« 伊藤歩 in 笑っていいとも♪ | TOPページへ | 散るぞ悲しき »

2006年09月16日

● ピクニックの準備


9月30日に公開される映画「夜のピクニック」と言う作品の 外伝的冒頭部「ピクニックの準備」というDVDがYahoo!動画で配信され、レンタル店にもDVDが置いてある店がある。




  参考URL:『Yahoo!動画』(10月31日迄)


最近、新作映画が公開される時 番宣としてメイキング映像や、ちょっとした物語仕立ての映像を 事前に無料配布したり、ネットで動画配信するケースが増えている。


大抵の場合、本編のダイジェスト版で 完全ネタバレ・テンコ盛り仕様のため、基本的にネタバレ嫌いの私は見ないのだが、この「ピクニックの準備」については そういうモノとは違うだろうと 最初から想像していたので レンタル店に置いてあったのを借りて見た。


夜のピクニック

この上の画は 左が「夜のピクニック」の原作(文庫版 新潮社) 


右が 本のタイトルは「図書室の海(文庫版 新潮社)」となっているが、中身は10編の短編集であり、どちらも著者は『六番目の小夜子の』原作者でもある「恩田陸」。


この「図書室の海」の中に「ピクニックの準備」と言うタイトルで僅か12頁の一文が「夜のピクニック」の前日の話として掲載されている。


ちなみに本のタイトルにもなっている「図書室の海」という短編は 『六番目小夜子』の番外編で 関根夏(関根秋の姉)の話。


簡単にあらすじを述べると…


ある高校で毎年の恒例行事として まる一日(24時間)かけて80kmを歩く「鍛錬歩行祭」というものがあり、全校生徒約1000人が参加する。


これは、ただ80kmの道のりをひたすら歩くだけの話なのだが、ヘトヘトになりながら歩く間に 友人達といろんな事を喋ったり、好きな相手に告白するキッカケになったり 特に3年生は この行事が終わると 後は受験勉強の後、卒業となるため 高校生活最期の思い出作りの場ともなる。


夜のピクニック夜のピクニック

主人公は そんな3年生の中の男の子(石田卓也)と 女の子(多部未華子)の2人。


この2人は 実は異母兄妹、つまり 男の子が正妻の一人息子で 女の子は不倫で出来た子供。   


高校入学直前に 二人の父親は胃ガンで急逝し、葬儀の席で初めて互いの存在を知り、偶然同じ高校に進学したが、互いに相手の事を兄妹だと友人達に言わず、それぞれ複雑な感情のまま 一言も話を出来ずにいる。


そんな男の子の親友や


夜のピクニック夜のピクニック

女の子の二人の親友(杏奈役:加藤ローサ、美和子役:西原亜希)をはじめ、


夜のピクニック夜のピクニック

梨佳役:貫地谷しほり、千秋役:松田まどか 等との絡みの中で 24時間、80km踏破における間のストーリー




で、実は 私は既にこの原作を読んでしまっている。^^;


しかも「ピクニックの準備」の原作も読んでしまっている。^^;


だからこそ「ピクニックの準備」というDVDが ネタバレでは無く、実に巧く描かれた「前フリ」である事を知っていたから 迷わず借りて見たわけだ。


この原作の「夜のピクニック」は 個人的に とても気に入っている作品で、これを私に勧めてくれたのは 実はウチの娘。


なんか、高校時代の甘酸っぱい思い出が蘇る様な そんな作品なのだ。


で、それが映画化され 9月末に公開だそうで…


実を言うと 今、私が観るのを楽しみにしている1本でもある。


その最大の理由は 監督が「長澤雅彦」である事。


この監督を 私は密かに高く評価しているのだ。


「はつ恋」「卒業」「青空のゆくえ」 どれも、なかなか雰囲気があり ちょっとキュンとさせられる物語を実に巧く描いただけに この「夜のピクニック」を担当するには うってつけの監督と思っているからだ。


で、


夜のピクニック

「ピクニックの準備」を観た。


夜のピクニック

このDVDは9本の短編で構成されており、主要なキャストの前日の話が描かれている。


夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

夜のピクニック夜のピクニック

といった感じ。


「ピクニックの準備」の原作は 先にも述べたように12頁の話で… あとがきによると「夜のピクニック」が雑誌に掲載される時、その予告編として書かれたが 短すぎるのでボツになっていたのだそうだ。^^


