« 俺は、君のためにこそ死ににいく | TOPページへ | 僕の歩く道 »

2006年10月11日

● 新しい風


2004年に公開された作品




画像

この作品は 個人的に思い入れのある作品。


と言うのは、この作品の主人公である「依田勉三」は北海道の開拓史においては欠かす事の出来ない人物であり、私にとっては聖地とも言える松崎町の出身で 私個人と関わりの深い地である帯広市を開拓した人物だからだ。


この作品のストーリーも 松崎から帯広に移り、「晩成社」を作って開拓に勤しみ、やがては破産しながらも 最期まで夢を追い続けた男の姿が描かれている。


  参考:『新しい風 公式サイト


画像

主人公の依田勉三役は「北村一輝」


画像

画像

画像

画像

個人的には とても楽しめた一本だったが、それはあくまでも私の個人に関する話題とリンクする部分があったからで、多くの観客には 映画のストーリー的に最終的に何をどう描きたかったのか ちと不明に感じる部分が大だったと思う。


しかしながら、北海道に住んでいても 開拓使がどんなモノだったか、その歴史をキチンと知る機会は少ないので こういう作品が後々、参考資料になっていくのだろうと思うと それはそれで意義があると私は思う次第。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西伊豆 松崎』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。