« 総理と呼ばないで | TOPページへ | ランチの女王 第5話 »

2006年08月15日

● アドレナリン ドライブ


1999年公開の映画で 監督は「ウォーターボーイズ」「スウィングガール」の矢口史靖




画像

この作品を初めて見たのは 真夏の気だるい午後にWOWOWだったのを 良く覚えている。^^;


正直言って、あまり良い印象を抱けず 見た事だけは覚えていたが、中身はすっかり忘れるほどの程度の印象だった。


で、この作品を二度目に見るキッカケは 


画像

主役が「安藤政信」だったから。


物語は

画像

画像

レンタカー会社に勤務する さえない青年(安藤)が、上司と共に車で走っていて ヤクザの車に追突する。


画像

画像

画像

そのヤクザ(松重豊)に 事務所に連れて行かれた安藤だったが…


画像

突然のガス爆発に助けられ…


画像

たまたま休憩時間に 近所のコンビニに居合わせた看護婦(石田ひかり)と出会う。


画像

画像

画像

安藤と石田は 重傷の松重と共に救急車で搬送されるが…


車内で暴れる松重に車から蹴落とされ…


救急車は川に落ちて水没。


その時に 組事務所から持ち出していた2億円を持って 二人で逃走する。


って感じが冒頭のあらすじ。


この作品は 石田ひかりのファンには とても良い作品なんだろうと思う。


画像

画像

画像

画像

画像

石田ひかり独特の ポヤ~ッとした雰囲気が溢れているからだ。


しかも、金を手にしてからは


画像

服を買い、


画像

野暮ったい眼鏡をコンタクトに換え


画像

髪を切り


画像

オシャレになる… こういう女の子のステップアップは見ていて楽しい。


が、私にとって重要な点は


こういうポヤ~ッとした女が大嫌いなのである!!!


で、こんな女に


「お休みの日は ボ~ッとしてるのが好きなの」


とか、


「デートに行くなら… 海が見たい」


なんて 言われると、ムカ~ッときて まさに「アドレナリンドライブ」状態になる。


いいか、よく聞け


ウチの嫁なんかなぁ…


俺が 居間でボ~ッとしてたら


「何、ボ~ッとしてるの?

 今からボケ老人になる練習?

 私、介護は嫌よ。


 ボケても無意識に 自分で紙パンツ取り替える様に今から躾しとく?


 嫌なら、お風呂を洗うなり 庭掃除なりしてくれる?


 それだったらボーッとしながらでも出来るでしょ」


って言うんだぞ?


俺は… 俺は そんな嫁が






大好きなんどわぃ!!!




( それも躾られたせいなのか? > 俺 ) orz








あ、すいません^^;


取り乱してしまいました。


そう、だから 石田ひかりは好きになれず、同じ理由で大竹しのぶも嫌いなんだ。


まぁ、そんな事は どうでも良い。


画像

この洗車場でじゃれ合うシーンは なかなか良い。

画像画像

松重のターミネーターぶりも まぁ、笑って許そう^^;


画像

画像

画像


画像

画像

安藤政信が良かったから 全て許そう…


って解釈は 残念ながら私らしく無い。^^


ちと、冷静になって語るけど…


この作品の監督が この後、「ウォーターボーイズ」「スウィングガール」という2本の作品で私を虜にした「矢口史靖」の作品だというので 第一印象は悪かったが、再見したわけだ。


まぁ、どんな監督でも10本撮ったら その10本全てが素晴らしい出来…なんて事は無い。


中には、「何だこりゃ?」って出来の悪い物が混じっても それはそれで仕方が無い。


面白い物で この「アドレナリン ドライブ」を高く評価する人もいれば、しない人もいる。


ただ、どちらにも わりと共通している感想は「前半は とても面白いけど 後半がね…」と、いわば「尻すぼみ感」が否めないという事。


で、思い切って言ってみたいのは 私は映画監督としての「矢口史靖」は とても有能だと思うが、脚本家としての「矢口史靖」は ちと物足りないと思う。


「ウォーターボーイズ」「スウィングガール」という2本は 脚本的には2の次で評価出来るし、された作品だったが この「アドレナリン ドライブ」の様な作品だと演出もさることながら脚本の妙も必要となる。


しかも、監督・脚本 双方に失敗すると映画研究会の素人映画の域に落ちやすい。


そんな危険性を ついつい心配してしまう今日この頃だ。^^;


