« セーラー服と機関銃 第4話 | TOPページへ | ライスカレー 第9話 »

2006年11月06日

● 悪魔の手毬唄 考


最初にお断り申し上げますが、この記事文中には「悪魔の手毬唄」のストーリーにおけるネタバレが多く含まれています。




私としては 多くの方々に「横溝ワールド」を堪能して戴きたいと願っておりますので この記事の本文は原作「悪魔の手毬唄」を読んでいない方は どうか先に原作を購読の上、御一読頂いてからにして頂きたいと御願い申し上げます。


さて、このような記事を書こうと思った私の動機は


  ● めとろんさんのブログ『めとLOG ~ミステリー映画の世界


  ● イエローストーンさんのブログ『取手物語~取手より愛をこめて


という二つのブログで 時々、横溝関連の記事が掲示され それが実に興味深い記事が多い^^


かねてより私は


  ● HAZUKIさんのブログ『葉月亭


の主宰者であるHAZUKIさんをはじめ、このブログにお越し下さる横溝ファンの方々と「横溝ネタ」で交遊させて頂いてきたわけだが…


御三方のブログで 横溝正史に触れられている記事を拝読し、本来は ネタバレ無しでの記事を心がけてきた為に 今一歩、踏み込んだ表現を用いれなかったジレンマが 正直言ってあったので、ここらで少し それをお許し頂いて持論を述べてみたくなったからです。


さて、横溝正史の金田一耕助シリーズを ひと通り愛読した方々に


「貴方が選ぶ ベスト5はどの作品ですか?」


と、もし尋ねたら 数多の作品群の中から いろんな作品を挙げる結果になると思われるが、「ベスト5」が もし、「ベスト3」だったら?


勝手な私の想像で申し訳無いが「獄門島」と「悪魔の手毬唄」は 殆どの人が無条件で挙げ、残りの一つが「犬神家の一族」や「八つ墓村」「本陣殺人事件」など どれにしょうか悩むのではなかろうか?


本来、作品群の中で「ベスト5を挙げよ」なんて事じたいが野暮なので「どれがベスト5か?」について語り合いたいとは思っていない。^^;


私が申し上げたいのは「ベスト3は?」とファンが問われたら 「獄門島」と「悪魔の手毬唄」を 殆どの人が無条件で挙げる… その理由に関する考察なのである。


実は 冷静に考えたとき、「獄門島」と「悪魔の手毬唄」には多くの共通点がある。


連続殺人事件の背景に 俳句と童歌の違いはあれど、どちらも「見立て殺人」で 3人の被害者も女の子である。


隔絶された島社会と閉鎖的な村という背景にも似たものがあり、事件の背景には10数年前からの流れがあり、系譜という背景も重要なファクターとなっている。


ゆえに、アンチ横溝的な人に言わせれば 


「獄門島がウケたから 似た様な話の悪魔の手毬唄で 柳の下のドジョウを狙っただけの事」


等という評がある。


けどね、私には そのアンチ意見は説得力を感じない。


何故ならば 似てると言われればそれまでだが、「獄門島」と「悪魔の手毬唄」のそれぞれには 確固たる説得力が それぞれにあるからだ。


生まれて始めて「獄門島」を読んだ時 何故、死体の発見現場の惨状が俳句の見立てになるのか? ただ殺すだけじゃダメなのか? そんな私の疑問を吹き飛ばす 横溝正史が仕掛けたプロットには説得力が充分過ぎるほどあった。


成立するはず無いと思われた3つの前提条件が揃ってしまった時、実行犯は その偶然に怯える。


その結果、成立したはずの前提条件のひとつが嘘だった事を知り、より以上の罪の深さに言葉を失い 実行犯は精神的にも罰を受ける。


そして、悪魔の手毬唄では 同じ様に3人の女の子が連続して殺害されるが その動機の根底は「獄門島」とは全く違い 解釈や視点を変えると、ある人物の生まれながらにして身に纏ってしまった不幸と その責に悩む母親の情… それが全て人間の業によるものと思うと 実に無情なものだと涙さえこぼれる。


