-->

« ビッグマネー 第8話 | TOPページへ | ビッグマネー 第9話 »

2006年07月28日

● 雑感(7月28日)


昨日(今日もだけど)の札幌は暑かった…^^;




画像

愛車の外気温計で33度と言えば、札幌じゃ充分すぎる程の夏日。^^;


本州に比べ湿度が少ないぶん、陽射しが痛く感じるのが北海道の夏だ。


大学生の姪が夏休みに帰郷すると聞き、娘が車で千歳空港まで迎えに行くのについて行った。


まぁ、私の主治医である「二代目開業医」に言わせると 人間は毎日、適度に陽の光りを浴びる必要があるのだという。


たとえば、不眠症とか 偏頭痛とか 肩こりとか… そういう人は陽を浴びた方が良いのだという。


特に不眠症の方には お奨めなんだと。


まぁ、いつも「家庭の医学大百科」を片手に まともな医者のフリをしている奴の台詞なんで どこまで、ホントなのかは判らない。^^;


「植物が光合成ってのをするべ? アレと同じよ 人間も光合成するんだわ…」


そう言い添えたのを思い出し、「う~ん」と唸る私。


が、クソ暑い日ではあったけど こういう日を味あわなければ夏が来たとは実感できないわけで…


北海道に戻ってきた姪の第一声は


「ラーメンが食べたい それも塩味の!!!」


そこで、昔から我が家が食べに行く馴染みのラーメン屋に行き


画像

塩ラーメンを食べる。


考えてみれば 心臓を壊して以来、まともに塩ラーメンを食べるのは初めてかもしれない^^;


すりおろしたニンニクをタップリ放り込み、クソ暑い日にクソ暑い店内で汗をかきながら 熱いラーメンをすする… これぞ、醍醐味と言わず 何と言おう。^^


食べ終わって満足した姪は


「ず~っと食べたかったんだけど 東京のラーメンは食べたくなくて…

 札幌に帰った時の楽しみにしてたんだ…」


その気持ちは よく判る。(ToT)


だって、私も そうだったんだ。


東京のラーメンが悪いわけでも不味いわけでも無い。


生まれ育って慣れ親しんだ「ラーメン」では無い…って事。


さて…、どうでも良い話だが ちょいと触れておく。


よく、道外から来た友人が


「美味いラーメンが食いたい。 美味い店に連れてけ」


と言う。


札幌は ラーメンのメッカだから、たしかに名店は多い。


でも、どんなに有名店であっても 口に合うか否かは その人の味覚の問題である。


個人的意見を言えば


「”すみれ”は昔は美味かったけど、今は行かない」


「”じゅんれん”は一度行ったけど、二度と行かない^^;」


「”ごじょうげん”や”さんとうか”は悪くないけど とんこつだからなぁ」


私は 基本的にアッサリとした「昔風しょうゆ味」が好きなのだ。


つまり、同じ札幌っ子として育ったとしても 何味のどんな風味が好きなのか? その結果、どこの店が美味いと思っているか? なんて事はあまりにも千差万別だって事を 札幌っ子は知っている。


だから、「美味い店」と聞かれても 他人に美味いと思わせられるか否かは自信が持てないのだ。


その場合、有名店に連れて行くのは たしかに無難ではある。


結果的に美味かろうが、不味かろうが


「俺、札幌の@@@って ラーメンの本店に行って来たぜ」


道外から来た人にしてみれば それだけでも話のタネが出来るから それも良かろう。^^


しかし、札幌っ子としては「美味い店」=「有名店」では必ずしも無いから納得がいかなかったりするんだな^^;




さて、夕方前になり 嫁から


「ネコ缶の買い置きが少なくなってきたから 買いに行きたい」


と言われ、運転手兼荷物持ちとして招集された。


「ネコ缶」とは ネコの餌の缶詰


しかしねぇ…


画像画像

画像画像

ネコ缶を買いに行くたびに思うんだけど 年々、種類が増え しかも、「新製品」のオンパレードなんだよね


しかも、最近はバリエーションまで凄まじく 以前の「普通の缶」に対する「幼猫用」に付随して 今では


「7歳以上のシニアキャット向け


要は「老人食」まであり^^;


その分野の新製品が 次々と増えている。


しかも「ビタミン○配合」で 年寄り向けに「内容物が軟らかい」^^;


画像

この画像じゃ判り難いかもしれないが 上の画の4つのネコ缶の右上のものなんて


「アガリクス」入りなんです… orz


(注:アガリクスとは…


   画像

という 近年に癌に効くって噂で騒がれたキノコの事)


