« ビッグマネー 第10話 | TOPページへ | ビッグマネー 第11話 »

2006年07月30日

● HERO SP


ちょいと、遅くなったけど『HERO SP』について語る事にする。^^;



画像


いやぁ… 正直言って この作品を見始めて間も無い時点で 私は涙ぐんだ。


それは悲しいからでも、つまらないからでも無い。


画像画像

綾瀬はるかが 母親を失い、健気に一家を支える長女とか、生後間もなく別の女の子と入れ替わってしまい、殺人犯の父親を健気に助ける娘とか、幼い時に売春をさせられ母親を殺す…なんて不幸な女の子の役では無く、新たな役柄を演じているのを目にしたからだ。


たしかにTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」の廣瀬亜紀という難しい役を見事に演じ、大きな感動を与えてくれたのは絶対に否定しない。


しかし、だからと言って 不幸な女の子役ばかりを演じるのは、それらをどんなに見事に演じて見せても 最初の一作目が頂点の極みであれば、飽きられるだけだし マンネリにもなる。


しかも、そんな事をお構いなしに二匹目、三匹目のドジョウを狙うような つまらんTV局やプロデューサーの 単なる営業政策に わざわざ犠牲になる必要は無い。


「水戸黄門」とか「渡る世間は鬼ばかり」なんてのは たしかに根強いファン層がいるのかもしれないが、私は ここしばらく新シリーズが始まっても 見た事も無ければ、見ようと思った事も無い。


その理由は簡単、マンネリだからだ。


そんなマンネリがお得意のTV局ならではの マンネリ制作にはいい加減ウンザリなのだ。


で、綾瀬はるかが純愛モノのヒロインを見事に演じる女優なのは充分に判ったし、見事に演じきれるからと言って、それだけやってれば良いというものでは無く、いい加減、違う役柄を見たい… そういう願望が


画像画像

うどんをすすりながら、東京への憧れを語るミーハー娘…


画像画像

そうそう、そういう軽めの女の子役も 見たかった役柄のひとつなんだ…


そう思ったら 嬉しくて泣けてきたのだ。(ToT)


画像

ありがとうフジテレビ(株でも儲けさせて貰ったし… あ、まだ少しだけ株持ってるよ)


画像画像

そうそう、こんな笑顔が見たかったんだ(ToT)


画像

「あ~ クールビズ、東京じゃみんなそうなんだ」


無邪気にそういう姿… ダメだ、もうそれだけで泣けてくる。(ToT)


画像画像

久利生の歓迎会で酔った姿を見せるりり子(綾瀬)


このシーンでも「オーマイガッド」ってくらい泣けてくる。(ToT)




普段は言わない事にしてるんだけど 今回ばかりは無礼講って事で言わせて貰うが…


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」で 綾瀬はるかが演じた廣瀬亜紀という女の子に 私は個人的事情で 私の良く知る、とある女の子の事を重ねて見てしまったのが 私の「セカチュー症候群」の最たる病因


で、どうしても綾瀬はるかを見ると 廣瀬亜紀を思い出し、「亡き友」の姿を思い出す。


特に、考える事じたいナンセンスと言われればそれまでだが…、


「もし、亡き友が病発せず、元気なまま成長したら どんな女性になっていたのだろう?」


ついつい、そんな事を考えてしまった事がある。


で、重ねてしまうのはおかしい事だと自分でも判っているのだが、TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」以降、ことごとく不幸な役ばかりの綾瀬はるかを見るにつけ


「そうじゃないんだ、あの娘は 明るく元気な女の子になったはずなんだ」


ついつい、そういう想いを重ねてしまってたんだなぁ…


だからこそ、

画像画像

画像画像

画像画像

喜怒哀楽をハッキリと表す りり子の様な姿を追い求めていたのかもしれない(ToT)


だからこそ

画像画像

「うわぁ… 元気に自転車漕いでるよ」と涙し(ToT)


画像画像

画像画像

憧れの東京を目の当たりにして 無邪気にはしゃぐ様に絶句する。(ToT)


そうなんだよ、亡き友も きっとこうだったはずなんだ…


そう思ったら 無性に泣けて仕方が無かった。


だから、本当なら観た直後に記事にするはずなのに ちょうど、放送日に旅行中だったから…とか、ネット環境が無かったから…とかなんて理由だけでは無く、落ち着いて物語に入り込める精神状態では無かったのだ。


が、帰札して じゅうぶんに落ち着いた今、あらためてじっくりと見直したわけだが…


画像画像

画像画像

やっぱ、中井貴一は 巧い役者だなぁ…


長台詞の中で きっちりと抑揚をつけ、説得力のある話に仕上げた様は 大いに評価をしたい。


画像

「亡国のイージス」という原作を活かしきれず、クソ映画の一歩手前に終わった作品の中で 北朝鮮工作員のリーダーとして「これが戦争だ日本人」と 冷徹に言い切り、その後の長台詞で見事に映画を締めて クソ映画にせずに、「一歩手前」にとどめたのも やはり中井貴一の見事な演技だった事を思い出す。


