« 悪魔の手毬唄 再考 | TOPページへ | Dr.コトー診療所2006 第8話 »

2006年11月30日

● ロ-ド88


このブログの常連コメンテ-タ-である「Wen」さんの薦めで見て 2005年4月30日に一度、このブログに記事を掲示したのだが…




今回、俳優「津田寛治」のカテゴリ-を作るにあたり「ロード88」を再見し 記事をリメイクする事にした。


で、以下は以前の記事


----------------------------------


近所のレンタル屋を ひとしきり廻ってみたが どこにも置いてない。


Wenさんが「ロード88すごい(・∀・)イイネ!!」って言うぐらいなんだから きっとイイ筈^^


ネット通販で買っちゃいましたよ。


で、観ました。


「いやぁ… 映画って ホントにいいですね」 by シベリア特急


買っちゃって良かった。^^


四国の良い風景が 綺麗に映っていて…


久しぶりに「富田靖子」と「川上麻衣子」に会えて…


実は「須藤理彩」が 好きな私で…


なんで ニコラス・ペタスが… (と言うツッコミは無しで^^)


長谷川初範だけが 独りでVシネマしてたんだけど、それが また良くて…


Wenfangさん 奨めてくださってありがとう。


「白血病」ネタに 少し引き気味だったんですが、もし この映画が 骨髄バンクを呼びかけるPR映画なのだとしたら… こういうのこそ、もっと宣伝して広く観て貰うべきだと思いました。


「白血病」が けっして悲劇のヒロインの便利なアイテムになって無い、良い作品だと思いました。


この作品を見終わって、なんかね、旅に出たくなってきました。


ロード88


追記。


ここ1・2年の間に いろんな作品に登場するようになった役者さんで 3人ほど個人的に注目している人がいます。


「寺島進」「小市慢太郎」「津田寛治」


そのうちの一人「津田寛治」が 良い味、出してました。

(映画版「世界の中心で、愛をさけぶ」サクの同級生で寺の跡を継いだ坊主役)


----------------------------------(前回の記事は ここまで)




ロード88

この作品の主人公は


ロード88

「村川絵梨」(彼女はこの後、某国営放送の朝ドラに主演し注目を浴びるが、この頃は無名^^;)


他の主な出演者は

「小倉久寛」


ロード88

ロード88

「須藤理彩」


ロード88

ロード88

「津田寛治」


ロード88

「黒田福美」


ロード88

「川上麻衣子」


ロード88

「ニコラス・ペタス」


ロード88

「高松英郎」


ロード88

「富田靖子」


ロード88

「岸谷五朗」


ロード88

「寺脇康文」


ロード88

「長谷川初範」


ロード88

「神山繁」


物語は 母親と幼い頃に別れて祖母の元で成長した主人公が白血病になり、骨髄ドナーがいつ現れるかも判らない… そんな日々の中で TVで見た「お遍路」と 四国八十八箇所巡りのコースの途中に母親の住む街がある事を思い

ロード88

スケート・ボードを片手に旅に出る。


いっぽうでは、


ロード88

落ち目の芸人に 金を道端で芸を見せて稼ぎ、自転車で八十八箇所巡りをさせる…という番組を制作するチームがあり…


ロード88

主人公と芸人が 旅の途中で出会う。


まぁ、ハッキリ言って この作品はベタなロードムービーだ。^^;


けどね、日頃 難病ネタにケチをつけまくっている私ではあるが、この作品の「主人公が白血病」という設定には 腹が立たなかった。^^;


もちろん白血病における「寛解」についても 私は個人的に知っているつもりだから、物語中の病状や内容に 一部、疑問を感じる点もたしかにあると感じた。


けどね、この作品は 患者を絶望させるストーリーではなく、希望や夢を与えるストーリーだと私は感じたから 腹は立たなかった。


また、この作品に関する記事を このブログに掲示した後、DVDを観た八十八箇所巡りを実際に行ったある人から頂いた感想に


「お遍路のコースには難所が沢山あり、そこを自転車 ましてやスケボーでという設定には無理がある。」


という御指摘があった。


実は 今年の春に瀬戸内を巡った際に「いつか 私もお遍路がしたい」と思っていたので松山の近くの第51番「石手寺」に行ってみたのだが…


そこで、お遍路の途中の方々と色々と話し、参考書も入手したところ 中には百数十km離れたお寺があったり、標高7~800mの登山をしなければならないルートがあるのを知り、御指摘は正しいと私も思った。^^;


だから、この作品のストーリーには御都合が山盛り…と酷評する意見を無視するわけにはいかないと私も思う。


でも、それでも 私は この作品は良い作品だと評価したい。


例えば、


ロード88

落ち目の芸人がヤケを起こした時、主人公の姿に励まされて頑張ろうと決意


ロード88

その芸人に 酷な真似をするディレクター(津田寛治が好演^^)の真意も素敵


ロード88

ワケアリの男が 主人公に


ロード88

ロード88

同じ病気で亡くした娘の姿を見出して更生しようとする。


こういうストーリーはベタだけど素敵な話だと私は思うからだ。


ロード88

ロード88

不意に現れる神山繁が 実は弘法大師なんじゃないか?と この作品を観た人の中に語る人がおり、私も その解釈に賛成するのだが…


それが気に入らず、「弘法大師をナメてんじゃねぇか?」と怒る知人もいる。^^;


私は これもファンタジ-としてアリだと思うのだ。


ロード88


まぁ、賛否は両論だとは思うけど 私の感想は以上の通り。


尚、参考までに…


ロード88

ロード88

ロード88

ロード88

ロード88


ロード88

ロード88

ロード88

ロード88

ロード88


ロード88




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『泣ける映画』関連の記事

コメント

まぁ、映画としてはよく出来た映画だったでしょう~w

ちょっとネタばれですいませんが、あの腹減ったじいちゃんって、お大師さまなんでしょうかね~?

旅っていいですよね~。
気ままにお遍路さんですかw

>Wen さん

私も見終わった後、弘法大師なんだな…
って思いましたね。

お遍路さんは 一度やろうと思ってます^^

それもいいなぁ…

津田寛治さん私も好きなんですが、
私が始めて津田さんを見たのは映画「模倣犯」です。
今まで見たこともない人が主役を食っちゃうパワーを放っていたので、
誰なんだこの人は!?と思わされ、作品の評価は別にして私の中に「津田寛治」を焼きつけた思い出の作品になりました。

★ tenkyu さん

ええ、津田寛治 良いですねぇ 大好きです。^^

村川絵梨が主演だったんですね。この映画は絶対見ようと思います。

オカダもお遍路さんやってみたいですが、無理だろうなあ(^_^;)。

★ オカダ さん

>村川絵梨

オカダさんも ストライクゾーンが広いですねぇ^^

(私は 人の事言えませんが^^;)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。