« 雨と夢のあとに 第5-6話 | TOPページへ | 雨と夢のあとに 第7-8話 »

2006年09月05日

● 友情


映画「友情」を見た




画像

1975年公開の映画で 主演は「渥美清」


なんか、「男はつらいよ」の寅さんじゃない渥美清の映画が見たくなって ふと、この映画のビデオを見た


主な共演は

画像

「中村勘九郎 (現:中村勘三郎)」


画像

「松坂慶子」


さすがに 30年前の映画だから 役者が皆若い。^^


渥美清の出演映画は 松竹系の映画の中にあって、わりと良作なものが多い。


中でも この「友情」は 私の「お気に入り」の一本でもある。


画像

ストーリーは 典型的な松竹作品的ベタではあるが、渥美清が演じた役柄を 今の数多の俳優の中で誰が演じる事ができるだろう? そう考えると、奇妙に「この人」ってのが浮かばないから不思議である。^^;


画像

画像

人里離れた山奥のダム建設工事現場に 大学生の勘九郎が金を稼ぐ必要があってバイトに出かけ そこで 飲んだくれの労務者(渥美)と出会う。


世代も違い、性格も全く違う二人だが、勘九郎がは 妙に渥美に惹かれていく…


まぁ、冒頭のあらすじは そんな感じなわけだが…


落ち着いて冷静に考えれば 渥美が演じた労務者は とんでもなくいい加減な男である。


だけども、どこか憎めない一面があり 笑って許してしまいたくなる。


けど、それを笑って許す事の出来ない人もいる。


だから、ラストで見せる


画像

労務者の涙は「あたりまえだろ」って事なのだが、何故か「可哀相に…」と思えてしまう。


元々、喜劇人である渥美清は ガチガチのクソ真面目な人物役を演じる場面は殆ど無く、どこか抜けている人物が多いわけだけど それがまた妙にハマっているから凄い。


なんでだろう…


たまに、こんな風に 渥美清の映画を見たくなる時がある。


で、ポケ~と眺めて 何かを悟った様な気になる。


こんな役者さんに 次になれるのは誰なのだろう…?


ま、それが誰なのかは判らないけど まだまだ、しばらくかかりそうだな…




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『渥美 清』関連の記事

コメント

私、相武紗季のファンなので、よく見てクリックしております。
渥美清さんの記事。 愛媛・松山出身の私としては、早坂暁氏 脚本 の「ダウンタウンヒーローズ」機会がありましたらご覧ください。濃い伊予弁も楽しめます。

★ ゴスペル さん

はじめまして、コメント&クリック ありがとうございます。^^

>「ダウンタウンヒーローズ」

了解です。^^

ただ、記事にするまでは ちょっと時間がかかるやもしれませんが どうかお許しを…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。