« 冬空に月は輝く | TOPページへ | 雑感(9月21日) »

2006年09月20日

● 涙そうそう ナビDVD


主演は「妻夫木聡」と「長澤まさみ」で9月30日に公開する。

そのメイキング&番宣DVDを入手したので語ってみる。




画像

制作にT○Sも絡んでいるので てっきり、「広島…」みたいな戦争映画の出来損ないかと思っていたら違った。^^;


画像

画像

「妻夫木聡」と「長澤まさみ」は


画像

幼い時にそれぞれの両親が再婚し、血の繋がらない兄妹となる。


画像

母親役が「小泉今日子」で 再婚して間も無く、夫は失踪し 夫の連れ子だった「長澤まさみ」は そのまま育てられていくが、


画像

その母親も亡くなり、いまわの際に息子に「カオル(妹)はひとりぼっち、どんな事があっても護ってあげるのよ」と約束させて この世を去る。


その後、兄は沖縄本島で 妹は離れた島の


画像

オバアと暮らすが


画像画像

16歳となり、本島の高校に進学する事になって 兄と妹は一緒に暮らし始める…


ま、野暮なあらすじは この辺にしておいて…


この番宣DVDを見ていて思った事は…


画像画像

「長澤まさみ」だけじゃなく、私の大好物である「麻生久美子」まで出演しており、


画像画像

画像画像

台詞の絡みまである。(ToT)


画像

その上、おそらく完全ではないだろうけど「長澤まさみ」は沖縄訛の喋り方で台詞を言う。


そう、「若手女優に方言で喋って貰う事を懇願する会」の一人として これは推薦映画にしなくてはいけない一本なのだ。^^


画像画像

「長澤まさみ」が演じる妹(カオル)は 兄を「ニィニィ」と呼び、甘えっ子ぶり爆発。


画像画像

画像画像

画像画像

最近、ちょっと大人っぽくなったなぁ…と思っていたところに 無邪気な笑顔の「長澤まさみ」が見れるとあっては もう、私は祭り状態だ。^^


しかも、この映画の監督は「いま、会いにゆきます」の映画版を監督した「土井裕泰」


そう、「竹内結子」をもって ラストの「いま、会いにゆきます」という一言の台詞のシーンに それまで溜めるだけ溜めさせた涙のダムを 一気に崩壊させるという…見事な演出・構成をした男。


だからねぇ… いや、もう 見るよ。 いやいや、謹んで拝観させて頂くよ。




で、ふと気がついた。


間も無く公開の映画を 俺はいったい、何本楽しみにしてるんだ?と。^^;


同時に思った。


7~9月期の連ドラが 悉く、つまんなかったのは 役者がみんな映画に行ってたのか?とも。^^;


ま、そんなことは どうでもいいや^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『邦画』関連の記事

コメント

こんばんは。
「涙そうそう」楽しみです^^
ご存知かと思いますが、http://blog.nada-so.jp/に関連番組の情報が出ています。
麻生さんが「いのちの響」に出るみたいですね。
私は「さんまのまんま」の長澤さんが楽しみです!!

★ みず さん

情報ありがとうございます。^^

ただ、残念なことに 我が北海道では「いのちの響」は放送してません ^^;

「さんまのまんま」も 放送日が違い 何週か遅れての放送のようで… ^^;

いつになるやら判りません orz

舞台挨拶の長澤さん、大人っぽかったですね
夏川りみさんの可愛らしい歌声も素敵です。

>7~9月期の連ドラが 悉く、つまんなかったのは・・・・・

ありゃりゃ~、そうでしたか
自分は「結婚できない男」の阿部寛さんのキャラが最高にウケました!
それに・・・ええ、夏川結衣さんが大好きです。

★ sato さん

夏川りみの唄だけで「ホロっ」とくるので… (ToT)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。