« Dr.コトー診療所2006 第8話 | TOPページへ | 高杉亘 考 »

2006年12月02日

● 雪に願うこと


今年(2006年)5月に公開された映画「雪に願うこと」のDVDを見た。




画像

「第18回東京国際映画祭で四冠を獲得」という前評判にひかれて見たのだが…


主演は


画像

「伊勢谷友介」


主人公の兄で ばんえい競馬の調教師に

画像

「佐藤浩市」


その調教師に片想いしながら厩舎の賄い婦に

画像

「小泉今日子」


女性騎手役に

画像

「吹石一恵」


友人であり、ライバルでもある調教師役に

画像

「香川照之」


馬主役に

画像

「津川雅彦」


画像

「草笛光子」


画像

「山崎努」


物語は 若くして東京で事業を興し、ひと時は羽振りの良かった主人公が


画像

画像

事業に失敗し、身を隠すように兄のもとを訪ねる


彼の兄は ばんえい競馬の調教師で、おりしも引退を賭けた「ウンリュウ」という名の馬の復活を目指していた。




この映画は 馬の再生と 主人公の転落から再起への変遷とを 厩舎に集う人々の人生を交えて けっして重苦しくなく、でも、しっかりと描いたストーリーに仕上がっている。


個人的感想を言えば、主人公は ハッキリ言って可も無く不可も無くだが、ワキが好キャスティングで駄作になるどころか、なんかシットリと染み入る出来に仕上がったのだと思う。


例えば、先日 とある映画で「お嬢様」役をやっていた


画像

画像

画像

「吹石一恵」だが、この娘は こっちの役の様に華やかよりは しっとりした役の方が落ち着いて見れる。


また、先日 あるTVドラマで久しぶりに見かけた

画像

画像

「小泉今日子」だが、この子も 最近の姿を見る限り、割烹着を来たオバチャンの方がシックリくる。^^


なので、個人的感想として 作品の出来は中の中といったところなのだが…


画像

画像

画像

画像

画像

画像

この作品を見て「ばんば競争(道産子は”ばんえい競馬”を そう呼ぶ)」を久しぶりに楽しみに行きたいなぁ… なんて思ったところ…


この作品を見て 数日もしないうちに


画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像

帯広市だけが まだ、完全に結論を出していないが、他のばんえい開催は廃止となる。


北海道のローカル・ニュースでは 連日、ばんえい存続を求める人々のニュースが流れているのだが…


その中で、早くも 数頭の馬が 食用に売られた…という話が流れる始末である。


こんなニュースを見ちゃったら もう馬刺なんか食べれない(ToT)


最後に、

画像

「雪に願うこと」の制作に協力された方々は きっと、この映画が ばんえいの人気拡大に…という「願い」を込めていたのだろうと察すると 実に皮肉なタイミングだなぁ…と、その心中を察して余りある。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『政治・時事ネタ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。