私は「悪魔の手毬唄」を生まれて始めて読んだ後、どんなに良い人間と言われている人でも ひとつやふたつ 心には傷があるものだ…という事を知った。


しかも、それが「傷」程度に言えるぐらいのものならば まだ、良いが、中には どんなに親しい友人や家族にも言えない内容である事も珍しくは無いのだ…と。


磯川警部は青池リカを愛するが故に 彼女の亭主殺しの未解決事件を定年前に果たそうとし、金田一に助力を乞う


なのに、その結果は…


事件が終わった後の 磯川警部の焦燥感たるや想像を絶する。


殺される3人の女の子達… 彼女達自身には殺される理由が無い。


しかしながら、犯人の動機を考えた時「う~む」と 認めたくはないけれども、でも なんとなく判るような気が…と思ってしまう。


特に 登場人物の中に「里子」という少女がいる。


私は「悪魔の手毬唄」を思い出すたび この「里子」を同時に思い出す(連想する)


横溝ワールドには いろんな登場人物がいるけれど、それらの中で 私は「悪魔の手毬唄」の「里子」が 最も印象深く感じているキャラクターの一人なのだ。


文末に 金田一耕助が この里子の想いを代弁して語る場面があるけれど、そこで語られる里子の想いは なんか、物凄く切なくて なんと良い娘なのだろうと憐憫の情なんて言葉では表現できないほどの愛おしさを感じて仕方が無くなり… だから、ついつい その記述を読むと涙が出る。


悪魔の手毬唄を映像化しようとする多くの制作者は「峠のおりん」や「影絵」など そのドラマチックでかつ、ホラーっぽい場面ばかりに熱がこもってしまう傾向がある。


しかし、それも横溝正史の読者に対する ある種のトリックであって、実は 登場人物達のキャラクターを際立たせる描写や 心情をくすぐる文章表現により、尚更ドラマチックに映るだけの事で 演出効果でどうこうできる問題とは違うのだ。


正体不明の胡散臭い老婆と 薄暗くなった峠道で擦れ違う… 確かに、そう言う場面は想像するだけでも不気味に感じるけど、本当はそこが怖いのでは無い。


実は その老婆が… 後になって その正体や、何故擦れ違ったのか? どうして? その部分の真相を知った時に 真の意味で「ゾゾッ」と背筋が凍るのだ。


つまり、最初に原作を読んだ時 その「峠のおりん」のシーンは確かに怖かった。


けど、終盤になって「実はおりんが…」と判った時、金田一耕助が味わった「ゾゾッ」と同じ「ゾゾッ」を読者も味わう それが、横溝正史の余人が真似できない文章表現力の妙なのだ。


ところが、それを理解出来ないまま 安易に映像化しましょう…なんて制作者だと 後からの「ゾゾッ」には無頓着で 如何に峠のシーンを不気味に見せるかばかりに終始する。


でも、市川版は そこもキチンとおさえてくれた。


「ゾゾッ」としながらも キチンとおさえてくれた制作に涙が出た…というのが本心だ。


峠のおりんは 峠で金田一と擦れ違い、その足で放庵を訪ね、放庵を毒殺する。


つまり、金田一が擦れ違ったのは 単なる胡散臭いババァでは無く、これから確信的に人を殺しに向かう途中の犯人だったわけだ。


よく 横溝ワールドは「おどろおどろしい」と表現される。


今風に簡単に言えば「おっかない」って感じの表現なのだが、たしかに重厚でホラー感たっぷりではあるのだが、作品のつど(多くの場合)ヒロイン的存在、そして犯人、時には関係者の一部に とてつもなく読者として情が惹かれるキャラが存在する。


例えば、それが何人もを殺した トンでもない犯人の場合でも、なんとなく心情にほだされてしまう… そんな作品がある。


最近の推理小説の場合、犯人の動機は ひどくエゴの塊だったり、精神的に壊れていたり、ついヤッチャッタ…みたいな衝動殺人というケースが多く、説得力のある「怨恨」的動機が薄い、その上 犯人が判り動機の解明…となった時、犯人に対しては「そんなクソ馬鹿野郎だったのか?」みたいな読後感で モヤモヤ感がつきまとう。


横溝作品の場合、読後 けっしてスッキリするわけでは無いけれど それはモヤモヤ感とは全く違って、「何か」を考えさせられたり 世の無常に切なくなるのが殆どなのだ。


で、「悪魔の手毬唄」の場合…


「おどろおどろしい」雰囲気を醸し出した「峠のおりん」であるにも関わらず、その後3人の女の子を殺し、それぞれを手毬唄に見立てた姿に変えた犯人でさえあるのに、事件後 どうして その犯人を憎みきれないのだろう? いや、憎む気持ちが沸かないのであろう? そこが横溝ワールドの醍醐味だと私は思うのね。


これを ただ、「おどろおどろしい」ばかりの雰囲気だけにこだわれば どうやっても犯人への情は薄くなるばかりなのは自明の理だが、そうならないのは何故なんだろう?


