« 「粋」とは… | TOPページへ | ブタネコが見た松崎(その3) »

2006年07月23日

● ビッグマネー 第3話


「ビッグマネー ~浮世の沙汰は株しだい」第3話について語ってみる。




ビッグマネー

今回の第3話も やはり、冒頭導入編のひとつで「株主総会」が話のメイン。


株式会社トゥモローズというアパレル会社の株に目をつけた主人公が その会社を見に行くと 不当解雇された社員(京野ことみ)が 解雇を抗議する場面に遭遇する。


やがて、その行動は株主総会での「社長退陣要求」という行動へと発展し、主人公は その流れに混じっていく。


この回のポイントは3つ


ひとつめは株主総会という舞台で 初めて小日向文世が演じる大物総会屋の辰巳が 初めて、その本来の姿を見せるところ


ビッグマネービッグマネー

ビッグマネービッグマネー

ビッグマネービッグマネー

判るかなぁ… この変化が^^


これは まだまだ序の口なのだ。


しかし、今までのほとんどを

ビッグマネービッグマネー

この様な笑顔で過ごし、


ビッグマネー

「辰巳さんの仕事って何ですか?」


「人を驚かす事」


と、飄々と応え返す見事な切り換えに 腹の底から感動した。^^;


「凄ぇよ 小日向!!!」と。




ふたつめは この回だけのゲスト出演として 株式会社トゥモローズの社長秘書として出演した木村多江

ビッグマネービッグマネー

ビッグマネービッグマネー

私は この女優さんが大好きなのである。^^


演技力の高さや容姿もさる事ながら 一番の理由は彼女の声の音質なのだ。


物凄く、ほのぼのというか、癒されるんだなぁ…

ビッグマネービッグマネー

この右上の画の様な微笑みをされたら 私はイチコロなのである。


ビッグマネービッグマネー

ハセキョウも悪くは無いが 上の木村多江の比べれば まだまだ青い^^;




そして、みっつめは 全体のストーリーの核となる存在の

ビッグマネービッグマネー

植木等と八千草薫のエピソードが この回から挿入されているという点。


さらに

ビッグマネービッグマネー

植木と原田が対面し


「いつからこの会社の筆頭株主になったんですか?」


「さて、2時間ぐらい前からかな」


と 原田の問いに とぼけて応える植木の仕草が 実に渋い。


このシーンを見ていて なれるものなら こんな爺ぃも良いなぁ…


本気で そう思った第三話だった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ビッグマネー』関連の記事

コメント

こんにちは。
木村多江さん、本当に綺麗ですね~。はんなりとしていて、典型的日本美人という感じがします。声質も女性的な柔らかさで素敵です。
長谷川京子ちゃんが西洋人形的な美女なので、今回のように至近距離で並べられると、美人の種類が違うんだな~と、興味深くもありました。私はどっちの美人も好きですけど。

そして植木等と八千草薫さんのカップルもかなりの美男美女(渋いタイプの・・・)で、これからの記事が楽しみです^^

★ しき さん

木村多江… ヒャッホイなんです 私。


このドラマは面白かったですよね! 私も大好きでした。
また観たいですが、このドラマ人気なかったんですね。知りませんでした(汗)。

未だに「鯛焼きの頭としっぼは手をだすな」という植木さんの名台詞が頭を離れないです。

このドラマがきっかけで、多恵ちゃんと松重さんのファンになったのですが、やくざのボスが小日向さんであることは記憶してませんでした(二面性があり頭が良いキャラだったのは覚えてます)。金子さやかちゃんはこのドラマがデビューだったような...

私は奥二重で、そこにコンプレックスを感じてましたが、多恵ちゃんを知ってからは、なんかそういう考えはなくなりました。一重でも二重でも美人は美人なんだ、とあきらめがつきました(爆)。

★ スミゴルフ さん

このドラマは 隠れた名作と言って良いと私は確信しております。

演出や設定もなかなか良く、それぞれの役者さんが輝いてましたからね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。