« 雪に願うこと | TOPページへ | 水川あさみ in あっぱれ!!さんま大教授 »

2006年12月03日

● 高杉亘 考


ちと、懐かしい映像を見つけたので 高杉亘について語ってみたい^^




私の個人的ドラマ哲学においては「面白かったぁ」と心から思えるドラマには 必ず、渋い脇役が存在しており、主役の演技が 如何に素晴らしいモノであっても それを引き出し輝かせているのは 素敵なワキの存在があってのモノ…という事が多い。


これは 寿司で言えばワサビ、うどんで言えば唐辛子…ってな感じで香辛料的存在なんだな^^


無ければ味気ないし、効きすぎていれば全体が台無しになる。


でも、多くの人は ネタや出汁の味ばかりを気にして 香辛料の存在には気にもしない。


唐辛子に関して言えば 広く知られているのは京都の清水寺側にある薬味屋だったりするが、私は 東京の浅草、雷門近くにある薬味屋で 個人的な好み具合で調合してくれる薬味屋を長い事、愛用している。


コンビニで売られている瓶入りの「七味唐辛子」よりは 高価だが、そのぶんの効果はてきめんで、病みつきになってしまい今日に至る。^^;


ま、そんな事は どうでも良い。^^;




画像画像

『踊る大捜査線歳末特別警戒スペシャル』(1997年)


「踊る大捜査線」のTVシリーズの後、スペシャル版として放映された最初のモノ


その中で

画像

画像画像

画像

湾岸署に突入するSATの中隊長… (ちなみに、スキーを持った後ろ姿は伊藤英明^^)


「踊るシリーズ」で初めて高杉亘が登場した場面、この頃は ただの端役にしか映らないが…


実は、フジ系で制作された


画像

「スペーストラベラーズ」(2000年公開)において…


画像

画像

画像

銀行籠城に出動したSAT… 暗くて判り難いが これ「高杉亘」なんだな^^


「スペーストラベラーズ」は制作スタッフが「踊る…」シリーズと共通の人が多く、双方の作品に色々とリンクしているネタがあり、それを探すのもマニアの楽しみなのだが…


さりげなく、ここで「高杉=SAT」が配置されていたのは後の


画像

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年


画像

画像

画像

画像

画像

冒頭のシージャック訓練で大恥をかかされ…


画像

画像

画像

再び、青島と巡り合わせて睨みつける…


「踊る…」シリーズの中で SAT中隊長「草壁」が確立した瞬間とも言える。


画像

画像

「俺達も 自分判断で来た」 渋かったなぁ…^^


で、その後

画像

「交渉人 真下正義」へと続くわけだ^^




さて、私は「踊る大捜査線」のファンではあるが 「高杉亘」に注目したのは「踊る…」からでは無い。


実は その前に、物凄く強烈な印象を残してくれた作品が 少なくても2本ある。


画像

その1本は『眠らない街 新宿鮫』というタイトルで1993年に公開された映画


大沢在昌のヒット・シリーズの映画化である。


画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

その中で 高杉亘はヤクザの中堅幹部であり、クールなヒットマンとして実に渋い演技を見せた。


それをオンタイムで見た時に 随分、渋い若手が現れたなぁ… そう思った。


で、そのすぐ後に…


画像

『お金がない!』(1994年にフジ系で放映)


画像画像

画像

「今井雅之」が高利貸しの取り立て屋で その弟分として主人公の「織田裕二」との絡み…


「新宿鮫」の時とロンゲ姿の容貌、ヤクザな素振り…は似た設定だが、「お金がない」では コミカルで人情家な姿をも好演した。


この二つの作品で見せた演技のギャップが 私には深みのあるバイ・プレイヤーと思わせるに充分だった。


だから、「踊る…」の「歳末特別警戒スペシャル」で見た時 実は私にとって久しぶりに「高杉亘」を見た瞬間でもあったのだが、とても嬉しい瞬間でもあった。


だから、その後「THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」「交渉人 真下正義」でSAT中隊長「草壁」という存在が膨らんでいくのが とても嬉しく、「木島丈一郎」の様に 独立したスピンオフが制作されるのを強く望む次第でもある。


と、同時に『瑠璃の島』において 


画像画像

キー・パーソンの1人とも言えるジャーナリスト役を演じている。


私はバイプレイヤーの優秀さを計る基準のひとつに


・「悪役を演じきれる事」と「好人物を演じきれる事」の両方を兼ね備えている事


という物差しを持つ。


この「瑠璃の島」のジャーナリストは 登場から島を去るまで一貫して「悪役」だったからこそ 後の感動が大きくなる。


難ったらしくあればあるほど効果的、それを見事に演じきった姿に感動すら覚えたのだ。


今後、高杉亘が そういう姿を見せてくれるか…


それが私には楽しみで仕方が無い。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『高杉 亘』関連の記事

コメント

たまたま友達が教えてくれた、懐かしいドラマで
「あなただけ見えない」って作品があるんですけど
そこにも高杉さんは出演しているようです。
私は知らなかったんですが、ウィキペディアでは名前が載ってました。

残念ながらこの作品はビデオ化もDVD化もされていないそうです。
ウィキペディアのURLを残しておきますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%91%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84

あと、ウィキペディアで高杉さんを見てみたら
大塚愛さんの曲「黒毛和牛上塩タン焼680円」のプロモーションビデオにも出演しているそうです。

下のURLは高杉さんの情報です。そこには「あなただけ見えない」は載ってませんが…。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%89%E4%BA%98

★ Mint さん

>「あなただけ見えない」

へぇ、じゃ ちょっと探してみます^^


>ウィキペディア

参考資料としては役に立つ事が多いんだけど 内容の信憑性に関しては鵜呑みには出来ない事が多いんですよねぇ^^;

たまに私もお気に入りの役者さんの出演履歴を見に行くんだけど けっこう抜けが多いですしね^^;

はじめまして高杉亘さんのファンの者です。

高杉さんのブログを探して辿りついたのですが、ブタネコさんと高杉さんは別人なのでしょうか?

教えて下さい

★ みか さん

全くの別人です。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。