« 役者魂! | TOPページへ | セーラー服と機関銃 第6話 »

2006年11月16日

● 二代目はクリスチャン


「セーラー服と機関銃」の陰に隠れた作品だが 私はこっちの方が面白いと感じたので語ってみる。^^




1981年に 赤川次郎:原作 相米慎二:監督 薬師丸ひろ子:主演で


画像画像

「セーラー服と機関銃」が公開されたが…


その4年後の 1985年に つかこうへい:原作 井筒和幸:監督 志穂美悦子:主演で公開されたのが


画像

「二代目はクリスチャン」


あらすじを簡単に語ると…


画像

主人公は 教会の敬虔なシスターなのだが、その性格と美貌に惚れ込んだのが


画像

ヤクザの組長の跡取り息子(岩城滉一)と


画像

その幼馴染みの刑事(柄本明)


画像

画像

二人はシスターの気を惹こうとライバル意識剥き出しで争うが…


シスターのハートを射止めたのは組長の跡取り息子。^^


ここまでは わりとコミカルに話は流れるが…


画像

画像

画像

画像

結婚式の直後 不意に女(かたせ梨乃)が乱入し 跡取り息子は刺されて死ぬ。


画像

画像

跡取り息子は 実は結婚式の当日に 死んだ親の跡を次いで二代目の襲名披露を行う手筈となっていたのだが…


画像

画像

そこに現れたのは 純白のウェディングドレスを血に染めたシスターで、シスターが二代目を襲名すると宣言する。


ネタバレ防止の為に 以降は詳しく語らないが…


「シスターと結婚出来なきゃ、親父の跡は継がない」


そう、跡取り息子が言い出した為に


画像

右往左往する子分達が実にコミカルなのだが…


頭(カシラ)格の「蟹江敬三」が極めて秀逸で 最後は泣かせてくれる(ToT)




さて、「セーラー服と機関銃」と「二代目はクリスチャン」のストーリーや人物設定を比較すると とても興味深い。^^


主人公は 高校生とシスターの違い


突然、ヤクザの組長の跡目を継ぎ、頭(カシラ)は友に苦労人で、重要な役所に刑事が絡み、謎の女が乱入、最終的には 女親分が殴り込み…


結構、シチュエーションが被っているのがお判り頂けると思う。^^;


大抵、こういう場合 先に発表された方が評価が高く、跡からのは「二番煎じ」とか言われて不評を買う。


しかし、私は正直に言って「セーラー服と機関銃」も良い作品と思っているけど、「二代目はクリスチャン」の方が高く評価したいと感じてる。


それは、組の縄張りを狙って他の組から虐められ 子分が一人、また一人と殺されていく


それに対して ジッと我慢の女親分が最後にブチ切れて殴り込みに行く。


これは 溜めて溜めて溜めまくった上で「敵討ち」に行く「忠臣蔵」の世界であるが、その殴り込んだ時に「セーラー服と機関銃」では 女組長が「カ・イ・カ・ン…(快感)」とウットリするような表情を浮かべるシーンで私はズッコケた^^;のだが…


「二代目はクリスチャン」では


画像


「てめぇら、悔い改めてぇ奴は十字をきりやがれ。

 でねぇと一人残らずたたっ斬るぜ」


と、啖呵を切る。


このシーンと台詞が すこぶるシビレルわけで…(ToT)


私は 原作者であり、この作品の脚本を担当した「つかこうへい」の初期の頃の作品は大好きだったからでもあるが、この作品の秀逸さの根底には「つかこうへい」独特の台詞の妙が詰まった脚本にあると感じている。


画像

セクシーで かつ、アクションでも魅せてくれるきわめて希な女優さんだったが、この作品の数年後に「長渕剛」と結婚し女優業を引退したのが とても残念に思ったものだ。^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『角川映画』関連の記事

コメント

こんにちわ。
えっちゃんは、おいらも大好きでした。

えっちゃんと百恵は絶頂期に引退してそれ以降全く姿を現さない、その潔さに感心してしまいます・・・

昔の映画がこういった形ででも見ることができるというのは本当に素晴らしいと思いますね♪

どっちが面白いっていたら、文句なく断然こっちですよ。

でもどちらの主演女優が好みかというと、「薬師丸」ですね。自分の場合。

おおっ!二代目はクリスチャン!
この作品の志穂見悦子さんは色っぽいシーンにドキドキしたものでした
最後は泣きながら見た覚えがあります、井筒監督を知ったのもこの映画からでしたね~
いやー もいっぺん見たい♪

いつも思うんですが丁寧にビデオを保管されてるんでしょうか?古いドラマのキャプいつもキレイですね

★ tetsu さん

はじめまして、コメントありがとうございます。^^

>その潔さに感心してしまいます・・・

ええ、見習って欲しいのが 数人 浮かびます(苦笑)

>昔の映画がこういった形ででも見ることができるというのは本当に素晴らしいと思いますね♪

数年前に DVDが発売されたんですよ^^


★ WILL さん

>でもどちらの主演女優が好みかというと、「薬師丸」ですね。自分の場合。

この映画が制作された当時は 意見が分かれましたねぇ^^ 懐かしい^^


★ sato さん

>この作品の志穂見悦子さんは色っぽいシーンにドキドキしたものでした

画像貼ろうかとも思ったんですが 自粛しました^^;

>最後は泣きながら見た覚えがあります、井筒監督を知ったのもこの映画からでしたね~

私も同様でした^^

>いつも思うんですが丁寧にビデオを保管されてるんでしょうか?古いドラマのキャプいつもキレイですね

角川映画は 数年前にDVD化されて販売されたんです。^^

DVD化になってないもので このブログで記事にしたモノは VTRを愛蔵していたモノか、さもなくば倒産したレンタル店から買い受けたモノです。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。