で、ウチの娘が この本を私に勧めた時に ある事を言った。


それは「ピクニックの準備」のラストに 偶然、甲田貴子と西脇融の間の秘密を知ってしまった「私」として登場する人物がいる。


その「私」が 本編「夜のピクニック」で登場する誰なのか 娘と友人達が議論になっており、その「私」が誰かを 一読の上、この父の意見を聞かせろ…と言うのだった。


もし、アナタが興味を持って「夜のピクニック」と「ピクニックの準備」を読まれるなら その点に関する御意見をうかがえれば幸いである。


ちなみに、私の出した答えは… これは、今は言わないでおく。


というのは、その時 この父が娘に告げた答えは 娘や友人達には とても意外な人物だったそうだが… 同時に述べた理由は なかなか説得力があったらしい。^^


で、なんとなくなのだがDVDの「ピクニックの準備」を見る限り、「長澤雅彦」は 私(ブタネコ)とは違う「私」を描いている様な気がしてならない。


もちろん 長澤の描く「私」は 娘や友人達が当初想い描いた「私」とも もちろん違う。


なんか、そんな気がしてならないのだ。


だから、映画を観るのが とても楽しみなのだ。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『夜のピクニック』関連の記事

コメント

ご無沙汰しています。

実家でのバカンスを満喫し、思いっきり貫禄をつけて
北の大地を発ちました^^;

「ピクニックの準備」は原作も映画も気になります^^

「スウィングガールズ」以降、気になる若手女優リストに入り
「大奥」で好物の女優になった貫地谷しほりも出演しますから
これは映画を見ないと…

映画を見る前に…これから原作本買いに行ってきます♪

★ うんぼぼ さん

映画を見る前に「ピクニックの準備」のDVDを見ても良いし、後回しでも良い^^

「ピクニックの準備」の原作の「私」が 誰なのか意見を聞かせていただけると もっと嬉しいです。^^

どうも takuさんちでお馴染みのれーめんです。こちらでははじめましてですね^ ^
ご存知かもわかりませんが、この「北高」ってれーめんの母校なんですよ。正式には「水戸一高」です。(「序奏」のオープニングでジャージの背中に「MITO first」て印刷されてますよね)
で、歩行祭は「歩く会」って呼ばれてるんです。
れーめんは今3年なんで、彼らの歩行祭に掛ける気持ちが凄くわかります。
本当に辛いんです。歩く会は。でも、なんかもう、言葉に出来ない「嬉しさ」みたいなのがあるんです。「ピクニックの準備」にしても、「これ、あそこじゃん!!」っていうような知ってる場所が出てくるのでも、凄く嬉しいんです。
水戸一高3年として、「夜のピクニック」で我々の気持ちを共有して頂けたら幸いです。お願いします。

★ れーめん さん

初めまして コメントありがとうございました。

仰る通り、taku氏のブログで何度か貴方様のコメントを拝読しましたので御尊名は記憶しておりますが、殆どのコメントが記事とは無関係の御自分の御話ばかりなので 殆ど読み飛ばしておりますので「お馴染み」とか「ご存じ」と仰られても 申し訳ありませんが、私には知った事ではございませんでした。^^


なので…


>水戸一高3年として、「夜のピクニック」で我々の気持ちを共有して頂けたら幸いです。お願いします。


と、申されますと「夜のピクニック」を見るのを楽しみにしております小生としては「夜のピクニック」のストーリーが「貴方様の御自分の御話」の様に聞こえてしまい、いささか興醒めの感がします。^^;


たしかに、原作では「水戸一高」の話をモデルにしたという様な記述がありましたので、貴方様の思い入れは理解したいと思いますが、実際 長距離の遠足は全国的に いろんな高校で行われており、今現在でも行われているのかは疑問ですが、私の故郷 札幌にも似た様な行事を行う高校が数校ありました。

たとえば「がんばっていきまっしょい」という作品では 松山に実在する高校がモデルとされていますが、モデルはモデルであって 「夜のピクニック」と同じ様に あえて架空の高校名を用いたのでありましょうし、それは原作者が特定の高校の話として読者に受け止めて欲しいのでは無く、高校時代の思い出の話として それぞれの心や記憶の中にあるストーリーや雰囲気を作者は望んでいると解釈します。

