« バースデー・ウェディング | TOPページへ | セーラー服と機関銃 »

2006年10月02日

● 雑感(10月2日)


「バースデー・ウェディング」を観た後日談も含めて…^^;




昨日、「バースデー・ウェディング」の記事を掲示したところ 夜中、不意に携帯が鳴り 出てみると南東北の友からで


「今、TSUTAYAにいるんだけど

 ”バースデー・ウェディング”って

 2005年の公開の映画なんだよね?」


彼は私の記事を読んで 興味を抱き、ブッ飛んで最寄りのTSUTAYAに行ったのだ。^^;


30分ほど過ぎても何も言ってこないから電話を こちらからかけてみたら…


「あぁ、あったよ 今、借りて来て見始めたとこ」


返辞は実に素っ気ない。^^;


が、まぁ 私も鬼じゃない^^


「そっか、そりゃ良かった じゃぁね」


そう私が言うと 彼は


「後で電話していい?」


と言うから


「どうぞ、御自由に^^」と私。




この作品は 実を言うと 私のブログの過去ログに何度か登場した事のある 某大手ショップの店長が 先日、数枚のDVDを持って来て


「ブタネコさんの好きそうな奴を持って来たんで買ってよ」


と言うから「はいよ」と買った何枚かの中の一枚。


その後、見るのを後回しにして忘れていたものだった。


実際、去年の映画なのに 前評判をひとつも聞いて無く、ただ「木村多江」が出てる…って認識しか無かった。


一昨日、書斎の机の上を整理しながら そう言えば、コレ見て無かったなぁ…と気づき


見始めたわけだが、いやぁ… その後、何もする気が失せるほど この作品は私のツボをモノの見事にブチ抜いた。^^;


以前、何かの記事で ちょっとだけ書いた事なのだが、私には妹がいた。


「いた」と過去形なのは 彼女は もう、この世にはいないから。^^;


妹は若くして結婚し、姪を産み その生まれた姪が まだ、立ち上がれないぐらい乳飲み子の時に事故で他界した。


そう、私は「バースデー・ウェディング」の中の「木村多江」に その妹を重ねて見てしまったんだな。


妹はビデオレターなんか遺してないから 姪は自分の母親をアルバムの写真でしか知らない。


実際に、おしめの交換から小中高と成長していく期間 母親代わりを務めたのは ウチの嫁なわけで 姪にしてみたらウチの嫁こそが母親と思っているフシもある。


まぁ、そんな事はどうでも良い。


私にとっても姪は娘と同じだから 彼女の幸せも願ってやまない。


だから、姪も年頃の娘となり 自分の母親が父親(私の義弟)と結婚した時と同じ歳になった姿を見て 私は、只々、感無量ではあるのだが、そこにもってきて この「バースデー・ウェディング」を見ると 他界した妹が 自分の娘に対してどう思っているのかな?なんて事を考えてしまうし、同じ様に 姪も 自分の母親を どう思っているのかな…なんて事を思うと なんか、無性に泣けてくる。


今、世間では少子化が問題となり 女性は子を産む事より、仕事や自分の楽しみを追い求める人が少なくなく、男も 彼女を妊娠させても ロクな責任の取り方も出来ず、中には ただ、責任回避にばかり走り回る輩も少なく無い。


結婚もせず、自分の楽しみを追い求める… そんな姿を簡単に批判できるものでは無いとは思う。


でもね、自分の子供を育て その成長を見守り、家庭を中心に過ごすのも これはこれで幸せなのだが、そんな幸せを判れず 子供を虐待する馬鹿親まで増えている今の世が 本当に平和で幸せな世の中なのかね?


私は 娘と姪に対して どうしようも無いバカ親父である。^^;


しかし、それは 娘や姪のおかげで得させて貰った「幸せ」の結果でもあるのだ。


「留守中に部屋に入った」


「遊びに来た男の友達を 脅かした」


「娘に電話をかけてきた男の子を脅かした」


「家庭訪問に来た担任を怒鳴りつけた」


「参観日に学校に現れた時、不良学生を正座させて叱りつけた」


等々、私の振る舞いに 娘や姪から今までに何度も怒られた事がある。^^;


