« チャリンコに乗ったサンタ | TOPページへ | ビッグマネー 第6話 »

2006年07月25日

● 最終兵器彼女


「最終兵器彼女」を見た。




画像

原作漫画の存在は知っていたけど読んだ事は無い。


見ようと思った理由は


画像

「前田亜季」「貫地谷しほり」が出てると聞いた事と 札幌や小樽が舞台と聞いたから。


画像画像

「お~ 札幌じゃん」


と、喜んでいたら…


画像画像

爆撃機の編隊が現れて…


画像画像

我が街「札幌」が破壊されるのを見て 思わず笑った。^^


画像画像

惜しむらくは「前田亜季」「貫地谷しほり」の役どころや設定に目新しさが無く、


画像画像

せっかくの小樽の街と


画像画像

酒井美紀の組み合わせだったが…


Love Letter』より(小樽、酒井美紀つながりで^^;)


酒井美紀が すっかり、オバキャラになってたのが せつなかった。(ToT)




さて…


画像画像

画像画像


前田亜季はカワイイ^^(少し、ポッチャリしてるとこが)


しかしながら、私の理解力が乏しいのかもしれないが どうも伸び悩んでる感がしてならない。


「バトルロワイアル」で見せた「へぇ~」って気持ちが その後の彼女の出演作を見ていても感じられないのだ。


「リンダ・リンダ・リンダ」「つばさ」なんてのを見たが、悪くは無い… けど、及第点そこそこ… そんな感じにしか映らなかった。


だから、この「最終兵器彼女」で どうなってるか楽しみだったんだけど…


「お楽しみは この次ね」


という事らしい。


願わくば、「いつまでも ”次”は無いのだよ」って事に気づいて欲しいなぁ…^^;


画像画像


前田亜季による ラストの独語りの巧さが無ければ ホントに次に期待しようとは思わなかったから。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ファンタジー』関連の記事

コメント

うぉ!ご覧になったのですね~
私は見たくて見たくて劇場まで行って大喜びでしたが、B級(未満??)であることは残念ながら否めません。

どうも米国留学のあたりから、伸び悩みと言いますか、何と言うか・・・・

昨日たまたまツタヤのレンタルDVDで見かけたのですが、「ひとりぼっちのセリク」というあざらしのドラマ?
でのナレーション、が最新だそうです。

雅彦パパの目が黒い間は、次がまだまだある!、と期待しておりますが・・・・・どうでしょうねぇ。

最終兵器彼女っすかー。 どこと戦争?他の地域は?北海道のとある町が舞台と言う事だけで、設定は面白いなと思いました。が、なぜ女の子が兵器なの?と素朴な疑問がねー?
なぜに闘争心のある屈強な野郎を使わんのだ!などと思うがそれじゃ恋愛物にならんからか
しかしええ年こいたおっさんがアニメの最終回では不覚にも泣いてしまいました
近いうち実写版も見てみます。

こんばんわブタネコさん
>酒井美紀が すっかり、オバキャラに
私もすっかりオジキャラになるわけだ^^
前田亜季・・きみの知らないところで世界は動くbyNHK
でしかみたことなくって、確かに
>悪くは無い… けど、及第点そこそこ
ってかんじだったかな~、作品自体も・・

★ nov さん

>雅彦パパの目が黒い間は、次がまだまだある!、と期待しておりますが・・・・・どうでしょうねぇ。

私も 期待したいんですけど どうですかねぇ…^^;


★ sato さん

お気持ち、お察し申し上げます。

ただ、私の場合

「いつまでも 少年の瞳の輝き」

を、持っていたいなぁ…

って、願望が

「いくつになっても ガキのままの視点」

に なっているようです。^^;


★ K さん

>酒井美紀

容姿は そんなに変わってないんですが、話し方 喋る言葉が すっかりオバキャラ^^;

>前田亜季

Kさんも そう感じましたか…^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。