ゆえに、貴方様には不本意でしょうが 特定の高校や生徒と気持ちを共有なんてのは大きな御世話と申し上げざるを得ません。^^;


ですから、おそらく、私は「夜のピクニック」を見るでしょうし、見たら感想記事を いつもの様にこのブログに記すでありましょうけど、それがどんな内容になったとしても、特定の高校や そこの学生について述べるつもりは全くありません。

そこのところを どうか御理解頂ければ幸いです。

我ながら非常に不快なコメントをしてしまったのではないかと心配です。すいません。
>ご存知、お馴染みの件
これはツッコミどころではありません。というのは「かもしれない」が付いてるので、「知ってたら嬉しいが知らなくても良いや」な考えのもとの「ご存知、お馴染み」です。
>takuさんのブログでのコメント
すいませんでした。最近、あのブログから少し離れて改めて、あの頃の自分に、「空気読め」と言いたいです。お叱りを有り難く頂戴致します。
>長距離遠足の話
勿論私も他校の「歩く会」は存じておりますし「歩く会」が水戸一のみとは考えておりません。夜ピクが我々の高校を単に「モデル」とした事もわかっているのです。
「水戸一高3年」とは、単に背景を説明したのみで、だからどうでも良いです。一言で宣伝です。つまり、ブタネコさんと同じく、純粋に映画が楽しみなんです。
そこで得意の内輪ネタ「歩く会が楽しみ」なんです。
結局「我々の気持ち」とは、上手く言えませんが、「夜ピクを楽しみにして、観てくれ!!」です。
ですから、正直な所、「興醒め」とかいわないで、観て下さいね。
結局わかってもらえた時一番嬉しいのは、「ロケ水戸一 同い年 楽しみ」というだけで、嬉しさを書き連ねた「宣伝」でした。本当にすいませんでした。

★ れーめん さん


まず、最初に申し上げさせて頂かねばならない事は 私は、けっして先のコメントを不快には感じておりませんでした…という事。

しかしながら、「誤解を招く記述で申し訳ありませんでした」等と社交辞令を申し上げる気も私には全くありません。^^;

それは…

>「かもしれない」云々


それは どうでも良い事で、互いの主旨はそんなとこには無い事を 既に御理解されておられる様ですから、折角の御説明も無意味な言い訳にしか映らない事も 既にお気づきと存じます。^^;

要するに主旨は「純粋に映画が楽しみなんです。」と記事で述べている私に れーめんさんは 御自身の置かれた関連性を基に


>「夜ピクを楽しみにして、観てくれ!!」


と、重ねて仰られたわけで それを指して前回のコメントにおける「御自分の話」を持ち出されて


>「夜のピクニック」で我々の気持ちを共有して頂けたら幸いです


と、仰られたのと同様


>>小生としては「夜のピクニック」のストーリーが「貴方様の御自分の御話」の様に聞こえてしまい、いささか興醒めの感がします。^^;


と、重ねて申し上げる他ありません。^^;


その事を れーめんさんは「宣伝」と御説明なされておられますが、どうか 一度冷静に、何を どう、御宣伝なさりたいのでしょう? そこを御一考願いたく存じます。


私は既に 記事で「映画を観るのが とても楽しみなのだ。」と記しております。


その私に


>「夜ピクを楽しみにして、観てくれ!!」


と、わざわざ申し寄越される理由が私には 大変申し訳ありませんが、理解出来ません。^^


「何故、れーめんさんは わざわざ申し寄越されたのだろう?」


私なりに考えておりますが、れーめんさんとは 今までコメントのやり取りはございませんので貸し借りも無ければ、前後の流れもありません。

あるとすれば、前回のコメントと そして今回のコメントの文章のみ… そこから類推するに、きっと その御主旨のヒントが


>「ロケ水戸一 同い年 楽しみ」


という判じ物の様な表現部分なんだろうと思いますが、そのどれもが れーめんさんにおける「楽しみ」で 私にはどうでも良い事ばかりですからねぇ…


霞ヶ浦に勤務経験を持つ 私の義弟なら、お気持ちを共有出来るやもしれませんが、残念ながら私には無理ですし、何よりも私は「純粋に映画を楽しみたい」ので 余計な雑念は迷惑とすら感じる次第なんです。


