« 迷路荘の惨劇(上川版) | TOPページへ | セーラー服と機関銃 第2話 »

2006年10月20日

● 手紙(プロモーションDVD)


11月3日から公開される 映画『手紙』の番宣DVDを見た。




画像

東野圭吾が原作で、主演のひとりが山田孝之で… ってところに「白夜行」を思い出してゲップが出る。^^;


と、同時に 山田孝之と沢尻エリカが恋人役…という設定に「タイヨウのうた」を思い出して胸ヤケが出る。^^;


きっと、また盲目的山田ヲタは 


「朔太郎でも亮司でも無い、直貴を見事に演じ分けてました」


きっと、そう褒め称える事だろう。^^


でも、申し訳無いが この番宣DVDからは 私にはそんな演じ分けを見分ける事など出来なかった。^^;


と、述べると盲目的山田ヲタは


「ブタネコの野郎、また山田クンを罵った」


と、直情的に受け止めるんだろうね^^;


ま、そんな事は どうでも良いが…^^;


画像

画像

画像

画像

画像

断片的に番宣映像から垣間見えたモノからは 原作の雰囲気を よく醸し出している様に感じたし、作品的には なかなか良いモノに仕上がった様な期待が持てる。


画像

画像

バンドを漫才に置き換えたのは 最初は「?」って感じだったのだが、「慰問」というエピソードを盛り込むならば その方が、説得力があるな…とも感じる。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

「白石由美子」というキャラクターに 今の若手女優の誰をキャスティングするか?と考えた時、「沢尻エリカ」という選択も 決して間違いじゃないと思う。


で、「直貴」というキャラのキャスティングに 山田孝之というのも、そんなに悪い選択では無いと制作側が考えるのは理解出来る。


ただ、盲目的山田ヲタ達から認めて貰えずとも 私は役者としての「山田孝之」は気に入っており、気に入っているからこそ 敢えて言いたいのは 山田が辛さに耐える青年役が巧い役者って事は もう充分に判っている、判っているからこそ 違う役柄を演じろよ…って事。


どんなに その役柄設定が巧くても その役柄ばかりを演じていたら、どんなに才能のある役者でも いろんな意味で幅が狭くなってしまう… 頼むから、そこを考えて欲しいなぁ…と。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾上寛之』関連の記事

コメント

ブタネコさん こんばんは
今夜2回目です、失礼します。山田くんのことに触れていただいたので黙っておれず(;^_^A・・・
でもヲタではないです、ないですが、セカチューの記事の中であまり山田くんに触れてくださらないことを密かに不満に思っていたところへ彼の「泣き」をほめていただくと、”わ~い\(^O^)/ブタネコさんにほめてもらった~い”と喜ぶくらいの”好き”さ加減ではあります。
盲目的ヲタ(これ、なんで”オ”じゃないんですかね)でないゆえに、ブタネコさんが”気に入っている”山田くんの役柄についてのご意見は非常に素直に頷くものであります。仕事の選択が事務所側の考えも関わってくるとしたら、事務所にも考えてもらいたいなと思います。

★ ふ- さん

>仕事の選択が事務所側の考えも関わってくるとしたら、事務所にも考えてもらいたいなと思います。

よほどの大俳優じゃ無い限り、仕事の選択は事務所でしょうね

だから、私は 山田個人への文句を言ってるつもりは無いんですけど^^;

この記事を読んで「ブタネコが 山田の悪口を言ってる~」と受け止め 文句を言ってくる人が多いので 私はそういう輩を「盲目的ヲタ」と 普通のファンとは区分けして扱っているのです。^^;

ふ-さんの様な受け止め方をして下さる方が もっと増えてくれれば記事で触れる回数も増えるんですけどね^^;

ブタネコさま、こんにちは。
私も白夜行&例の騒ぎ以来、表向きはあまり騒がない山田さんファンです。
以前このブログで述べさせていただいた考えに、際立った変化はありませんが、密かにタイヨウはチェックし、手紙の前売りも複数枚買ってしまいました。

彼の演技力特に目の使い方には、脱帽しておりますが、手紙の役柄設定を見て、正直「また?」感があるのは否めません。
応援しているからこそ、もっと役者として成長してほしいからこそ、主役・脇役や作品の大小に惑わされず、どんどん挑戦してほしいと心から願っています。
そういう意味では、田中圭くんの使われ方(?)は、多少酷でも今後の彼を考える上で、絶大な力になると思います。
某星屑事務所には、騒動の際の手際の悪さ等で不信感しかありませんが、彼に限らず他の役者も才能を殺さず、マネージメントを展開してもらいたいです。

今後も率直で厳しいご意見を楽しみにお待ちしております。(^^)
結果は5年10年後に出ます。


ブタネコさん、こんにちは。お久しぶりです。
私はまだメイキングDVDも映画本編み観てないんですが、私の中では山田君は原作の直貴のイメージにぴったりでした。
でも山田君の直貴をすんなり想像できる事に逆に物足りなさを感じています。(イメージとは違う新しい山田君を観たいといつも思っているので)
唯一想像できないのが漫才シーンなので、そこをとても楽しみにしています。
今度は「何かを背負っている影のある役」ではなく、全く違うタイプの役を演じるのを観たいです。


★ みかnママ さん

御無沙汰しております。^^ お元気そうでなにより

>某星屑事務所

同感ですね^^

個人的には 山田よりも田中幸太朗は どうなってんだ? と、問い詰めたいですが^^;


★ 朔&亜紀大好き さん

御無沙汰しております。^^ お元気そうでなにより

>唯一想像できないのが漫才シーンなので、そこをとても楽しみにしています。

私も そこが唯一の見どころと思い 楽しみにしております。^^

どんな姿を見せてくれるんでしょうねぇ…^^

ども^ ^

私も「手紙」の原作は読みました。
それを読んだ限りでは、雰囲気も良く、受験終わったら観てみたい映画です。
私もキャスティングはもう少し冒険して欲しかったです。特にヲタでは無いためもあるでしょうが。
あたしゃ、セカチューやタイヨウのうたでの山田さんも良かったですが、WBも良かったと思うんですよね。
ま、受験終わるまで待ちますかね^ ^;

★ れーめん さん

まぁ、受験は大切ではありますが…

時には 息抜きも大事もですよ^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。