また、HEROの 前回のTVシリーズを見た人じゃなければ

画像画像

画像画像

画像画像

この辺のシーンの 深さは判らないかもしれないが、それでも やっぱ「HERO」は面白い。


画像画像

こんな綾瀬はるかも見れたし… なによりも


画像画像

画像画像

こんな姿は 本当に、見てるこっちまで ほのぼのと嬉しくなる。


なんとなく、エンディングから 連続シリーズの続編が制作される様な予感がし、それはそれで楽しみだが であれば、どうか「綾瀬はるか」もキャスティングして欲しいと切に願う次第だ。


あ、そう言えば…


画像画像

どうして、良い作品の時に限って こんなどうでも良いテロップが流れるのかねぇ…


「中田もよぉ、この「HERO SP」見てから引退発表するぐらいの気配りをしろよ!!!」


と、思ったのは 私がサッカー嫌いのせいです。^^;




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『HERO』関連の記事

コメント

ブタネコさん、おはようございます。
>観た直後に記事にするはずなのに 
先越されちゃった^^; 私もゆっくり、じっくり、まったりと語りたいです^^
>違う役柄を見たい… そういう願望が
激しく同感!!!
>「綾瀬はるか」もキャスティング
同感!!同感!!
>「中田もよぉ、この「HERO SP」見てから引退発表
わたしにとってはHERO SPのほうが重大事件でした

待ってました。この記事を!
綾瀬はるかちゃんの普通な女の子の姿を見れたということが、まず嬉しい!
可愛らしい顔の女優さんが、そんなことを気にせずに見せてくれた顔芸が凄く嬉しい!
そんなアホ丸出しだったしきでした^^;
是非とも続編を希望していますが・・・、某木村さんのご機嫌ひとつでしょうか??

ちなみに、現在フジで放送中のチアリーディングのドラマを見て、
「こんなにブレイクしてないなら、はるかちゃんもこのドラマでてたかなあ・・・」なんて想像し、
世の中の男性たちの反応が面白そうだと思ってしまう私は、文句なしに変人です^^;

ブタネコさん、HERO SPのレヴューありがとうございます。
ストーリーも面白かったし、はるかちゃんの魅力をいっぱい引き出してくれたドラマなのに、ブログでレヴューする方が意外に居られなくて、寂しく思っていたところです。
各所で見せてくれた無邪気な顔芸も良かったですが、「表参道ヒルズまでお送りしましょうか。」という警官の申し出に、「いえ、そんな所に行っているひまはありませんから。」と辞退する時の、生き生きとしてきりっとした表情が、私的には一番のつぼでした。
頼朝が西国山口に居て(鞍馬寺の牛若の導師も居ましたが)、重盛・知盛の平家勢が東国に居るのはこれいかに、と思ったのは、大河ドラマフェチの私だけでしょうか。

★ K さん

>先越されちゃった^^; 私もゆっくり、じっくり、まったりと語りたいです^^

そう言われても 放送から随分、日が経ってますんで…^^;

>わたしにとってはHERO SPのほうが重大事件でした

と言うか、サッカー嫌いの私としては こんな間の悪い真似ばかりしてるから 肝心なシュートも
決められないんだyo なんて思うばかりです。^^;


★ しき さん

>綾瀬はるかちゃんの普通な女の子の姿を見れたということが、まず嬉しい!

ですね^^

>可愛らしい顔の女優さんが、そんなことを気にせずに見せてくれた顔芸が凄く嬉しい!

ウンウン、その通り!!

>ちなみに、現在フジで放送中のチアリーディングのドラマを見て、
>「こんなにブレイクしてないなら、はるかちゃんもこのドラマでてたかなあ・・・」なんて想像し、
>世の中の男性たちの反応が面白そうだと思ってしまう私は、文句なしに変人です^^;

出てないでしょうね^^;(年齢的に)


★ Wolfy さん

お久しぶりです。^^ お元気でしたか?

>ストーリーも面白かったし、はるかちゃんの魅力をいっぱい引き出してくれたドラマなのに、ブログでレヴューする方が意外に居られなくて、寂しく思っていたところです。

そうなんですか? ま、理由は なんとなく想像つきますが…^^;(Jがらみですからね^^;)


>各所で見せてくれた無邪気な顔芸も良かったですが、「表参道ヒルズまでお送りしましょうか。」という警官の申し出に、「いえ、そんな所に行っているひまはありませんから。」と辞退する時の、生き生きとしてきりっとした表情が、私的には一番のつぼでした。

ええ、そこも確かに良かった。^^

なにもかも良かった。


>頼朝が西国山口に居て(鞍馬寺の牛若の導師も居ましたが)、重盛・知盛の平家勢が東国に居るのはこれいかに、と思ったのは、大河ドラマフェチの私だけでしょうか。

義経や弁慶が出なくて良かった… そう思う次第です^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。