« め組の大吾 7-9話 | TOPページへ | のど自慢 »

2006年08月13日

● 相武紗季 in 「ほんとにあった怖い話」♪


死霊… あ、失礼 資料によると2004年1月24日にフジ系で放送されたオムニバスの1話


  【注意1】この記事内には心霊写真の画像がありますので、嫌な人は見ないでね

  【注意2】この記事内にレガッタ5話の記事がオマケで含まれています。




画像画像


どんな内容だったっけ? と、フジテレビの公式サイトを覗いたので そこのあらすじを引用すると…


部活に夢中になり、塾の模擬試験のことを忘れていた


画像画像

松本慶子(相武紗季)は、自転車を飛ばして塾へと急いでいた。


普段は通らない並木道を通り抜けようとした慶子は、やがて公園にさしかかった。


画像

すると、突然自転車のチェーンが絡まってしまう。が、自転車を降りて調べてみても、どこも故障していなかった。その時、誰も乗っていないのに公園にあったブランコが軋み、大きく揺れだした。


画像画像

するとそこに、古いカサとみのをまとった一行の姿が…。


画像画像

画像画像


って あれ?


「あらすじ」もそこで終わりだけど 映像も そこで終わりかよ?


画像画像

気づいてみたら そこは病院。


「でも、あれは本当にあった事なんです…」


って おい!!!


これじゃぁ、キャンタマ袋が縮み上がるような震えはこない… orz




で、ふと思ったのは 気のせいか今年は「怖い」番組が無いなぁ…


画像画像






これぐらい「ひぇぇぇぇぇぇ」って叫べれる番組を(出来ればアンビリバボーで)やってくれないかなぁ… なんて思う。




あ、そうそう… 忘れるところだった。^^;


画像

レガッタ 第5話を見た。


画像画像


画像画像


画像画像


まぁ、相武紗季PVとして見てるんで 今週も「サキちゃん 大人になったなぁ…」と眺めてるだけのつもりだったんだけど…


見終えた今、相武紗季ヲタとして どうしても一言、言っておきたい事がある。


それは…


松田翔太よ テメェ、仕事の上での事とは言え、相武紗季にチューしやがって コノヤロウ…


でもな、俺は野暮は言わねぇよ 野暮は言わない代わりに だからこそ、言っておくぞ






良い役者に成長しろよ




アイブちゃんのチューを無駄にすんじゃねぇぞ… (ToT)


以上。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『相武紗季』関連の記事

コメント

注意書きあったのに見たい気持ちが勝っちゃって、見ちゃいましたw
「ひえーーーーー!!!」ってなりましたw(自業自得ですね、ハイ)


<< 管理人権限で1行削除しました >>

ブタネコさん今晩は☆

 夜分すみません。
遅くなりましたが、80万ちょい過ぎちゃってたヒットおめでとうございます。
暑いな~と思っても、すぐに秋めいてしまうんでしょうね。
 以前の記事で、ブタネコさん『CMNOW』を定期購読するようなコと書いていたような・・・うろ覚えですがw
最新号相武さん表紙で、DVDつき!中には、はるかちゃんのポカリがいろいろ♪すごい一冊まるごとブタネコさんごのみの仕上がりです。
80万ヒットのお祝いに、知ってると思うけどお知らせします。(本当は、送るんですよねw)

★ らいち さん

>自業自得ですね

そうですね。

ところで、らいちさん 先日、別記事に頂いたコメントへのレス 読んで頂けましたか?

余所がどうかは知りませんが、このブログは アナタの日記コメントを受け入れるブログではありません。

アナタの 記事に無関係で意味不明なコメントは 申し訳無いけど、今後受け付けませんので
御承知おき下さい。


★ エメラルド さん

温かい御言葉ありがとうございます。^^

>「CMNOW」

ええ、今では愛読書です。 癒されます。^^

>暑いな~と思っても、すぐに秋めいてしまうんでしょうね

お盆が過ぎたら一雨毎に寒くなる…と申します。

あと数日で 秋の予定です。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。