もう、至れり尽くせりである。


我が家の3匹の猫のうち 2匹はもう7歳をとっくに越えているので まさに、うってつけではあるのだが…


嫁が 数多ある商品群から まず、初めて見る新製品をチョイスしカートのカゴに放り込んでいく。


「もう、同じネコ缶を続けてやると すぐ飽きちゃって文句を言うのよね…

 だから、まず、目新しいモノを試すの」


そして、3匹の猫 それぞれが好んで食べるネコ缶をカートのカートのカゴに放り込んでいく。


で、私は それに付き合いながら


「お? これ新製品だな 凄ぇ アガリクス入りだってよ」


と言えば


「へぇ~ じゃぁ アナタのぶんも買ってけば?」


と言う嫁 orz


「へぇ~ 緑茶成分配合でウンコが匂わないだって」


と私が言えば


「アナタ、毎日 抹茶飲んでる割には オヤジ臭いわよね」


と言う嫁 (ToT)


「焼き鰹缶だってよ 贅沢だなぁ…」


と私が言えば


「猫にヤキモチ焼いてどうすんの?」


と言う嫁  (・。・;) ぇえ?


( コイツだきゃ ホント、ああ言えば こう言う…(-.-")凸 )


そう思った時だった。


横で私達と同じ様にネコ缶を物色していた夫婦連れの旦那が


「高いなぁ… こんな高いネコ缶買わないで 飯に味噌汁ぶっかけたネコマンマで良いじゃ無ぇか?」


と言い それに対して妻の方が


「アナタがタバコ止めれば なんの問題も無いわよ」


と、一喝


セコイ話だが 1缶平均100円(90円~120円なんで)とすると、1匹につき 朝と晩で1缶づつ 3匹で一日6缶食べる我が家の場合 一日600円が消費される。


まぁ、その妻の言い分も判らなくも無いが…^^;


そう言われた旦那が


「俺のタバコと ネコの餌を一緒にするな」


と反論し、そこからどんどんと夫婦喧嘩が始まった。^^;


恐る恐るウチの嫁を見ると 嫁の瞳に怪しい炎^^;


しかし、黙々と かつ テキパキと次々に物色した缶をカートのカゴに放り込み それを終えると


「帰るわよ アナタ」


と、私を促す。


祭り好きの私としては もう少し、夫婦喧嘩の行く末を眺めたいところだったが、嫁に逆らうと我が家が「祭り」(血祭りとも言う orz)になってしまう(ToT)


帰りしなに、私が嫁に


「なにも あんなとこで喧嘩しなくてもいいのになぁ」


と言うと 嫁曰く


「あのウチが飼ってるの ネコで良かったわね」


その台詞の意味が判らず「なんで?」 と聞くと


「だって… 夫婦喧嘩は犬も食わないって言うじゃない?」


そう言って「オーッホッホ」と 独りでウケて高笑いの嫁


しかも、引きつっている私の表情を 横目で睨み


「笑えないの? ア・ナ・タ」


と、恫喝。 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


思わず私は 西の空を指差し


( これ、ホントに昨日の札幌の夕陽です )


「オマエと見る夕陽って なんで、格別に目にしみるんだろうなぁ…」


すると嫁は


「じゃぁ、夕陽に向かって走るか叫ぶかすれば良いじゃん」


と言い、それに対して 表面上は最大級に優しい笑顔を浮かべ沈黙の私。


でも、心の中で


「ブログで叫ぶ事にします」


と、誓った私でもあった。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ブタネコ家』関連の記事

コメント

>陽射しが痛く感じるのが北海道の夏だ

痛く感じるのは 近所の奥様の視線だったりして ( ̄w ̄)プッ

>そこで、昔から我が家が食べに行く馴染みのラーメン屋に行き

この塩ラーメン 旨そう!( ゚Д゚)タベタイ・・・

>要は「老人食」まであり^^;
その分野の新製品が 次々と増えている。
しかも「ビタミン○配合」で 年寄り向けに「内容物が軟らかい」^^;

w(゜o゜)w オオー! “豚猫” 用にピッタリじゃん!(・∀・)ニヤニヤ☆\(-.-メ)バキッ

★ taku さん

>この塩ラーメン 旨そう!( ゚Д゚)タベタイ・・・


旨いよ


好みは人ソレゾレ、分かります・・・私も醤油が好きですけど、この塩ラーメン本当に美味しそうです^^夕日も素敵ですね、良いな~~デモ一番は奥様の笑いが面白い^^・・・失礼しました。では、また。

★ おがっち さん

>この塩ラーメン本当に美味しそうです^^

これは 真駒内本町にある「あけぼの」というラーメン屋さんです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。