« 荒川静香・エキシビジョン | TOPページへ | サトラレ »

2006年12月21日

● 海猿 LIMIT OF LOVE


20日にDVDがリリースされたので ようやく腰を据えて見る事が出来た。^^




画像

この「海猿」のシリーズは とても個人的に気に入っている。


なかでも、何が良いかと問われれば 日夜、身体を張って頑張っている海上保安官に光りをあてた事。


海上保安官だけでは無く、日夜 国民のために身体を張って任務に就いている現場の人間がいる。


彼らの任務とは 彼らの任務自体が達成されて当たり前、失敗すれば猛烈に抗議や非難を浴びる。


にも関わらず、彼らの存在に光りをあてようとか 彼らの存在に感謝の意を抱こうとか そんな気を持たせる事すら無い。


TVシリーズのストーリーの中には 拡張され過ぎて、現実感から離れた描写も多々あったけど そんなのは どうでも良い。^^


この「海猿 LIMIT OF LOVE」についても ツッコむべき点はいくつもある。


例えば、フェリーが沈む場所の水深って?とか、長々と携帯で喋っている暇があったら、とっとと脱出しろ仙崎!!とか^^;


でも、そんな事も どうでも良い。^^


今回、DVDでじっくりと見て 称えたいところも数々あるが、ネタバレするには時期が早いと思われるので あくまでも個人的な部分だけに留めておくと…


画像

画像

画像

画像

画像

「津田寛治」 出てる事すら知らなかったが、良い味出してるじゃん^^


画像

画像

「吹越満」も なかなかワガママ野郎を好演しているし^^


「山椒は小粒でピリリと…」じゃないけれど、こういうワキに 良い役者をキャスティングすると 全体的には目立たずとも 作品のクォリティは数倍に上がる。


そんな良い例だと 思った次第。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海猿』関連の記事

コメント

こんにちわ~
海猿はDVDで見ました。映画館では見ていません。
何故ならば・・・原作のコミックが大好きだったから・・・(笑)
舞台も博多の第七管区だったしぃ・・・
映画では違っていましたもの。。。前作も・・・

でもこの映画、面白かったです♪
いきなり舞台になる事件が勃発するし・・・結構入り込めましたね。

私は佐藤隆太さんも結構好きなのですが・・・映画「ブース」とかも面白かった・・・某映画と同じようになるのは、ちょっと・・・と思いました。

最後もひっぱりすぎって感じ・・・もう少し短くてもって思いました。
でも面白い映画でした。映画館で見ればよかった・・・と思ったです、はい。

★ tetsu さん

まぁ、面白かった…という事ですね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。