« セーラー服と機関銃 第6話 | TOPページへ | 東京タワー »

2006年11月20日

● のだめカンタービレ 第6話


のだめカンタービレ 第6話を観た。




画像

感想を述べる前に まずは、いつもの御約束…^^;


「岩佐真悠子」は…

画像画像

画像

画像

とうとうアップがきた^^ 


だが、それ以上にインパクトがあったのは…

画像画像

今週の「上原美佐」^^;


画像画像

澄ました表情だと「可愛いい」と言うより「綺麗」なだけに


画像

こういう表情だと凄みが増す^^


しかも、

画像画像

画像画像

画像画像

酔い乱れる様を見せたり…


画像

そう、そういうバリエーションが持てれば


画像画像

そのギャップの大きさに、コメディなら特に こういうシーンが活きてくる。^^


画像画像


「小出恵介」は すっかり、キャラが安定し…^^


画像画像

画像


「水川あさみ」は 相変わらずジワジワだが、予告編の


画像

このシーンが気になるなぁ…^^;




さて、今週も演奏シーンがあったが…


画像

オーケストラとは違い、ピアノの連弾も これはこれで実に良いが…


今回は 私の場合


画像画像

画像画像

Sオケの解散飲み会の終わりに 三々五々と別れていく仲間達…


画像

その後ろ姿を見送りながら、述懐する千秋(玉木宏)…


画像画像

新しいオーケストラに誘って貰えなかった…と涙する女の子…


その一連のシーンとバックに流れる音楽は 季節外れとはいえ、「卒業」の雰囲気が醸し出されて 何故か、泣けた。(ToT)


画像

画像

画像

画像

画像

画像

主役の「のだめ」こと「上野樹里」も ちゃんと自己主張しているのは見事と言う他無い。^^




尚、先週から私の目を惹き付ける


画像画像

マネージャー役のエリーゼは


「吉瀬美智子」という女優(モデル?)さんでした。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『のだめカンタービレ』関連の記事

コメント

こうしてブタネコさんのキャプを見ていると、ドラマの中のキャラクターが本当にイキイキしているのが分かります(^^)。その中でも上野樹里のはじけた存在感は素晴らしいと思います!

実は私は原作本を6巻まで購入し、我慢できずに読破してしまったのですが、今回のドラマの話、ほとんどカバーされてました。ブタネコさん、やっぱりドラマが終わってから読んだ方がいいです(^^;。
いや、読んでからドラマを見る楽しさもあるんですが、やはりせっかくのこの素晴らしいドラマ、先を読めずに楽しんで、その後にさらに奥深い原作を読んだ方がよさげです。

とりあえず私も単行本の購入は封印します!

いやー、私も今回はSオケ解散飲み会につきます

ああやって何かを一緒に一所懸命にやった仲間と騒いで、
中には好きな異性に告白しようかどうか迷ってたり、
将来に不安を持ってたり、
そして最後にいろんな奴と抱き合いながらも手を振って別れて行く・・・

全く同じような経験を大学時代にしているだけに、かなりぐっときました。

上原美佐、良かったですね。
のだめとの対決?も楽しみになってきました。

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。

吉瀬美智子さんを先週のエンドロールで名前見た時に「ん?!」と思っていたのですが、
やはりそうでしたか。
吉瀬さんは10年ほど前の昼ドラ「ぽっかぽか」の「2」と「3」にそば屋の娘役で出演なさっていた記憶があります。出前のシーンのみですが。
最近では「不機嫌なジーン」でジェットコースターに乗る女として一瞬だけ見かけたことがあります。

レビューを見て楽しみになってきました。
これから録画を見ようと思ってます。

★ roadrace さん


そうですね、TV版の最終回を見終えてからマンガを読む事にします^^


★ うごるあ さん


>全く同じような経験を大学時代にしているだけに、かなりぐっときました。


私もそうなんです。^^

このシーンは ホント良かったですねぇ^^


★ おじぞう さん


こちらこそ、はじめまして^^ コメントありがとうございます。


>吉瀬美智子


なんか、少しづつ惹かれはじめてます^^

今度、「不機嫌なジーン」をチェックしてみます。^^

今後も よろしく御願いします。^^

うあぁぁぁ・・・こちらカンザスでは、4日遅れで(たぶん中国経由で)のだめが手に入るんですよ。六話はあと二日しないと来ないので、ブタネコさんのレビューを見て、禁断症状(?)が出始めてます!

ちなみに、いつも思うんですが、ブタネコさんのレビューって、いいところをきちっと抑えてあるのに、不思議とネタバレしないんですよね。絶妙のタイミング、お見事です。

★ カンザスのオズ さん

>不思議とネタバレしないんですよね。

ありがとうございます^^

そう誉めていただけるのは とても嬉しいです。^^

私は 基本的にこのブログで「面白かった」と述べる作品は 是非、多くの方に見て貰いたい…と、願っており、その見る時の為に邪魔をしたくないので 別途例外的目的が無い限り、ネタバレは出来るだけしないように、心がけているつもりなんです。(なかなか巧くいきませんが^^;)


補記:このコメントのラストの部分と もう一つ、同時に頂戴したコメントに関しては 管理人への個人的御要望メッセージとして受け止め、御要望に関しては了解しましたので次回の記事に反映させたいと思いますので非公開にさせて頂きました。^^

どうか、お気を悪くなされませんよう御願い申し上げます。(ちゃんと実行しますから^^)

いろいろお気を遣わせてしまって、すみませんでした!

今日、ようやく6話をみました。それで、別件ですが、どうしてもお礼をと思ってまたコメントしてます。

今回のエピソードの中で私が一番心に残ったのは、真澄ちゃんが千秋様のことを想いながら太鼓をたたいてるところでした。彼(?)の表情が本当に、とっても切なげで、小出君っていい演技してるな~と思いました。

この間、どこかで小出君のインタビュー記事を読んだんですが(のだめのオフィシャルサイトだったと思います)、その中で彼が、太鼓の演奏に集中してしまうと素の顔になってしまったりするので、太鼓の演奏もしながらもいつも演技を意識していなければならないから大変・・・というようなことを言っていたのを思い出しました。

で、改めて小出君ってすごい俳優さんなんだなと・・・で、そんな彼の存在に気づかせてくれたブタネコさんにお礼を一言とおもいまして・・・

長文、駄文で、しつれいいたしました!

★ カンザスのオズ さん

いえいえ、お気になさらず^^

>小出君っていい演技してるな~と思いました。

同感です。^^

最近では わりと悪役の多い「石館鉄男」が若い頃 「杉田かおる」の父親役をやっていた頃の姿を
「のだめ」の小出を見ていて 懐かしく思い出したりしております。

きっと、彼は良い役者に育つと そんな予感と共に^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。