要は そこに至る過程での犯人の辛さや苦しみが、まず 痛いほど読者に伝わっているからであり、その描写に 物凄く説得力があるからなのだ。


つまりは、映像化する際に「尺の問題で…」という事情でカットされる部分に その横溝の絶妙な仕掛けが数えきれず埋め込まれているにも関わらず、「ま、いっか」みたいな安易さで削られてしまうから 殆どの映像作品はツマラナイものにしかならないのだ。


ゆえに


「獄門島がウケたから 似た様な話の悪魔の手毬唄で 柳の下のドジョウを狙っただけの事」


と、単純比較でしか批判できないアンチに対して 私は その読解力の乏しさを鼻で笑うばかりである。


ちゃんと読み比べれば 全く違う「何か」を考えさせられる作品だと気づくはずなのだ。


その上で、伊達や酔狂で多くのファンが 並び立てて「傑作だ」と評しているわけじゃ無い事に気づくはずなのであり、気づけないのは 己が如何にアホかを嘆けばいいだけの事。


以前、いくつかの記事で書いたけど 私は学生の頃、横溝作品を一冊読み終えるたびに その作品の舞台となった場所にいつかは行ってみたい…というのが夢だった。


それは後年、実際に実現し「悪魔の手毬唄」に登場する鬼首村も 架空の村とは言え小説上の記述に従い おおよそ、この辺だろうと勝手に推論して行ってみたモノだ。^^


その時、起点となる総社から 徒歩で歩き、峠を越える…


実際に、この真似をしてみて判ったのは 当時の人が如何に健脚だったか…と身にしみて実感した。


でも、それが当時としては当たり前だった…と考えれば 金田一が総社に行き、神戸に行って情報を集め 証言を確認してくる… その作業が実に時間と労力の必要とされる作業だったかが判る。


けどね、今年の初夏 あらためて岡山に行き鷲羽山や総社を巡ったが、横溝作品に流れる時代背景や環境は おそらく、今の若者 特に子供達には想像すら出来ないだろうなぁ… 実際に町並みや風景を見て そう思った。


「歩いて峠を越えて 隣町に行く…」


今の時代に そんな真似を想像しろと言っても無理でしょう^^;


弁士が語る無声映画…なんて 判らないだろうし、副業でモール作り…なんてのもリアル感が無いでしょう^^;


そういうのを考えると 横溝ワールドに流れる「情」も いつしか誰も理解出来ない「情」になってしまうのかもしれないなぁ…


そう思うと、今の なんだか殺伐とした世の中が その兆しに思えるから寂しい限りである。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『悪魔の手毬唄』関連の記事

コメント

こんにちは. ひと息入れに来ました.(笑)
「悪魔の手毬唄」に関するお話,興味深く読ませていただきました.

以前,磯川さんとリカさんのラブストーリーという解釈に温かいコメント
をいただいた折には,大変うれしく思ったことを記憶しています.
連続殺人の狂気とその謎ときという観点でしか,横溝作品を読めない
のは少々寂しい….

以前,学生の時に池波先生の「剣客商売」を片手に,東京を徒歩で巡った
ことがありますが,作家というのは実に繊細な作業なのだと改めて感じました.
内藤新宿から四谷を抜けて大川を渡り,浅草の向こう岸,鐘ヶ淵まで
報告のために来た人間に,まずかける言葉は,
「まだ湯を落としてないから,草鞋脱いだら,まずひとっ風呂浴びちまいなさい」
ですよね.(笑)
落語の世界でも,「舟を舫う」という表現は今できないと聞きます.
その想いの部分をどこまで解せるかは,それを読む人々や映像を制作する
ものに委ねられているわけですから,しょうがないと言えばしょうがない
ことだけど,もう少しガンバレと,あの世で小林秀雄さんもおっしゃっている
のではないでしょうか.(笑)

市川監督「獄門島」の冒頭で,金田一と片足の不自由な復員兵が
すれ違うシーンがあります.結果としてそれは仮病だったわけですが,
それをコミカルと感じるか,生き延びるための人間の必死さと捉えるかで
大きく差がありますね. あのシーンの場合は,コミカルも間違いでは
ありませんが,それだけではないと感じたいと思います.
ゲートルをどんな気持ちで巻いていたか…それが想像できるように
精進したいものです.

