« 亀は意外と早く泳ぐ | TOPページへ | 運命じゃない人 »

2006年08月03日

● 雑感(8月3日)


いやぁ… ブログ初めて 脅迫される目に遭うとは思いもよりませんでした。^^;




ちょっと皆さん、聞いて下さい。


数日前の事です。


私宛の不審な郵便物が届きまして…


差出人の住所が 私には鬼門の「南東北」だし…


怖る怖る 開封すると…






なんと…、中には「脅迫状」が!!!






画像


つい先日、ちょっとした事を takuさんに頼んだんです。


そしたら、これです (ToT)


「伊豆の海の幸」とか「山の幸」を人に強請る前に…




オノレの幸を考えろ!!!


と、言っておきたい。(-.-")凸


しかし、まぁ… 私も鬼じゃない。^^


画像ぐらいで もし幸せになれるなら… 


画像画像

画像画像

(昨日と今日 私が食べたモノの実際の画像)


これ見て 目で味わっとけ^^ > taku






さて、南東北の事は どうでも良い。^^


昨夜のボクシングの試合を 最初から最後までTVで見ていた。


まぁ、確かに 結果の判定には「えぇっ?」って私も思った。^^;


で、今朝になり スポーツ新聞や朝のワイドショーなどを見ていたら 判定はオカシイと多くの人がTV局などに抗議の電話やメールを送ったとの事。


そのニュースを目の当たりにして、


「あぁ、まだ日本にも まともな人がいるんだな」


素直に そう思った。


「日本人選手が勝ったから まぁ、良いや」


というのでは無く、勝ったのが日本人であろうが外人であろうが、おかしな判定に対して「変だ」と言う… その公平感が「まとも」と感じたのだ。


どんな競技においても 審判の判定は絶対である。


審判の基準や ルールじたいが変でも、審判の判定は絶対である。


ゆえに、いろんな競技において 疑惑の判定や 明かな審判の誤審があっても、一度判定が下されれば 甘んじて受け入れる他無い。


だからこそ、審判は その判定の制度に厳密さや公正さを要求される。


例えば、記憶に新しいものだと


WBCにおける アメリカ人主審による誤審。


最近では サッカーのワールドカップにおける 日本唯一の得点が


「キーパーチャージじゃねぇの?」


前者の アメリカ人主審の判定には アメリカのマスコミですら「誤審」と指摘し、それによるアメリカのモラルを感心した。


後者のサッカーにおいては 日本じたいが呆気なく敗退したから さほど論議もされなかったが、間違って勝っていたとしても そんなに騒がれたとは思えない雰囲気を感じ「なんだかなぁ…」と思っていた。


で、昨夜の試合


亀田興毅が もし、仮に判定負けになっていたとしても 私は亀田を称えた。


それは ラスト2ラウンドでヨレながらも亀田は 前のめりの姿勢を崩さず、相手に向かっていき、何よりも目だけは闘志を失っていなかったからだ。


久しぶりに 良いボクサーの闘志を魅せてもらったと もう、それだけで称えたい… そう思っていた。


だから、逆に判定勝ちになってしまった事で それが今後に悪く作用しなければいいな…と思っていたが、今朝のワイドショーで 本人自身が そこを痛感してるコメントの多くに たいしたもんだと感心した。




さてさて、ここのところ 面白いDVD作品を多く目にし すっかり、このブログもDVD鑑賞ブログになってしまっているけれど…


実は まだ、鑑賞して記事にする準備が終わっていながら 記事にしてない作品が まだ、4本ある。


その上、明日(8月4日)から「男たちの大和」と「有頂天ホテル」が販売・レンタル開始となる。


実に 困ったモノである。^^




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2006年)』関連の記事

コメント

お久しぶりです 二回目の書き込みになると思います
ビックリしました 脅迫されたなんてどんなことだろうと
で あわててクリックしてみたら・・・・・・・・・・
なーーーんだ takuさんネタかと (´▽`) ホッ
まあ 冷静に考えればブタネコさんを脅迫する身のほど知らずの人間がいるわけもないなと・・・・・(^^;)
昨夜の試合σ( ̄。 ̄) オイラも最後まで見てましたがボクシングなんぞにはまったく興味ないσ( ̄。 ̄) オイラでも エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?なんて感じの判定でしたね

私は格闘技が大好です。
若い頃は、柔道と空手をやっておりました。
(弱いですけどw)