が、そんな「怒られる」事ですら 今となっては 私にとって、幸せのひとコマなのだ。^^




今日の夕方、娘と姪が揃って外出先から帰宅し、居間で本を読んでいた私の所にやってきて 小さな紙袋を差し出した。


中を開けてみると


画像

12月に公開される「犬神家の一族」の映画の前売り券と 人を小馬鹿にした様な人形のついたストラップ^^


「ん? なんだこれ?」


そう聞く私に


「今日、二人で「夜のピクニック」って映画を観て来たの

 そしたら、そこの映画館で「今、犬神家の一族の前売り券を買った人には

 スケキヨ・ストラップをプレゼント…って宣伝してたから

 お父さんなら きっと欲しがるだろうと思って買ってきたの」


と、姪が言い


「まぁ、それまでに 二代目のオジサンが映画館に行って良いよ…って

 言ってくれるぐらいに 元気になって…って意味でもあるんだけどね」


と、娘


不意に目頭が熱くなり、娘達の前で泣き顔を見せるわけにもいかないから


「バカヤロウ、俺は もう、充分元気だ」


なんて言いながら立ち上がったら 膝や腰の関節がグキグキと音を立てる私 orz


娘達は笑っていたけど 私は背中を向けて 窓の外の方に顔をむけ


「泣いちゃ駄目だ 泣いちゃ駄目だぞ…」と自分を励ます。


しかし… 窓の外には 庭からそんな私を見ながら ニヤニヤ笑っている嫁が…


私は 娘達に顔を見せないように居間から書斎へと行き ティッシュで目に溜まった涙を拭き、あらためて財布を片手に居間に戻る。


そして、娘達に


「馬鹿だなぁ… こんな無駄遣いしちゃって

 で、この前売り券 なんぼ(いくら)したんだ?

 ん? 1300円?」


すると娘達は


「いいよ、私達 それ半分こずつ出し合ったんだから… プレゼントだよ」


と、また 私の涙腺のバルブを壊す様な事を言う。


でもね、私の壊れたのは 涙腺のバルブだけじゃない。


心のタガまで壊れてしまい 財布から1万円札を2枚抜き出し 1枚ずつ娘達に渡して、


「駄目だぞ、無駄遣いなんかしないで 大事に使わないとな」


と、2万も無駄遣いする私(ToT)


すると、娘達は


「やった~ これで、明日も映画に行けるね♪」


と、言い合って笑顔。


「ん? 明日は何を見に行くんだ?」


と、聞くと


「”UDON(うどん)”か”出口のない海” どっちにしよう…」


なんて言ってる。


「(どれもこれも 俺の見たい映画ばかりじゃん…orz)」


と、少し羨ましい想いにかられていたら いつの間にか背後からス~っと近づいた嫁が 私の手から財布を奪い、その中からさらに 1万円札を1枚抜き取ると


「駄目じゃ無いアナタ 私のぶんを忘れちゃ…

 じゃ、これで 明日は3人で 両方とも観に行くわよ」


そう宣言する嫁。


釈然としない想いに包まれながらも


「じゃぁ、@@@のピザを帰りに食べに行こうよ」


「その前に 冬物のブーツが欲しい…」


「あ、駅ビルに カワイイお店が出来たらしいの…」


嫁と娘達が にこやかに、しかも楽しそうに会話をしてる様を眺めると


「あぁ…、ウチは幸せで良かった…」


と、(自分が本当に幸せなのか気づけずに) ほんわかした気持ちになる私だった。




あ、そうそう…


南東北の友は 早速、借りて来た「バースデー・ウェディング」を観て ズブズブに泣いてたよ^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2006年)』関連の記事

コメント

>いつの間にか背後からス~っと近づいた嫁が 私の手から財布を奪い、その中からさらに 1万円札を1枚抜き取ると

takuにもヽ( ゚д゚)ノクレヨ ☆\(-.-メ)バキッ

>南東北の友は 早速、借りて来た「バースデー・ウェディング」を観て ズブズブに泣いてたよ^^

おかげで 今日は目が腫れた^^;;

ブタネコさんへ
自分が本当に幸せかどうか?と有りましたが、十分幸せそうですよ。素敵な3人の女性に囲まれてこれ以上の幸せが有りますか、これからもしっかり守ってあげてください。
先日妹の息子が転職で上京してきたのですが、僕もちょっとした親父の気分を味あわせてもらい楽しかったです、ブタネコさんは毎日こんな気分を味わっているのかと思うと羨ましいです。若いって良いですね、いろいろ驚かされました。最期に奴が僕の蔵書を見て’伯父さんって右翼なんだ’だと,’軍艦武蔵’と’散るぞ悲しき’をプレゼントしましたが読むかな?。
それから’出口のない海’見ましたが、ブタネコさんのコメントが早く聞きたいですね、出来については、言いませんが、□□るところが目に浮かびます。

