« のだめカンタービレ | TOPページへ | 私は貝になりたい »

2006年10月06日

● 悪霊島(鶴太郎版)


1991年にフジ系で放送された片岡鶴太郎が金田一耕助に扮したシリーズ作の第2作




画像

片岡鶴太郎の金田一耕助は 実は古谷一行に次いで多く 全部で9作あり、そのリストは


  ・獄門島


  ・悪霊島


  ・本陣殺人事件


  ・悪魔の手毬唄


  ・犬神家の一族


  ・八つ墓村


  ・女怪(霧の中の女)


  ・悪魔が来たりて笛を吹く


  ・女王蜂


以上、放送順


となっており、毎回 いずれかの役で「平幹二郎」と「牧瀬里穂」が出演しているのが 御約束となっている。


この中で「獄門島」と「悪霊島」の2作だけがビデオ化されて販売されたが、売れ行きが悪かったのか3作目以降は ビデオ化されていない。^^;


画像

その第2作「悪霊島」の原作は 横溝正史の最期の長編小説となった作品


主な配役は


画像

金田一耕助:片岡鶴太郎


画像

巴御寮人:島田陽子


画像

越智竜平:夏八木勲


画像

刑部守衛:佐川満男


画像

巴(若い頃):宮沢りえ


画像


刑部大膳:平幹二郎


画像

三津木五十子:牧瀬里穂


「三津木」役は 原作ではヒッピー風の青年なのだが、この作品では女に設定を変えて 牧瀬の役にしたようだ。 


画像

画像

画像

画像

画像

画像

この作品も原作の雰囲気を よく醸し出していて 個人的には好感を抱いた。


ちょうど、この作品が放送された頃は TBS制作の古谷版が すっかり2時間ドラマ化してしまい、物足りなさがいっぱいだった事もあって この鶴太郎版は新鮮ではあったのだが、平幹二郎が 何故、御約束出演なのかが私には理解出来ない。


役者の世界では重鎮なのかもしれないが そんなのに義理の無い私には どんな役をやってもシェークスピアの何かの役が透けて見え、無理しないで小劇場で「リア王」とか「マクベス」やってろ…と不愉快に思う事が多いからだ。




昨日、「UDON」という映画を映画館で見ようとしていたら「犬神家の一族」の予告編が流れたのを見た。


  参考:『公式サイト 予告編が見れます


予告編を見る限り、前作と ほぼ同じ脚本なんだな…


それはそれで良い。(私的には^^)


松嶋菜々子の珠世は 島田陽子よりも遥かに良さそうだ。


けど、佐清の尾上菊之助は 駄目だな^^;


富司純子も 相変わらず、舌足らずな喋り方がねぇ…


深田恭子に至っては イラネ^^;


でもねぇ…


「犬神家の一族」のテーマが大音量で流れ 石坂金田一が走る姿を見たら 目頭が熱くなった。


万田久子と松坂慶子の梅子と竹子は なかなか良さそうだ^^


いやぁ… 楽しみだなぁ…^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『他・主演者作品』関連の記事

コメント

第二弾が「悪霊島」ですか、そして3作目に「本陣」とは。
はっきり言って、やっぱり忘れてますね。雰囲気はだしている様ですね。一応見てみたい作品ですが。

「犬神」のHPから私も予告編みました。
佐清はいただけないですね。
その他も77年度版とくらべると弱く、どうかなと思いますが、絶対に見ます。
楽しみです。

★ イエローストーン さん

ま、とりあえずは 見てから詳しく語りたいと思っております。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。