で、ついでに付加しておくと


画像

知らなかったんだけど、「ジョビジョバ」って2002年にグループとしての活動を停止してたんだね…


個人的に 大好きだったんで、残念だなぁ…




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『安藤政信』関連の記事

コメント

いつも楽しく読んでます。初めてコメントを残します。

私もこの間安藤目当てでこの映画を見ました。
尻つぼみ、同意します。
特に後半からは、話が散漫としてきたって感じしませんでしたか?。
石田ひかりが変身してからは、どちかというと追っ手側中心で、
しかも人数が多いから、話をとっとと進めようとして詰め込みすぎたって感じがしたんですが・・・。

またコメントを残すかも知れませんが、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは. セミの勤勉ぶりに少々自戒しながらも,ちょっと涼みに
きました. 「アドレナリン―」を書きましたね.
いつもながらその精度と,同じような妻女を持つ身として少々親近感が
芽生えつつあります….
先日,「スウィング―」で遊びに来た時に,矢口さんを職業監督といった
のは,まさに同じ見地からでした. この作品はタイトルほどドライブして
いないというか,「裸足のピクニック」の延長にある感じですね.
「裸足―」の方がそういう意味ではドライブしてましたし,それはその時と
今とでは許されることが違うとも言えるわけで単純に比較とできませんが,でも
おそらく「ウォーター ―」あたりで監督自身そのことに気づかれたのでは
ないでしょうか.
その上で適材適所を実行するには,矢口監督のよき理解者が現れるかどうか
にかかっていると思います.良しきにつけ悪しきにつけ,内外問わず,
インデペンデント出身者は,脚本監督の2本柱がステイタスになっていますし….
北野監督の森さん,宮崎監督の鈴木さんみたいなパートナーの出現があれば,
その昔で言えば,山本薩夫や増村保造のような職業監督になっていくのではと
思うところです. それではこの辺で.

追伸,小生サイトのリンク集にて貴ブログを掲載させて頂きました!
今後ともよろしくお願いいたします.

こんにちは。本日2回目のコメントになります。

>こういうポヤ~ッとした女が大嫌いなのである!!!
初めて知りました^^;

あの~。愚問ゆえに御気に触るかもしれないのですが・・・
綾瀬はるかちゃんって、ご本人様の素のキャラクターが
ちょっとポヤ~ッっとしてませんか?
私は個人的には、その辺も可愛いなと思っていますが。
素のキャラクターがああいった感じの方が、唐沢雪穂
のような役を演じたことに乾杯・・・という感想を持っていまして。
なんか、すごいヒャッホイ発言で恐縮です^^;

★  mani さん

初めまして、コメントありがとうございます。^^

>特に後半からは、話が散漫としてきたって感じしませんでしたか?。

ええ、そう感じました。^^

>話をとっとと進めようとして詰め込みすぎたって感じがしたんですが・・・。

折角、出演していたジョビジョバですが、なんか「イラネ」って感じも正直ありました^^;

>またコメントを残すかも知れませんが、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

ええ、御気軽に 是非、どうぞ^^


★ ゴーシュ さん

>先日,「スウィング―」で遊びに来た時に,矢口さんを職業監督といった
>のは,まさに同じ見地からでした.

なるほど^^ よく判ります。^^


>おそらく「ウォーター ―」あたりで監督自身そのことに気づかれたのでは
ないでしょうか.

そうかもしれませんね^^ なんとなく、理解出来ます。^^

>パートナーの出現があれば,その昔で言えば,山本薩夫や増村保造のような
>職業監督になっていくのではと思うところです. それではこの辺で.

う~ん なんとも言えませんが その可能性は高いと私も思います。

>追伸,小生サイトのリンク集にて貴ブログを掲載させて頂きました!
>今後ともよろしくお願いいたします.

ありがとうございます。

早速、当方もBlogPeopleに登録させて頂きました。

こちらこそ、今後ともよろしく御願い申し上げます。


★ しき さん

>あの~。愚問ゆえに御気に触るかもしれないのですが・・・
>綾瀬はるかちゃんって、ご本人様の素のキャラクターが
>ちょっとポヤ~ッっとしてませんか?

すいません^^;

綾瀬はるかを見ると 私がポヤ~ッっとしてるので 良いんです。^^ 彼女は別格です。^^

>すごいヒャッホイ発言で恐縮です^^;

良いんです^^ 私もヒャッホイですから^^

ブタネコさん、ついにアドレナリンドライブですか!ありがとうございます!!
後半が、尻すぼみ・・・ですか。確かに、盛り上がりの割りに、あっけなく終わったという感じはありましたね。
でも・・・でも・・・・若くて可愛い安藤くんが観れるので、私としては大満足なんですけど!
すいません、ミーハーで。^^;

★ あかり さん

>すいません、ミーハーで。^^;

よろしいんじゃないですか^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。