ブタネコ様
いつもながら、奥様と娘さんたちの巧妙な作戦と父のダメな(?)抗戦ぶりに
爆笑させていただきました。

私にも息子(小3)と娘(小2)がおります。
父親不在の家庭ですが、「底抜けに明るいバカ息子と、しっかり者で外面がよく意外と打たれ弱い娘」が
将来どんな風に自分の道を見つけていくのか、日々楽しみに過ごしています。

私自身が一人娘なので、私の父(57)が週の半分は泊まりに来てくれるのですが、孫と祖父の関係が
面白く、私と母でいつも大笑いしています。
私には、学生時代から塾の帰りは迎え必須、門限7時(!)、車の運転は自分が助手席に居ないとさせない等の横暴を厳守させていた父が、
娘3歳の時「○○(父のあだ名)、おくちくさいからだっこいやや。」父(当時52)「・・・。」
何日か後、私「この小さいシップみたいなん誰の?」母「シッ!禁煙に使うやつやん!」
私「え!愛煙歴36年が何で?」母「このままやったら△△(孫)に一生近づけへんって落ち込んでたしやろ」

最近では、ビートルズマニアだった彼の携帯の待受画面は孫が描いた絵へ、昼は外食派だったのに
お弁当を詰めるのを娘が手伝うようになると、「○○、はい。おべんとうのでまえです」と手渡されるのが
嬉しくて、弁当派へ・・・。私が「一人分余計に作るんやし、弁当代払ってや」と交渉すると
お弁当と交換に500円玉を孫へ。「△ちゃんにお駄賃やで」
作ってるのは私やろ~~~~~!孫丸儲けやんか!

駄文失礼しました。
ブタネコさま、父曰く「孫は娘の百万倍可愛い」そうですよ・・・・・・・。

ブタネコさんどうもお久しぶりです。・・・・・・南東北の覇者も(ノ´∀`)ボソッ
夜のピクニック 観てきました。ブタネコさんから頂いたレスのお陰で、本来見えない深い人物像が見えた感じです。特に高見に対しては、意味ありげな感じがしました。・・・勝手な勘違いかも分かりませんが^ ^;
全体的に完成度の高い物だと思います。個人的には14日の歩く会を最後だからこそ最高にしたいと思わせてもらいました。ブタネコさんのおっしゃった、「長澤雅彦」監督に青春を違った角度から刺激された気がしました。
ネタバレを避ける為、表現は極力抑えますが、多少笑いを取りに行き過ぎな感はありました。しかし、その軽い「ウザさ」のお陰で、あるシーンが非常に気持ちよく描かれ、そのシーンを痛いほど分かるであろう私は、映画館で「涙を落としはべりぬ」。でした。
バースデー・ウェディング・・機会があったら観させて頂きます。
夜ピクの話題に乗じて、長文、駄文、半無関係文すいませんです。

★ taku さん

>おかげで 今日は目が腫れた^^;;

ザマァミロ^^


★ タンク さん

>僕の蔵書を見て’伯父さんって右翼なんだ’だと,’軍艦武蔵’と’散るぞ悲しき’をプレゼントしましたが読むかな?。

私には 基本中の基本だと思いますよ その本の選択は^^


>出口のない海

そうですか… □□るんですか… この私が^^;


★ みかnママ さん

御尊父のお話 たいへん、タメになりました ありがとうございました^^

>父曰く「孫は娘の百万倍可愛い」そうですよ・・・・・・・。

そうですか… その前に「嫁に出す」という部分で かなりのエネルギーを奪われそうですね^^;


★ れーめん さん

>夜のピクニック 観てきました。

良いなぁ^^


>特に高見に対しては、意味ありげな感じがしました。・・・勝手な勘違いかも分かりませんが^ ^;

そうですか^^ そりゃ、見るのが尚更楽しみになりました。^^

>そのシーンを痛いほど分かるであろう私は、映画館で「涙を落としはべりぬ」。でした。

へぇ…

>バースデー・ウェディング・・機会があったら観させて頂きます。

バースデー・ウェディングは オッサンじゃないとツボにはまらないかもしれません 御注意を^^


無料のヤフー動画を見て涙・涙の連続でした。妻が乳ガンで現在治療中もあって余計に感動しました。この映画のロケ地を知りたくて、早速、ネットで検索してブタネコさんにたどり着きました。バスの場面は湘南の油壺付近で結婚式場はグランドパティオ高崎のマジョリカの部屋までは確認しましたが、自宅への坂道に使われたロケ地が探せません。電信柱の看板から「南部歯科?」を頼りの調査も上手く行かず、誰か知っている方はおられませんか?是非一度行ってみたいのですが、よろしくお願いします。

★ ゆう さん

コメントありがとうございます。^^

今度、ゆっくり再見して考えてみたいと思います。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。