« ブタネコの「頑固親父」 | TOPページへ | 優しい時間 第6話 »

2006年08月29日

● 佐藤めぐみ 考


女優「佐藤めぐみ」を考えてみた。




私が「佐藤めぐみ」に目を惹かれた最初のドラマは『H2


画像画像

石原さとみの同級生役だった。


物語冒頭は ありがちな脇役という感じだったけど、後半になるに従い わりと意味のある役として台詞やシーンが増え、そのぶん気を惹かれる事となる。


「佐藤めぐみ」は後に 舞台版「世界の中心で、愛をさけぶ」の亜紀役を好演し、次に 私が彼女を目にしたのは『銀のエンゼル』という映画。


画像

この映画では主人公の娘役として 殆ど主役に近い役であり、台詞もシーンも多いが 多感な年頃の女の子を好演している。^^


この後、TVドラマだと「花より男子」 映画では「天使」でも好演しており…


なんと言っても絶品は『ピーナッツ』という映画。


画像

この映画における「佐藤めぐみ」は とても素晴らしい。


本人には心外かもしれないけど、「佐藤めぐみ」は主役より、準主役とか 重要な脇の時の方が輝くと思う。


ちょっと心配なのは 現在放映中のとあるドラマで


画像画像

画像画像

わりと重要な脇を務めているけど この作品での「佐藤めぐみ」はオーバーアクションを演出に求められている様で 本来のポテンシャルを発揮できずにおり、次への肥やしにもなりにくい、むしろ そのオーバーアクションを次の作品でも求められるような演技の幅が狭くなると危惧するばかりだ。


というのは あまり話題にはならなかったが、2006年4月5日にフジ系で放送された


画像

『Cupsule~カプセル』という単発ドラマがあり、彼女は それで主役を演じている。


物語は洋画の「CUBE」やTVドラマ『極限推理コロシアム』と似た系統で 


画像画像

ある日、突然5人の男女が それぞれ4つのモニターといくつかのボタンが付いた操作パネルのある個室に閉じこめられる。


画像画像

何故、そこに閉じこめられたのかは不明で そこから脱出する方法も最初は判らない。


画像画像

しかし、他の4人とモニターを通じて会話をする事は可能で 情報を交換していくうちにそれぞれが自分の部屋のボタンを操作することで 別の人に投票する事が出来、本人以外の他の人達全員から投票されると


画像

その人の部屋にはガスが放出され死亡する。


つまり、最期に一人生き残った者が脱出するチャンスを与えられるらしい…という事。


さて、この作品での「佐藤めぐみ」は


画像

最初は元気なんだが…


画像

物語が進むうちに…


画像

生気を失い


画像

疲れ果て…


画像画像

やがては狂気さえ帯び…


画像




この作品での「佐藤めぐみ」には全くオーバーアクションは無く、淡々と進む物語の中で徐々に変化していく様を見事に表している。


しかも、終盤の狂気すら浮かべる表情は なかなか見事で、以前、内山理名が「かまいたちの夜」というホラーで 見事な演技を見せたのを思い出す。


つまり、佐藤めぐみにも 充分に内山理名と匹敵するポテンシャルがある…


そう私は確信したのだ。


だから、願わくば つまらん演出家や脚本に汚されず、もっと幅のある女優へと成長して欲しい…と、願うばかりなのだ。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『佐藤めぐみ』関連の記事

コメント

「冬空に月は輝く」って後から考えると
TV版と舞台版の亜紀が共演してたんですね。
沢尻さんも出演してたし。お宝ドラマですね。

★ やじ さん

>お宝ドラマですね。

そうですね^^

ブタネコさん こんにちは!
佐藤めぐみさん 中々可愛いですよね^^
彼女を初めて見たのは金八先生でした。
当時娘達が毎週欠かさず見ていて、つられて一緒に見ていました(^^;)
ポジション的には未だそれほどではありませんでしたが、
周りの生徒に比べてひときわ大人っぽくて綺麗だなっていう印象がありましたね^^
未だ若いせいか丸顔っぽいですが、大きな瞳とともにかなり綺麗な女優さんになるような気がします。

★ Nob さん

ども、残暑お見舞い申し上げます^^

>未だ若いせいか丸顔っぽいですが、大きな瞳とともにかなり綺麗な女優さんになるような気がします。

ええ、キリンに生まれ変わって 首を長くして そんな日が来るのを楽しみにしております。


ブタネコさんコンニチワ^^
 私はとあるドラマで佐藤めぐみを嫌味のないまっすぐで気持ちのいい演技をするなあ~と
好印象をもってたんですが、それって彼女の魅力の一端にすぎなかったんですねえ。
ピーナッツも観てみたいと思ったんですが、Cupsule~カプセルのほうに非常に興味をそそられるんですが、
DVDとかって出てないんですねToT)
とあるドラマ一応は観ておられんですね^^驚きました
>つまらん演出家や脚本に汚されず、もっと幅のある女優へと成長して欲しい
激しく同意です、それに利用される様を観せられるのも勘弁してほしい

★ K さん

>それって彼女の魅力の一端にすぎなかったんですねえ。

あんなものは 佐藤めぐみをわざわざ使うほどの演出では無いですね^^

>ピーナッツも観てみたいと思ったんですが、

良い映画ですよ ピーナッツは^^

>DVDとかって出てないんですねToT)

へへ、秘蔵VTRです^^

>とあるドラマ一応は観ておられんですね^^驚きました

え?何の事でしょう?

喋り出すと くさす以外の事を言いませんので触れないで下さい。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。