« 『クリスマスエクスプレス』のCM | TOPページへ | トリック 劇場版2 »

2006年12月10日

● 硫黄島 戦場の郵便配達


2006年12月9日にフジ系で放送された「硫黄島 戦場の郵便配達」を見た。




正直言って、映画「硫黄島からの手紙」に便乗した感が強く あまり良い事では無いが、悪い先入観に近い気持ちを抱いていた。


画像

で、実際 見たわけだが…


軍事考証的には ツッコミどころが少なく無い。


特に「一式陸攻」を指して「戦闘機」と呼ぶシーンが 一番、「あ痛ッ」と思った。


けど、そんな事 どうでも良いや^^


画像

「伊藤淳史」は個人的に嫌いじゃない


おそらく、本当に丸刈りしたのであろう心意気も評価したい。


けど、「一式陸攻」の機長という役柄は なんかシックリこない。


でも、一生懸命 演じようとした姿勢は好感を抱いた。^^


が、それらの事も重要では無い。^^;


一番、重要な事は


画像

画像

手紙に込められた兵達の想いが きちんと表されていた事。


画像

おそらくは「上官の命令」という理由では無く、自ら 戦地で散っていった仲間や部下達の事を想って 遺族を訪ね歩いたのであろう兵士の姿や


画像

戦後、数十年を経ても 戦友を思う気持ち… 


市丸司令官は「硫黄島の事を本国や後世に伝えろ」と言い残す。


そう、それが表せていていれば この作品は及第点であり、それ以上の作品だったと認めたい。


画像


「ルーズベルト」に与ふる書


海軍魂だけでは無く、大和魂を強く感じる。


「親書」とか「提案」では無く「与える」 その言葉に凄まじいまでの魂魄を受ける。


凄いなぁ…


沖縄戦における 太田中将の電文同様、この書に認められた文を ルーズベルトよりも 後世の我々こそが真摯に受け止めるべきなのだ。


実に 良いドラマだった。^^


画像




あ、そうそう… ひとつだけ


画像

このシーンの右から二人目の役者


画像

「セーラー服と機関銃」で熱演していた左の役者さんなんだな^^ (頑張れよ^^)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『戦争関連』関連の記事

コメント

 1式陸攻の22型をかなり良く再現してましたね。それだけでも、見るかいがありました。
 しかし、東西新旧において、軍事郵便は興味をそそられる分野ですね。いろいろなドラマを内包してます。
 ところで、第2次大戦時、特に我国の兵隊さんは全体に文盲率が低かったため、手紙とか、日記や覚書みたいのを多量に残していて、それらを、米軍は戦場より回収して、かなり詳しく分析していたという事実があると聞きました。
 それにつけても、伊藤君。チビノリダーだったころから比べると、ずいぶん成長しましたね。

ブタネコさんへ
このドラマそんなに良かったですか!!残念、僕は見ていません。今週映画を見る予定なので変な先入観を
持ちたくなかったためとTV局の映画に便乗するさもしさが感じられてみる気がしなかったためです。
もう少し時期をずらしてくれれば、見ただろうに本当に残念です。映画の方の前評判はかなりよろしいようで今から楽しみです。寒さ厳しくなってきていますのでご自愛の程を。

ブタネコさんこんばんは。
私はあのドラマで、兵士たちが手紙をもらって喜んでる写真が印象的でした。
戦争に来ているのに、家族からの手紙というのは彼らにとって、本当に幸せにしてくれる
ものだったんだろうなと。
あと、私も同じ場面で『セーラー服・・・』のあの役者さんにきづきましたよ。
ブタネコさんブログに書くかもって思っていたので、書かれていて嬉かったです!