というわけで、現時点において 私としましては

「れーめんさんは 何を、どう仰られたいのだろう?」

と、理解出来ずにいる…という事なのです。


文末に…

>本当にすいませんでした。

という御言葉を頂戴しましたので 間違い無く、誤解だと存じておりますが…

もしかしたら、最初に頂戴したコメントの主旨は

「俺はtakuんとこでお馴染みだし、takuんとこに書いたから知ってるだろうけど

 ”夜ピク”は俺の母校がモデルだから アンタも心して見ておくれ」

という意味だったのか? なんて、悪意に解釈するところでした。

いや、ホント危ないところでした^^;

と、申しますのも 私は最近見た ある映画のDVDの中の名言で「それはそれ これはこれ」という言葉が気に入り、このところ口癖のように使用しております関係で taku氏と仲良しであっても”それはそれ” 分を弁えない能書きには”これはこれ”で対応するしか無いな…なんて考えやすくなっているところだったのです。^^

いやいや、実に危ないところでした^^;

どうも^ ^

頭を冷やして参りましたw

私はブタネコさんのブログで「夜のピクニック」の記事を見つけ、嬉しさ(これも個人的な気持ですが^ ^;)のあまり、宣伝というか、お望みでも無い、いらぬ背景の説明をしたのでは・・・と思います。
結局のところtakuさんのブログでの書き込みと同じでした。

何故そういう結論に至ったのか。
今日、学校に行ったところ、連絡用のモニターに「夜ピクを見よう!!」と。
あぁ、関係者の中でこの気持ちを共感するなら良いが、それをブタネコさんに求めてはいけない!!
そう、思いました。

ブタネコさんとは純粋に夜ピクの出演者、展開などをあれこれ論じて、共に楽しみに公開を待とう。一人の楽しみに待つ視聴者として。
そう考えるようになりました。

自分には自分の、ブタネコさんにはブタネコさんの独自の楽しみの気持ちがあって良いじゃないか。まさに「それはそれ これはこれ」でしたね。

だから、楽しみに公開を待ちます^ ^

あ、関連して一言。
ピクニックの準備をみて、 貫地谷しほり に惚れた私です。
演技の中で演技できる彼女は面白いと思いましたょ^ ^

★ れーめん さん


御一考頂けました事、深く御礼を申し上げます。

れーめんさんから頂戴した 二つのコメントの文面から きっと御理解頂けると想像し、私からのレスは ちょっとキツく、ちょっと嫌味な文面を意図して用いました事をお詫び申し上げます。^^


で、ここからは ざっくばらんに、へそ曲がりで偏屈なオッサンの余計な御世話なウンチクというか解説だと思って 気楽に読み流していただけると幸いです。^^;


私はTV版の「世界の中心で…」で完膚無きまでに壊れました。

が、それはドラマのストーリーに単純に感動して壊れたのではありません。

ドラマのストーリーから 自分の思い出が甦らされて壊れたのです。


時に、良質のTVドラマや映画には そういうパワーというか魔力があります。

そして、そんな単純では無い壊れ方を与えてくれた作品は 単なるドラマ(映画)の域を超えて、人生訓のバイブルにすらなります。


だから、壊れた私はブログを始め 現在のこのブログに至っております。


実は、私の知る限り 南東北にもそういうアホがもう1人おります。


彼もまた、甦った記憶で壊れた男であり、それが今日の彼のブログの原点です。


ブログのスタイルは 私と彼とは似ている部分もあるけれど 多くの部分はそれぞれの個性により別物です。


でもね、ドラマや映画 それを見る時の見方や 目の付け所や解釈、評価の観点は 多くの部分で彼と私は よく似てます。(笑っちゃうほどね)

で、二人とも「記憶の中の想い出を刺激される作品に出会う事」を いつも初見の作品を観る度に願っていると言えるでしょう。^^;


この記事でも述べましたが、「夜ピク」の監督である長澤雅彦は「はつ恋」「卒業」「青空の行方」等において「記憶の中の想い出」をツンツン刺激してくれる監督なので 今度の「夜のピクニック」に際しての期待も大きいのです。


その「夜のピクニック」のモデルとなった学校で 実際に歩行会に参加しておられる御身であれば「記憶の中の想い出」もひとしおであろうと想像が出来ますし、それは羨ましい事でもありますし、そういう観点の感動を得られたならば きっと、私が何を申し上げたいかは その時に もっとリアルに御理解頂けると思います。


