« 桜井幸子 考 | TOPページへ | タイヨウのうた 映画版 »

2006年11月25日

● セーラー服と機関銃 最終話


セーラー服と機関銃 最終話を見た



画像

見終えて思う事は 25年前に「薬師丸ひろ子」が主演で制作された映画と ストーリーや構成に大きく違う部分は無かったが、しかしながら なんか新鮮な感じが確かにあって こういうリメイクも良いもんだなぁ… そう思った。


知り合いのレンタル店の店長によると 今回のドラマが放映されて以降、「薬師丸ひろ子」版の映画のDVDが 返却されれば、すぐ貸し出されて…の繰り返しで いつも貸し出し中の状態なのだそうだ。


当初は私も 昔の映画版を再見しようかとも思ったのだが、新鮮な感覚を味わいたくて 今回は見ていない。


で、結局 最終回まで見終えた今 心の半分は「もう見なくてもいいや」って気分が半分以上。


というのは、


画像画像

「薬師丸ひろ子」も悪くは無かったが、「長澤まさみ」の方が 数段、良い。^^


画像画像

おそらく今後「セーラー服と機関銃」を思い出す事があれば その時に思い浮かべる「星泉」は「長澤まさみ」だと思うから、だから 再見する必要を感じなくなったんだな。


画像

「小泉今日子」も 結果的に悪くなかったし、


画像

「小市慢太郎」はホントに良かったし…


画像

久しぶりに「まともな人」役の「平田満」も最後に見れたし…


画像

「堤真一」は最高だった。


画像

画像画像

このシーンは すこぶる余韻を引かれたが…


画像画像

画像画像

画像画像

やっぱ、「長澤まさみ」に尽きる。^^


まぁ、全7話という作りは 最近のドラマにしては中途半端な回数に見えるが、無理に回数を増やして中だるみするぐらいなら このスタイルの方が余程良い。


が、これで また、しばらく「長澤まさみ」は見納めか…と、思うと 一抹の寂寥感に包まれるわけだけど「次回作も頑張れよ」と 次に どんな役を見せて貰えるか、それが楽しみな女優さんである。^^




あ、そうそう…


最後に ひとつだけ


画像

「音楽:河野伸」


エンド・ロールを見て 成る程と思った。^^


確かに、良いBGMだったもん。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『セーラー服と機関銃』関連の記事

コメント

初めまして。尾上君が大好きなので、たどり着きました。
確か、何話か忘れましたが、セーラー服と機関銃に尾上寛之が出てたような・・でも、それは語られてないですね。

解説が楽しいので、また遊びに来ますw

★ tany さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。

御指摘を頂戴し 初めて知りました。

たまたまHDDに録画データが保管してありましたので早速、確認し追記記事を別途掲示させて頂きました。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。