« ホンカンがんばる | TOPページへ | 水川あさみ 考 »

2006年08月19日

● 嘆きのホンカン


倉本聰が描いた「うちのホンカン」シリーズ全6話の第3話で1976年7月11日の放送。




画像

駐在地は前回と同じ「北海道千歳市支笏湖温泉」


資料の「あらすじ」を引用すると…


画像

爽やかな初夏の風が湖面を渡る6月…。


画像

画像

画像

ホンカンはシーズンを向かえた観光客とチップ釣りの規制に追われる毎日だが、


画像画像

どうやらホンカンの娘に恋人ができたらしい。


ところがその相手を知ってホンカンはなぜか絶対反対の態度を示す…


って書かれているが… 


今回の話は 警察内での「剣道大会」と「娘の縁談」


ホンカンは若い頃から剣道の腕前を誇っていたが 寄る年波には勝てず、自分でも衰えを感じてはいたが、「まだまだ若い者には負けん」という気概と 若い頃からのライバルとの対戦を楽しみに 日々、稽古を続けていた。


近々、行われる対抗戦でも署の代表選手の一人に選ばれると思い込んでいたところ 自分が選考から漏れていると 娘と嫁の会話から盗み聞きショックを受けるが…


画像画像

訪ねてきた友人(中条静夫)から 自分のライバルが妻を癌で亡くし、心のはりを失って80kあった身体が60kgに痩せ細るぐらい落ち込み 警察を退職したと聞いたり…


自分を選考から外したのは


画像画像

自分よりはるかに歳下の若いエリート課長で…


画像画像

その課長が実は 娘の交際相手で 結婚の承諾を得に訪れる。


娘を溺愛する頑固親父でありながら、警察という組織の中で上司に当たる人間を相手に苦悩するホンカン。


しかも、相手は若造で 自分を代表選考から外した人物でもあり、心中は複雑。


ホンカンは 正式に代表漏れを受ける前に「自分の年齢を考慮し、後進に途を譲る」と代表を辞退、選考から外した事を弁解する 若い課長に


「老いた男を労るのは、時に辱めるのと同じ」


と、言い放つ。


第1話から第2話 そして、この第3話へと 作品のクォリテイがドンドン上がるかの如き出来だった。


画像画像

画像画像

娘役の「仁科明子」が また、実に良く…


倉本聰のドラマには 大滝秀治が「典型的な頑固親父」として登場する事が多い。


ある人は それをマンネリだと言うけれど… 私は そう思わない。


かつて、どこにでも生息していた 昭和の典型的な頑固親父は いまや、その多くが失われ、絶滅に瀕しており 数多の役者達の中でも これほど典型的な頑固親父を演じきれる役者は多くは無い。


私は 過去に実際に出会った「頑固親父」達を 今ではこよなく理解出来るし、愛すべき存在、尊敬すべき存在として 自らも、そうありたいと思っている。


その姿を今でも見せてくれるのは この大滝秀治だけと言っても過言では無いと思うからだ。


画像画像




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『うちのホンカン』関連の記事

コメント

思えばこの仁科明子さん私は1976年の6月にNHK放送センターの101スタジオの出た所のロビーのソファーで30分ぐらい一緒に座っていました。収録の休憩時間だったかと思います。近くのスタジオでは鶴田浩二や水谷豊などがドラマを収録していたので、それに出ていたのかも知れません。とにかくきれいでした。後のも先にもあんなきれいな人は見たことないです。ソファに座って毛糸の編み物をしていました。1mも離れていなかったし、他に3人ぐらいしかいなかったので緊張して話をしたのを覚えています。

ブタネコさんへ
残暑厳しい折、お元気に更新されていて何よりです。さて今日のテーマ’頑固親父’、もうこれは死語に近いですね。我々団塊の世代、もしくはブタネコさん世代までは自分の親が幾分頑固親父の雰囲気を保っている最期の世代と言えるかも知れず、それ以降は戦後の教育のお陰で惨憺たる有様になってしまったようです。
こういうテーマをドラマで再現してほしいですね、頑固親父の目から見た世相批判や世代ギャップなんか、結構面白いと思うのですが視聴率が取れそうも無いから無理か?。昔東映の悪役で馴らした(進藤栄太郎さんかな?)俳優が破れ太鼓というあだ名で頑固親父を演じていたのを思い出しました。やくざでならした菅原文太あたりにむちゃくちゃにズレタ頑固親父を綾瀬はるかが親父に反発しながらもなつく娘を演じたら、ブタネコさんシナリオ書けるのでは?

★ neppi さん

ブログを始められてのですね^^ 

かねがね、neppiさんから頂戴するコメントは 私の記事に対するものと言うよりも、neppiさん御自身と 私が記事にした作品との関連にのみ触れておられましたので 御自分でブログを始められれば きっと、面白いブログになるだろう…と、思っておりました。

陰ながら応援させて頂きます。 頑張って下さい。^^


★ タンク さん

>こういうテーマをドラマで再現してほしいですね

私も ホント、そう思います。

「寺内貫太郎一家」とか 最近になってDVD化され 密かな人気と聞きました。

もしかしたら、時代が欲しているんじゃないか?とさえ思います。

(私は 家庭内で干されてますが… (ToT))


最近、北海道では「できちゃった結婚」主演;竹野内豊、広末涼子が再放送されてるんですけど、
この中で千葉真一が実に良い頑固親父ぶりを発揮していて 毎日、見ております。^^

 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。