「興醒め」とキツい表現を用いましたが、私には歩行会に参加したという想い出はありません。


でも、高校時代に 友や 今は嫁となった彼女と学校の行き帰りの道すがら いろんな事を語り合った記憶があります。

恋に悩む友人の 今では笑い話になってしまった失恋話も多いし、その当時は結婚まで続くんじゃないか?と思われながら 今では同窓会で会っても喧嘩しかしないカップルもおります。

「ピクニックの準備」を観ただけでも そんな私の「記憶の中の想い出」は やはり、長澤雅彦らしくツンツン刺激されてしまいましたから、本編では それがどんな「ツンツン」になるか 本当に楽しみでなりません。

だから、率直な言い方をすれば 他人の「楽しみ方」なんてどうでも良く 私は私の呼び起こされる記憶と共に感動したいわけでして、それは貴方達の思いとは似ているかもしれないけど共有するには無理がありますよね^^;

つまりは、そういう意味なので どうか気にしないで下さい。^^


で、せっかくの御縁なので 余計な事を ポソッと申し上げれば…

南東北の友人も「特定の男優」と「特定の女優」だけをヲタしているわけでは無いのです。

それは彼のブログの過去ログを読めば 誰にでも簡単に判る事なんだけど、いつのまにか その特定の男優と 特定の女優だけを熱狂的にヲタしている男と決めつけたコメントばかりが溢れるブログになってしまったので、心優しき彼は「特定の男優」と「特定の女優」を誉め 優しく労る記事ばかりを書こうと務めている様です。


でも、本当の彼は 鋭い視点と洞察力の持ち主だから、時には演出や脚本の不満を抱く事もある。

私の場合は「思った事、感じた事を そのまま文章にしてしまい、ともすれば 記事を読んで下さる方々の嗜好や希望など構ったりしませんが、優しい彼は「みんなで仲良く応援しましょう」というスタンスを崩そうとはしない。

これは 彼と私のスタンスの違いであって 双方が双方を非難したり否定したりする話ではありません。

が、そんな私から見ると 彼の記事の行間には苦渋と言うか、ストレスとでも言うのかな、そんな彼の思いが滲んでおり、時々 それを個人的に揶揄してあげるわけですが…


で、何故 こんな事を申し上げたのか… それは、おそらく れーめんさんの今回頂いたコメントを拝読していると きっと、れーめんさんは ちょっとしたキッカケさえあれば、その南東北のブログの行間が読める人だろうなぁ…と思ったから。

なので、老婆心マル出しではありますが ちと違った視点で彼の記事を読み直してみると 彼の記事の もうひとつ隠された魅力と面白さに気づけると思いますよ。^^


ま、本当に どうでも良い事ではありますけどね^^


あ、そうそう…

>貫地谷しほり

彼女は 同世代の女優さんと比べ 独特の感性と表現力を備えた女優さんだと私は思います。

なので、何か キッカケになる役と出会えたら もっと、素敵になると私は思うのです。

「大奥」で見せた彼女の演技・役柄から そう私は思っております。

丁寧なコメント、大変ありがとうございます。
ここからは自分の話も多々混じりますが・・・
私も、「世界の〜」の自称熱狂的ファンの一人で、勿論、ブタネコさんや「南東北の彼」ww の様な感情を持つ事もなく、単に「あの女優」が出ている、という、あまり動機の無い視聴でした^ ^;
ただ、昔から「医学部」進学を目指していた私にとって、何故「医学部進学」なのか、思い切り考えさせられたドラマでした。個人の考えは、しまっておきますが。
そんな時、takuさんの過去ログを拝見し、あの方の洞察力等に大きな衝撃を受けたのです。「この人はコレが何なのかを分かってるみたいだ」と。
彼はとても優しい人(無論ブタネコさんも)で、単なる「俳優ヲタ」で無いのも薄々感づいてました。
彼の洞察力故に、一見疑問に思わない点も、彼は指摘が出来る。
白夜行・タイヨウのうたの「白taku・黒taku」の他にも、ブタネコさんの言う「行間」が、何を意味するのか、見方を変えてみようかな・・。まだ今は漠然としかわかりませんが。

ところで、貫地谷しほりもさることながら、高部あいの「キレた」時のトーンの違いも良いですよね^ ^ バッチリ「太ももをチェック」してました(爆

★ れーめん さん

是非、良い医者になってください。

私の身近な主治医は ロクな奴じゃないもので^^;