ゴーシュさんご指摘のそのシーン。自分も印象深く観ました。獄門島だと
他にもいろいろ大原さんとか太地さんがらみでも印象深いシーンがあった
なぁ。少女の頃の荻野目さんが大切にお骨を持つシーンも印象深い。

悪魔の手毬唄は原作も映画も(北さんがちょっとアレでしたが)好がきだなぁ。
一番好きだなぁ。 自分も前にこんなこと書きました。↓
http://homepage.mac.com/will2002/kuramoto/saikan_jmovie.html#anchor6

こんばんは。

私のブログ記事にふれていただき光栄です。

コメントするには躊躇いたしました。何故なら自己記事で再三記述している通り、原作を読んだのは20年前で詳細を憶えておらず、あくまでも映画・市川版を元にしているのが私の実情だからです。

しかし、やはりコメントせずにはいられませんでした。

実は、私は先にコメントされているゴーシュさんの「リカさん」という記事のコメントでも記述しているのですが、市川版で一番好きなのが「悪魔の手毬唄」なのです。


>犯人を憎みきれないのだろう? いや、憎む気持ちが沸かないのであろう? そこが横溝ワールドの醍醐味

おっしゃる通りだと思います。
そして金田一自身が一番それを感じる。そのあたりの描写は原作を理解していないと表現できません。
非常に重要な点だと思います。安易な映像化はガッカリしますよね。

そして市川版「手毬唄」で私は、ラストは当然ですが、金田一と磯川が旅館で再会するシーンがとても好きです。互いに非常に優しい、うれしそうな表情をします。
それと対照的に金田一が真相を明らかにした時、磯川は落胆し、金田一は無言で哀しい表情を浮かべる。これは磯川のリカへの愛、この理解がないと描写できないシーンです。
そして犯人の顔を見ようと走ってきた歌名雄を止める磯川に、金田一が「歌名雄君の好きにさせたあげたらどうでしょう」と言う。非常に金田一らしいし、その後の磯川・金田一・警部の哀しく重い姿の画がとても印象的です。
登場人物の様々な「情」が非常におりこまれた作品で、さらに、リカの動機にいたる複雑な事情や怨念、その怨念が里子をも・・・この辺りが横溝のすごさというか、怖さ、奥深さを感じます。

ブタネコさんの深いご考察で、何としても「手毬唄」、読み返したくなりました!

★ ゴーシュ さん


コメントありがとうございます。


そう、ゴーシュさんが書かれた

http://kame15ya.jugem.jp/?eid=31

という記事も 欠かしてはいけない記事でした ホントにごめんなさい。


>もう少しガンバレと,あの世で小林秀雄さんもおっしゃっている
のではないでしょうか.(笑)


まったく、その通りだと思います。


>市川監督「獄門島」の冒頭で,金田一と片足の不自由な復員兵が
>すれ違うシーンがあります


そう、「獄門島」の場合 そこは絶対に欠かしたり、見過ごしてはいけないシーンだと思います。

と、同時に そのシーンがあればこそ、そこに込められたいろんな意味を どれだけ、受け止められるか視聴者が試されるのかもしれませんね^^;

★ WILL さん


確かに北公次は アレでした^^;

けど、そんなのは どうでも良い程、若山富三郎の磯川警部が良かった(ToT)


★ イエローストーン さん


イエローストーンさんが指摘されたシーンの数々と感想は まったく同感の思いです。

だからこそ、私は里子に思いを馳せるのです。


それも いろんな意味で「何故?里子?」と。(ToT)


やっぱ、横溝正史は深いなぁ…

この二つの作品を見て、当時小学生でしたが
家や土地に縛られた人間の情念、怨念、悲しさを
感じざるを得ませんでした。
個人的には、獄門島での佐分利さんのセリフ
「季違いじゃが、しょうがない」が印象に残っています。
日本語独特の同音意義語が解決の糸口になろうとは。。。
ちなみに後年見たトリックの「お食事券」もそうでした。

