« 新しい風 | TOPページへ | ダウンタウンヒーローズ »

2006年10月11日

● 僕の歩く道


ドラマ「僕の歩く道」の感想です。




フジ系で始まった新ドラマだが、先に申し上げておくけど このドラマのストーリについては感想を含めて 語る気は全く無い。^^;




僕の歩く道 第1話




画像

このドラマの 私の個人的見所は たった3つ。


それは


画像

画像

「小日向文世」が出演している事。


それに、


画像

画像

画像

画像

「田中圭」が出演してる事


そして、


画像

画像

「本仮屋ユイカ」が出演している事。


ゆえに、初回にして 私としてはPV扱いが決定しながら 最終回までは見通す、そう決めた。^^




僕の歩く道 第2話 2006年10月17日




この作品に関しては 今回も内容については語らない。


画像

画像

画像

そのうち、ひと波乱起こす伏線なのだろうから 今は生温く見守る。


画像

このツーショットが見れれば 今回は それで良し…と思ったから。^^;



僕の歩く道 第3話 2006年10月25日




画像

この作品に関しては 物語については語る気が無い。^^;


画像

画像

画像

「本仮屋ユイカ」の出演時間、回数、台詞の数が増えた^^


けど、その殆どは 第1話や2話と同じで食事シーンが殆ど orz


しかも、今週はパジャマ姿が無い(ToT)


だが、甥と話すシーンが2回あり


画像

画像

画像

という1回目と


画像

画像

画像

という2回目


どちらもアップで 涼しげな微笑みがタマラナイ^^


なんか、「大人になったなぁ…」って感じがタップリだった。


年頃だから、当たり前の話だが 成長する姿を楽しめる女優さんなんだな

( たまごっちか? > というツッコミは無しで^^;)


そんな本仮屋ユイカで 満足できたとはいえ…


画像

画像

画像


そのぶん、田中圭の出演時間、回数、台詞の数が減り^^;


画像

画像

小日向文世の出演時間、回数、台詞の数が 田中圭以上に減った(ToT)


なんか、痛し痒しなんだよな…^^;




僕の歩く道 第4話 2006年10月31日




画像


まず、今回の「小日向文世」


画像画像

画像

画像

今、この世で一番 キリンが似合う俳優だね。^^


次に 今回の「田中圭」

画像画像

画像

今、この世で一番 冴えない表情が似合う俳優だね。^^


そして、今週の「本仮屋ユイカ」


画像画像

画像画像

画像画像

今、この世で一番 ティッシュが板に付いた女優だね。^^




僕の歩く道 第5話 2006年11月8日




画像


まず、今回の「小日向文世」


画像

画像

画像

基本的には「むっつり顔」の 小難しいオッサン役だが、珍しく陽気に歌う姿は嬉しい。


次に 今回の「田中圭」


画像

相変わらず出番は多くない^^;


そして、今週の「本仮屋ユイカ」


画像

これまた食事シ-ンからだが…


画像

画像

画像

画像

なんか、我が家で娘達を見ている様な そんな自然さを感じて好ましい。^^


と言うわけで、内容については 私には難しすぎて判らないので触れない。




僕の歩く道 第6話 2006年11月15日




画像


まず、今回の「小日向文世」


画像

画像

画像


次に 今回の「田中圭」


画像

画像

画像


そして、今週の「本仮屋ユイカ」


画像

画像

画像

画像

画像


今回で第6話 従って、記事も6つめなのだが…


私の6つの記事を読み比べて頂けるとありがたいのだが、1話から6話まで 殆ど、毎回の構成 特にカット割りが同じなのである。^^


これは、本編の映像にも言える事で ゆるやかに物語は変化しているのだが、並べてみると判るのだ。


好意的に評せば「やさしい作り」とでも言うのかもしれないが、私に言わせれば「単調」^^;