ボクシングも好きです、でも亀田は嫌いです。

私の経験では、柔道の試合でも、始まって1分くらいで息が上がります、
あとは気力と闘争心です。
だから、亀田が自分を鼓舞するために、試合前に相手を威嚇するのは、分かるのです。

しかしケンカではなく、あくまでもルールに従って試合をするのだから、
最低限の礼儀は絶対に必要だと思うのですが、彼にはそれがありません。
もっとも、それは周りの連中が、話題作りのためにやらしているんでしょうけど。

今回の疑惑の判定には驚きません。
バックがあの、目的のためには平気で捏造や嘘をつくTBSだから。
TBSは潰れて欲しい・・・と思うくらい嫌いです。

でも、TBSがなければ、あの神ドラマは生まれなかったと思うと・・・

僕は、ボクシングは勿論素人ですし中継も見なかったのですが、某巨大掲示板で以下の書き込みを見ました。
『世界戦の採点方法は、
1.有効な(ダメージも加味されます)クリーンヒットの数
2.攻撃を伴う攻勢
3.防御技術
4.リングジェネラルシップ
1で差がないと判断されれば2で判断され、2でも差が無いとされれば、
3で判断されます。それでも差が無い場合、4のどちらがよりリングを
支配していたか?でポイントが振り分けられます。
僕は今スイスにいてこの試合は見れていません。これはあくまで僕の予想ですが
、亀田選手はボディに有効なクリーンヒットがたくさんなかったですか?
相手は顔面にクリーンヒットが多かった。そうすれば、見栄えは相手の方が良くなります。
1の段階で差が付かなかったラウンドがあった場合、恐らく前に出て攻勢に
出たであろう亀田選手にポイントが振り分けられたのではないでしょうか?

残念ながらボクシングには特に東洋太平洋タイトルマッチでは露骨な地元判定がほとんどです。
でも、世界戦においては公平に採点されていることがほとんどなのが現状です。
もし、何か大きな力が後ろで動いていたなら2-1の判定にはならないし、
3人とも似たような僅差の判定にもならないと思います。
悲しいかな、実況の人や解説者の人にも現在の採点法を知らない人がいます。
古い時代の世界チャンプでさえテレビで平気で10対10を連発してたりするんです。
でも、今回は協栄ジムだし鬼塚選手が解説だったんじゃないですか?
彼はポイントについてどういってましたか?
彼は一番採点方法について精通しているはずです。』

スポーツ紙等、疑惑判定と騒ぐだけで詳細なルールを載せていないのも、どうかな?と思います。

今晩は、ブタネコさん。初めてボクシングを見ました。私も同じように感じましたし、応援したくなりました。それから、有頂天ホテル面白かったです^^では、また。

★ デコ さん


お久しぶりです。 覚えてますよ^^

takuさんは 良い人ですよ。

ホント、良い人です。

ええ、良い人ですってば…

きっとね…(ToT)


★ goboten さん


仰る事は判ります。^^

私の場合は、「格闘技」なので それもアリかな…って見解でしたが^^


★ 龍之介 さん


たぶん、仰りたい事は

>スポーツ紙等、疑惑判定と騒ぐだけで詳細なルールを載せていないのも、どうかな?と思います。

という事なのだろうと拝察しました。

その件は 同意できる部分もあるし、まぁ、そうですね…ってとこなんですが…


アナタの言われる某巨大掲示板が どこの何かは察した上で申し上げたいのは そこは素敵な人達による 実に有意義な情報を得られる場所ではあるけれど、匿名を最大限に利用した良からぬ書き込みの多いところでもあります。

龍之介さんが そこをどの様に有意義に利用されておられかは私には関係の無い事であり、良い意味でも悪い意味でも そこのネタを拙ブログに持ち込まれるのは甚だ迷惑です。

今回の引用文は 確かに興味深い内容ですが、その引用をコメントに持ち込み 私に何を問いたいのか? 「だから何?」って感じです。

良識のある その掲示板の方々は 掲示板内で特定のブログやサイトに言及するのは止めよう…という意識をお持ちなのと同様、私は その掲示板の記事に対しては 私のブログ内で言及する気は無く、それは 今までの記事を見れば判るはずなんだけど(そういうのを”場の空気”って言うんですよね? あそこでは^^) それが理解出来ないのなら、拙ブログには 二度とお越し頂かなくても結構です。^^

という事だけ、今回は ハッキリと申し上げさせて頂く次第です。


★ おがっち さん


「有頂天ホテル」 既に手許にあります^^

数日中に記事にする予定です。^^

申し訳ありませんでした。

★ 龍之介 さん

御理解頂き恐縮です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。