こんにちは、めとろんです。
拙文を引用していただき、大変恐縮し、かつ光栄に思っております。

ブタネコさまの文章、およびゴーシュさま、WILLさま、そしてイエローストーンさまのコメントを読ませていただくにつけ、押し寄せてくる感動を禁じえません。すべてに肯首するとともに、不覚にも涙してしまいました。

トリック云々、ロジック云々、プロット云々を語るのも、探偵小説に関して云えば大事とは思いますが、それ以上に豊穣な世界が広がっているのが円熟期の横溝正史ではないか。そんな気がしてきました。
そういった意味では、「病院坂」にせよ「悪霊島」にせよ、日本近代文学の見地から、再度見直すべきではないのか。「悪霊島」に於いては、磯川警部の生涯に関する描写など、「探偵小説」という野暮な"ジャンル分け"など無意味な、ひとつの"文芸なるものの極致"に到達していると思えるからです。

"ゲートルをどんな気持ちで巻いていたか…それが想像できるように精進したいものです."
・・・というゴーシュさまのコメントに激しく共感致しました。その通りです!!
ぼくは、"総体的(マクロ)な視点"と、"個別的(ミクロ)な視点"が合致したとき。
それが"正視眼"であり、正当な評価だと思うのです。そういった意味では、確かに文学史的観点も必要ですが、「ひとりの、その時代を生きた人間の想い」もまた風化させてはならないのではないか。
・・・そう思えるのです。
最後に、ぼくも「里子の思い」に涙した一人です。

素晴らしい内容、感動しました!ありがとうございました!!

★ やじ さん


ども、お久しぶりです^^

>トリックの「お食事券」もそうでした。

ええ、そうでしたね^^

そう言えば、トリックは続編は もうやらないのですかね?


★ めとろん さん


>そういった意味では、「病院坂」にせよ「悪霊島」にせよ、日本近代文学の見地から、再度見直すべきではないのか。

ホント そう思います。^^

昭和初期のいろんな作家のいろんな作品を おそらくは相当数読んだつもりですが、その殆どを覚えてません。

けど、横溝正史は その殆どを覚えてます。

それだけ、感動も深かったし、面白かったし、印象が強い。

>確かに文学史的観点も必要ですが、「ひとりの、その時代を生きた人間の想い」もまた風化させてはならないのではないか。
・・・そう思えるのです。


学者とか 識者という方々に言わせると 横溝の作品は「あまりにも世俗的で文学とは言えない」なのだそうです。^^

しかし、私に言わせれば そんな分類などどうでも良い事で どれだけ読者を魅了し、納得させるか それに関して「世俗」か否かなんてのは重要ではありません。^^

ノーベル賞を受賞した川端康成ですら尊敬しようとは思いませんが、横溝正史は大先生として敬意を払いたい存在以外の何物でも 私にとってはありません。

こんばんは。

先の私のコメント内容に誤りがありました。

>リカの動機にいたる複雑な事情や怨念、その怨念が里子をも・・・

リカには怨念はないですね。あるのは、純粋な愛。その純粋な愛が動機となり恐ろしい惨劇をひきおこす。
結果はやはり奥の深さを感じるのですが。

訂正させて下さい。失礼しました。

★ イエロ-スト-ン さん

いえいえ、訂正なさらずとも主旨は充分通じてましたよ^^

こんにちは。

やっと原作「手毬唄」を読み終えました。もう25年ぶりに読み返し、内容は以前申し上げた通り完全にわすれていた自分でもかなりショックをうけました。
私は原作を読み終えて、ブタネコさんがこの記事に書かれている、

>そして、悪魔の手毬唄では 同じ様に3人の女の子が連続して殺害されるが その動機の根底は「獄門島」とは全く違い 解釈や視点を変えると、ある人物の生まれながらにして身に纏ってしまった不幸と その責に悩む母親の情… それが全て人間の業によるものと思うと 実に無情なものだと涙さえこぼれる。

私は「悪魔の手毬唄」を生まれて始めて読んだ後、どんなに良い人間と言われている人でも ひとつやふたつ 心には傷があるものだ…という事を知った。

の部分をやっと理解できたような気がします。


そして本の感想の前に今一度、市川版を見直そうとおもいました。
今回、その感想を記事にしました。「手毬唄」の3度目の記事になります。

http://toridestory.at.webry.info/200702/article_1.html

暇なときにでも一読いただければ幸いです。
では、また。

★ イエローストーン さん


ほい^^ では、後ほど 拝読に御邪魔します。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。