★ ニャ王 さん

はじめまして コメントありがとうございました。^^


★ タンク さん

>今週映画を見る予定なので変な先入観を持ちたくなかったためとTV局の映画に便乗するさもしさが感じられてみる気がしなかったためです。


同様の理由で 見るか否か 私も悩みました。^^;


>映画の方の前評判はかなりよろしいようで今から楽しみです。

ですねぇ… これと「犬神家の一族をハシゴしようと思っております。


★ くうあ さん


>私はあのドラマで、兵士たちが手紙をもらって喜んでる写真が印象的でした。


ええ、そうですね^^

なので、私も その場面のキャプをあえて貼りました。


>あと、私も同じ場面で『セーラー服・・・』のあの役者さんにきづきましたよ。


今後、頑張ってくれると良いですね この役者さん^^

イーストウッド監督の映画に便乗感があってちょっと浅ましい感じはしましたが、観てよかったなと思える特番でした。

実際に戦地で書かれた兵隊さんたちの文章が感慨深かったです。大変な任務のなかで、心の支えは家族。自分の辛さをおくびにも出さす、家族を心配し、その幸せを願う文面に「彼らはどんな表情で、どんな思いでこれを書いたんだろう?」と思うと、泣けて泣けてなりませんでした。

そして番組の最後のほうで、戦友や遺族の方たちが硫黄島へ慰霊に行く映像も、胸に迫りました。皆さん、ご高齢です。いま、このタイミングでこうして真実を次の世代に伝えることができたなら、英霊となられた方々も、現在慰霊にいらっしゃる方々も少しだけ安心されるかしら? と。

しかし、ようやく戦争関連で出征した方たちの心情を察し、労おうとする姿勢を表現できる番組が放映されるようになったんですね。大切な一歩な気がします。
長々とすみません。

ブタネコさんへ
市丸中将の’ルーズベルト君に与うる書’に関しては全くの無知で急ぎネットで探し全文読ませて頂きました。恥ずかしながら知らない単語が多く出てきて漢和辞典と格闘したり英文のほうを参照したりしてやっと理解できました。恥ずかしいですね自国語の文章を理解できずに他国語を利用して理解するというのは、本当に恥ずべきことです。これが戦後教育のなれの果てです、昭和22年生まれの僕をしてこの様ですからこれ以降の日本人は大丈夫かな?と思います。内容については当時の時代背景の中で、かつ乏しい情報量の中で世界全体を見通していたというにはすごいことだと思います。勉強する人はどの時代でもどんな環境でも勉強するんだなと思いました。この漢字とカナ交じりの文をみていて祖父のはがきを思い出しました、かなり筆まめな人で僕の小学校時代、鉛筆書きのはがきを良くくれて、さっぱり理解できず親父に読解を頼んだ記憶が蘇って懐かしかったです。

★ しき さん

>イーストウッド監督の映画に便乗感があってちょっと浅ましい感じはしましたが、観てよかったなと思える特番でした。


ですね、同感です。^^


>実際に戦地で書かれた兵隊さんたちの文章が感慨深かったです。大変な任務のなかで、心の支えは家族。自分の辛さをおくびにも出さす、家族を心配し、その幸せを願う文面に「彼らはどんな表情で、どんな思いでこれを書いたんだろう?」と思うと、泣けて泣けてなりませんでした。


これまた、ホントに同感です


>そして番組の最後のほうで、戦友や遺族の方たちが硫黄島へ慰霊に行く映像も、胸に迫りました。皆さん、ご高齢です。いま、このタイミングでこうして真実を次の世代に伝えることができたなら、英霊となられた方々も、現在慰霊にいらっしゃる方々も少しだけ安心されるかしら? と。


そう、そこなんです そこが描かれていたから 私は良い番組だったと評価したいです。


>しかし、ようやく戦争関連で出征した方たちの心情を察し、労おうとする姿勢を表現できる番組が放映されるようになったんですね。大切な一歩な気がします。


ホントですね^^;


★ タンク さん


>市丸中将の’ルーズベルト君に与うる書’

ちょうど、私なりに解釈したものを作成したところなんで 急いで掲示しました。^^;


>恥ずかしいですね自国語の文章を理解できずに他国語を利用して理解するというのは、本当に恥ずべきことです。これが戦後教育のなれの果てです


ブタネコ訳において 原文の文意が どれだけ訳せたかは判りませんが 御意見を頂けますと幸いです。^^


>内容については当時の時代背景の中で、かつ乏しい情報量の中で世界全体を見通していたというにはすごいことだと思います。勉強する人はどの時代でもどんな環境でも勉強するんだなと思いました。


ええ、まったくです。

時系列を並べてみて あらためて凄いなと思いましたもの

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。