どうも^ ^

「図書館の海」をよんだのでカキコしまつ。

で、最後に出てくる「私」の件で。

一言申し上げますと、理系の人間なので現実的に走り、全く自信はありません。
なぜなら考えの理由の殆どが「〜なら」だからです^ ^;
まぁ純粋理系生徒の考えと思って読んでいただけると幸いです。

で、本題です。
私は「私」が「みわりん」に思えるんですね。「最後のピクニック」って事は、「杏奈」や「少年」では無さそう。
さらに「2人の関係」って本文中で「みわりん」は知ってますよね。
「歩行祭での企み」はおそらく、「貴子に秘密を知ってることを教える」又は「2人に話をさせる」かな。なんて。多分前者だと思いますけど^ ^

そんな感じです。立ち読みの印象なんで不明瞭な部分をご指摘下さると大変ありがたいです。

★ れーめん さん


>最後に出てくる「私」の件で。


新潮文庫「図書室の海」の「ピクニックの準備」の中のp156~157の記述の範囲内で ブタネコが妄想した結果は…^^

おそらく、ごく一般的には この中に出てくる「私」とは れーめんさんの言われる通り、「みわりん」とするのが ごくごく自然と思います。^^

けど、私は まず、

「この二人が異母きょうだいであることを知っているのは恐らく私だけだろう」

という記述に「?」と思います。


だって、厳密には「みわりん」と「杏奈」の二人

(杏奈がアメリカに行ってしまったので 日本で知っているのは私「だけ」という解釈は成立しますけどね^^)


それと、

「そのことを知ったのは、ある偶然がきっかけだった」

と言う記述にも「私=みわりん」に疑問を感じたのです。

だって、「杏奈」と「みわりん」は 貴子の母親から偶然では無く、必然的に聞かされたのだから^^


それと、

「同じクラスになり、互いに知らん振りしている二人を眺めているだけで…」

という記述の部分でも 貴子や融だけでは無く、「私」も同じくクラスの雰囲気を感じ、「みわりん」は違うクラス…というところが引っ掛かります。^^


では、同じクラスで 偶然、二人の行動を知った可能性がいる人物で 「とても個人的な、秘密の計画」っぽい行動を取った者はいないだろうか?

「夜のピクニック」の原作の中では「私」が誰かもさることながら、「秘密の計画」として明確に記述された部分もありません。

しかし、行動的な部分を考えると 条件に当て嵌まるのが一人だけ そう、「高見光一郎」の 後半、特にラスト間際の振る舞いには 思いつきとは思えない「計画性」を感じますし、それよりも 中盤での「缶コーヒーのパーティー」は 事前からの「計画」として もっと、印象が強い。^^

なので、私(ブタネコ)は 原作の記述から類推出来る「私」は「高見光一郎」という説をウチの娘に告げたのです。

娘達の間では圧倒的多数が「みわりん」 そして、数人が「杏奈の弟」と考えたそうで「高見光一郎」はノーマークだったようです。^^


で、妄想家の私は もし、「夜のピクニック」を映画化する際に「私」を 「みわりん」では無く、高見や ともすれば、「千秋」や「梨香」に設定する事も可能と考え、その際に 巧くエピソードを構成できれば 原作を より以上に面白いモノとする可能性があると期待するものなのでもあります。^^


以上は あくまでも想像と妄想です。^^

はじめまして!随分以前から拝見していますが、初めてコメントします。
ブタネコさんのエントリーを読んで、わたしも「ピクニックの準備」を読み返してみて、「高見光一郎」じゃないかと思っていたので、うれしくなって書き込んでしまいました。ご指摘なさっている点も同感です。「夜のピクニック」の中でも実はナイーブな少年であるというような描写が出てきますし。
読んでいて想像していた高見少年と柄本くんはまた趣が違いますが、映画とても楽しみです。高見少年はお気に入りのキャラなんです。
わたしの住んでいた地域でも夜歩く会がありまして、子どもの頃に参加したことがあります。自分の体験と重なるような部分があると本当に物語って心に響いてきますね。

★ バイオリン さん

こちらこそ はじめまして コメントありがとうございます^^

>高見少年はお気に入りのキャラなんです。

私の学生時代の友人にも こういうキャラがいまして 原作を読んでいて なんか懐かしかった^^

(今じゃ弁護士やってますけどね、そいつ^^;)

今後も よろしく御願い申し上げます。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。