« 最終案内 | TOPページへ | 『クリスマスエクスプレス』のCM »

2006年12月09日

● 天国の本屋 恋火


この記事は既に 一度、リメイクしているのだが 今回、玉山鉄二のカテゴリーを設けるにあたって 再度、リメイクしました。^^;




最初に このブログに「天国の本屋」の記事を掲示したのは 2005年5月10日


その後、2005年9月9日に…


『竹内結子・中村獅童 結婚を前提に交際!』だそうな…


寝る前に恒例のブログ巡りをしていて この記事が目に飛び込んできた時「え?」と思った。


私は密かに「竹内結子」と「中村獅童」 それぞれを好きな役者リストに入れているので、その好ましい者同士の縁組みに「そりゃ結構な御話で…」とも感じた。


しかし、「不機嫌なジ-ン」という 良く言えば難解な 率直に言えば、面白くなかったドラマで「竹内結子」の魅力が不完全燃焼していた私としては あらためて、「竹内結子」の魅力的な作品を観たいと思っていたので ちと、残念にも思ったわけだが…


落ち着いて考えてみれば 私に その第一報を伝えたネタ元ブログは


・『綾瀬はるかなる日々』さんの『竹内結子・中村獅童 結婚を前提に交際!』


である。

(上記記事は2006年12月9日現在、削除されてありません^^;)


「なぁ~んだ takuさん(上記ブログの管理人) ネタかよ…」


そう思って 安心して寝た。




さて、目覚めて 朝食兼昼食を取りながら スポ-ツ新聞を見ながら 世界情勢に目を配っていた私の その目に飛び込んできた情報が


「竹内結子・中村獅童 結婚を前提に交際中」


しかも、タイミング良く TVのワイドショ-から


「出来ちゃった(3ヶ月)」


という続報…


takuさん 信じなくてゴメン!!!






さて、この報道にあたり 多くの方々は その組み合わせや出会いの経緯から


「いま、会いにゆきます」


絡みの話をされる方々殆どと思われるので そこは頑固で偏屈でヘソ曲がりな私としては かねてより記事を書こうと準備していた


「天国の本屋 恋火」


の方を語ろうと思う。


上記の画像は 原作となった「天国の本屋」 それの続編である「天国の本屋 恋火」であり、実は 映画の「天国の本屋 恋火」は 厳密には この2冊の話が基となっており、続編として「天国の本屋 うつしいろのゆめ」というのもある。


【注意】2005年9月9日 記

ここまでは 2005年5月10日に掲示したままの文章で、最初にリメイクしたのは ここから以下の文章です。 


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火


全体の物語的には新鮮みが欠ける…という意見も聞かれるが、私は奇抜で面白い設定だと思った。


特に この映画が制作・上映された時期は「いま、会いにゆきます」と非常に近かった事もあり、すっかり「いま、会いにゆきます」の陰に隠れてしまった感があるが、私は この一本が とても良かったと思うので あえて語る次第なのだ。


この映画を見終わった後 どうでも良い事とは思うけど、私が まず思った事は


「竹内結子って 本当にピアノが弾けるのかなぁ…?」


という事である。


決して、上手くなくても良い、弾けるか? 弾けないか? それだけで充分。


と言うのは 


天国の本屋 恋火

竹内結子がピアノを弾くシ-ンがある。


特に 終盤の


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

弾いている時のシ-ンと 


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

特に、弾いた後のシ-ンが もの凄く良いのである。


それと、公開時期もさることながら、物語の設定部分において 偶然だと思うけど見方によっては「いま、会いにゆきます」に出てくる「アーカイブ星」の設定と 微妙に重なる感もあり、演じていた竹内結子が その辺を どう感じていたのか? おそらく機会はあり得ないけど、もし有れば 是非、聞いてみたいと思う。


そういう個人的な感があるので 「いま、会いにゆきます」を面白いと思われた方には 是非、観ていただきたい映画としてお奨めしたい。



----------------------------------------

という記事を掲示した。


僅か1年半程の間に 竹内結子は結婚し、出産し、離婚が確定的…


なんて報道を耳にしたわけで…^^;


まぁ、そういう話を目の当たりにすれば「アッ」と言う間の短い期間なのだが、私にとっては ブログを始めて 随分、続けているんだなぁ…と その期間が長く感じるから不思議^^;


まぁ、そんな私生活的な部分は どうでも良い。


今回、「玉山鉄二」について「手紙」という映画を見て 私の中で評価が大きく上がった。


だから、昨年(2005年)の9月に 「天国の本屋」をリメイクするために再見した時にも 玉山鉄二には そんなに注目していなかったから、記事で言及した部分が無い。^^;


