が見たかったから。


先日、このブログに『蒼井優カテゴリ-』を設けたところ


「蒼井優を語るなら まず、”リリィ・シュシュのすべて”からですよぉ~」


と、ある方から御教示を頂き 伊藤歩も出ているという事が判ったので早速 見る事にしたわけだが…


画像

「岩井俊二」らしい…と言うべきなのか 映像は綺麗だった。


ただし、「綺麗」と言っても「画が綺麗」なのであって「物語も含めて綺麗」という意味では無い。


14・5歳の少年少女の日常を題材に「いじめ」や「自殺」や「援助交際」に ひとつのテーゼを与えた…と この作品の評に語る人がおり、たしかに そうなのかもしれないなぁ…とは思ったが、素直に「うん、そうだね」とは 私は頷く事も出来ない。^^;


この14・5歳の頃が たしかに私にもあり、”リリィ・シュシュのすべて”を見ていると 幾つかのシーンから 自分のその時の事を思い起こす瞬間がいくつもあったのは事実。


でも、だからと言って”リリィ・シュシュのすべて”に描かれている日常が 私の当時の頃では無く、今の(正確には この作品が公開された2001年当時の)14・5歳の日常にとって”リアル”なのかな? そこに大いに疑問を感じたのだ。 


「いじめ」や「自殺」や「援助交際」 このキーワードは 最近、また一際騒がれたわけだが、それらを報じる報道を見ていて 特に文科省の関係者や 教育委員会や学校の関係者、そして 識者と呼ばれる烏合の衆 それらのコメントを耳目にしていて感じた事と”リリィ・シュシュのすべて”を見て感じた疑問に 自分の中で 少なからず、共通点を発見した。


それは たしかに私にも 14・5歳だった時の記憶や経験がある。


けれども、それは 今から30年以上前の時代の事。


今の14・5歳と 30年以上前の14・5歳の日常を考える時「時代」が違うのだ…という 考えてみれば簡単な話。^^;


ところがね、識者など 今の問題に発言している連中は 多少の差はあっても私と同じ数十年前の記憶に基づいて「いじめ」や「自殺」や「援助交際」を語っているのであって「今」という時代を 判っている様なフリをしているだけなんだ。


「郷に入らずんば…」


では無いけれど、「今」の14・5歳には 彼ら独特の世界があり、違う世代が その世界を垣間見きれるか?と考えると それってとても難しい。


だって、それこそ自分の14・5歳の頃を思いだしてみれば良い


「大人は判ってくれない」


少なくとも 私の世代は14・5歳の頃、よくそう思ったり、言ったりしなかったかい?


この歳になって判ったのは「大人は判ってくれない」のでは無く、「大人になると判らなくなる」のだよ 少年少女諸君^^;


なのに、「判ったフリ」をした上で 識者ぶって「今の学校教育は…」とか「今の子供達は…」等と偉そうに語るアホが 私を含めて多すぎるんだな。

( 注:私は識者では無い^^; )


で、そういう疑問というか矛盾に気づくと この”リリィ・シュシュのすべて”に描かれている事が 本当に「リアル」なのだろうか?という疑問の方が どんどん大きくなってしまい、「何かが違う」と 危険信号を感じた… というのが私の正直な気持ちである。




さて、

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

「伊藤歩」は やはり存在感があり、台詞は多くはないけれど 仕草や表情は女優だなぁ…と 感心させられる事が多かった。


「蒼井優」は


画像

画像

画像

画像

画像

画像

この作品が映画初出演という事もあり、年齢的な事もあって 最初は言われないと「蒼井優」だとは判らなかったが…


画像

画像

画像

画像

画像

1人の女優として「伊藤歩」と負けじ劣らずの存在感を見せており、初出演で これだけの姿を見せていたと思えば 今の姿が、より「成る程な」と理解出来る。


つい先日、


画像

Dr.コトー診療所2006 第9話で…


画像画像

画像画像

画像

なかなか良い演技を見せたのも あらためて頷ける。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『岩井俊二』関連の記事

コメント

私は、岩井俊二の映像は割と好きなんですが、
(というか、大好きといってもいいのですが。)
なんとなく判断がしづらいのが、このリリィシュシュです。
世間の評価、特に10代、20代の人からの評価も上々なんですけどね、
画は美しいし、白飛ばしも、ハンディで撮ったぶれた画も嫌いじゃないです。。。
なんかしっくりこないのは、ストーリーなのか、演出なのか、
非現実的なリアリティとでもいいましょうか、なんといいましょうか。

よくわからん。という感想が1番にでてきます。

確かに、この映画で目に付くのは、
市原、忍成の2人ではなく、蒼井優さんと伊藤さんでしょう。
蒼井優さん、映画初主演でここまでの演技はすばらしい。

岩井さんは、アラウンド15の女の子を見つけてくるのが上手ですよね。笑

★ 香織 さん

>なんかしっくりこないのは、ストーリーなのか、演出なのか、

そうですね、判ります。^^

例えば、その場面の設定と画の作り方が 時々アンバランスに感じる事があります。

「白飛ばし」と香織さんが表現された部分が 回想シーンとか、幻想的なシーンで有効だし、ありがちなので 単純に「あぁ、綺麗な画」と判断するのですが、この映画の場合 虐めっ子の孤立した場面でも白飛ばしで描いたりしており ん?と。^^;

そういう表現で その子も実は 歳相応の葛藤に…なんて背景描写を想像させるのかもしれないけど その辺の描き方の解釈が難く感じられるんじゃないでしょうか

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。