ホント、小日向文世、田中圭、本仮屋ユイカ この3人が出てるから見てるんだけど、実に苦痛だ^^




僕の歩く道 第7話 2006年11月22日




画像


まず、今回の「田中圭」


画像

画像


次に 今回の「本仮屋ユイカ」


画像

画像

画像

なかなか ほんわかとした素敵な笑顔を見せてくれたわけで…


このドラマじたいは ストーリーは私の中では どうでもいいモノに成り下がったが、「本仮屋ユイカ」PVとしては 今週はとても良かった。^^




そして、今週の「小日向文世」


画像

画像

さすがに今回で7話めだから 「小日向文世」に関してだけは ひと言、失礼して申し上げておきたい。


たぶん、終盤に見せ場が与えられるのであろうと予想も期待もしているが 今までのぶんでは せっかく、「小日向文世」をキャスティングしていても 小日向のポテンシャルを全くくすぶらせたままで実に 勿体ない。^^;


それは、「田中圭」にも言えるわけで 言っちゃぁ悪いが 小日向や田中が、わざわざキャスティングされる意味を 彼らの役柄に感じられないのだ。


つまり、語弊があるのを承知で言えば 誰がキャスティングされても遜色ない、どうでもいい役柄設定である… そう感じてならないのだ。


まぁ、今後 どうなるかは知らないし、どうでも良い事ではあるけれど その勿体無さに腹が立ちつつあるので言上しておく次第だ。^^




僕の歩く道 第8話 2006年12月20日




画像


まず、今回の「本仮屋ユイカ」


画像

画像


そして、今回の「田中圭」


画像画像

画像画像


で、今回は…


画像

画像

画像

田中圭と小日向文世のツーショットが多かった。(ほとんどカットが同じだけど…^^;)


で、今回の「小日向文世」は…


画像

画像


前々回あたりから、少しづつ、小日向の役柄が変化しつつある兆候はあったのだが…


画像

「大杉漣」という 名バイプレイヤーとの掛け合いの様なシーンは なかなか見応えがあり…


画像

ようやく 小日向らしい笑顔が見れた。^^




僕の歩く道 第10話 2006年12月13日




画像


まず、今回の「田中圭」


画像画像


そして、今回の「小日向文世」と「大杉漣」

画像


で、今回は 少しだけ「本仮屋ユイカ」の出演シーンが多かったのだが…


画像画像

画像画像

画像画像

画像画像


ま、出番が多いのは良いのだが…

画像

この泣くシーンはイタダケ無かったなぁ…^^;


おそらくは演出的に「子供が一気にビェ~ンって感じで無く様に」って感じの指示に従ったまでで だからこそ、オンエアになってるのだろうけど…^^;


3部作と言う割には 今までの2作とは隔絶の感があり、演出意図というか 制作意図がよく判らない。^^;


ま、内容については語る気が無いし「語らない」と述べているので 放っておくが…


画像

このシーンを見て つい、横で見ていた娘に


「なぁ? オマエもたまには 俺の肩を揉んでみないか?」


と、聞いたところ


「(お小遣い)いくらくれるの?」


と、間髪置かずに聞いてきたので


「援交か?!」


と、ツッコンだら


「労働に見合う賃金を支払うのは 経営者の義務よ」


と、横から嫁にツッコミ返されました。(ToT)


だから「僕の歩く道」が 少しだけ嫌いになりました。

( 八つ当たりです もちろん^^;)




僕の歩く道 最終回




画像


まず、今回の「田中圭」


画像画像

画像画像


そして、今回の「小日向文世」と「大杉漣」


画像

画像画像

画像画像


で、今回の「本仮屋ユイカ」


画像画像

画像画像

今回が最終回という事で「田中圭」「大杉漣」「小日向文世」「本仮屋ユイカ」PVも これで見納め。


内容については 心に欠片も残ってないので述べずにおき、それぞれの役者さん達の次回作で まったく違う役柄を見せて貰える事を願いつつ「僕の歩く道」には もう触れない。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本仮屋ユイカ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。