率直に言って、この頃の「玉山鉄二」は


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

どこにでも居るような ちょいと2枚目の俳優…って感じで 傑出した魅力を感じていなかった。


が、「手紙」の演技もさる事ながら「お? コイツは…」と感じさせるキッカケは


逆境ナイン


という作品で見せた 玉山の演技からだった。


で、今回 2度目のリメイクに際し あらためて玉山に注目しながら見直したわけだが…


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

率直に言って 感想をあらためる程の変化は無い。^^;


でもね、ひとつ判った事は この「天国の本屋」で 何気ない「玉山鉄二」だったからこそ「逆境ナイン」で見た「玉山鉄二」の底抜けぶりが際立って見えたんだな…って事。^^


素人批評で申し訳無いが、シリアスな演技なんて 誰が演じても無難にこなした様に見せる事は多い。


ただ、それが演技でのシリアスか否かは コメディの時の演技と比較して初めて判る…というのが 私の持論のひとつで、その点から言えば コメディの玉山は充分に合格だったからこそ 今回、「手紙」における彼の演技に なかなか良い物を感じた次第。^^


今後、玉山鉄二が どういう役者に成長していくか楽しみになったものだ。




で、「天国の本屋」について 補足で述べれば…


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

「原田芳雄」と


天国の本屋 恋火

天国の本屋 恋火

「香川照之」が なかなか渋い^^


そして、

天国の本屋 恋火

「香里奈」も なかなか良い。


が、一番渋いのは


天国の本屋 恋火

「吉田日出子」と「桜井センリ」


なので、個人的に 良い作品だと思っているんだけど 世間の評価は そんなに高くないのが残念だ。(ToT)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『青春・恋愛物』関連の記事

コメント

Σ(^∇^;)えええええ~ ネタだと思ってたの?!
ちゃんとソースも貼ってあったのに・・・_| ̄|○・・・
イヂイヂ 【壁】ρ(T-T*) ドウセ・・・・

>taku さん

眠かったんです^^;

だから、夢うつつだったんです^^;

ゴメンナサイ^^;

あれ?不機嫌なジーン、面白く無かったですか?

ワタクシそれなりに面白かったんですけど・・
(サラ・ボーンの歌を聞きたいがために観てたところもありましたが)

ま、勿論DVD買ったりまではしませんが
世間で言うほどひどかないと思いましたよ。
(世間で言われている評価が月9らしくないというのがまた腹立つ。月9らしくないから良いのに)

思うにこのドラマってB級映画を観る時のような
かる~い気持ちで観ると面白いんじゃないかなぁ~と思います。

>うごるあ さん

私には難解で 楽しめませんでした^^;

と言うか、最初の頃、小学校の先生が仁子にフラれるシ-ンを
観てて「こんな女 嫌だ」と思ったんです。

竹内結子が嫌という意味では無く、主人公の人物設定に嫌気が
さして…って感じです。^^;

( ̄- ̄)フーン やっぱり信じてなかったんだ・・・(再確認)

当時はね…

takuさんの記事だったしね…

エイプリルフールの時の takuさんのイタズラ
もあったしね…

今? もちろん、信じてますよ^^

takuさんの記事だもん 信じてるに決ま…

(イテッ!! 舌、噛んだ)

つくづく、ゴーストネタが多いんですよね。
竹内結子さんって。
黄泉がえりしかり、今あいしかり、
まだ見てないけど「星に願いを」も。
(あ、これは彼女が死んだわけじゃないですが)
天国の本屋は一人二役でがんばってましたね。
花火とピアノがつなぐ、二つのラブストーリー。
私はなかなかよかったと思いましたよ。

ブタネコさんこんにちは。
お体幾分いいですか?
いま会いにゆきます。作者市川拓司さんの作品恋愛写真のもう一つの物語として、来年
『天国の森で君を思う』(仮タイトル)、玉木宏さんと宮崎あおいさんでやるそうですね。涙を搾り取るそうです。
恋愛写真は映画の監督は堤監督でしたものね。
一年前の日にちさえ違いますが、金曜10時世界愛が最終回だったんですよね。先ほど、バッキーコバのFM聞いてましたら、久しぶりにかたちあるものがフルで流れてました。バッキーも懐かしいねぇ~なんて言ってたけれど、何という偶然リクエストする方がいるんだなと思いなんだかこちらにお邪魔したくなりました。

★ Ageha さん

ね? 良い映画ですよね? ^^


★ エメラルド さん

>『天国の森で君を思う』(仮タイトル)、玉木宏さんと宮崎あおいさんでやるそうですね。涙を搾り取るそうです。

ほう? 情報ありがとうございます。^^

どんな作品なのか 楽しみですね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。