« 雑感(7月19日) | TOPページへ | 「ビッグマネー」最終回エンドロール »

2006年07月20日

● ビッグマネー 第1話


2002年にフジ系で放映された「ビッグマネー ~浮世の沙汰は株しだい」について語ってみる。




ビッグマネー


このドラマは なかなか傑作だったにも関わらず、試聴していた人が少なく「知る人ぞ知る」ドラマとなった感がある。^^;


率直に言って このドラマのベースとなる物語はバブル崩壊直後か さもなくば、今の様な時期にこそ 世相と重なって より面白く観る事が出来たはずなのだが、いかんせん放送時期が中途半端過ぎた。^^;


話のあらすじとしては「伝説の相場師」と呼ばれた小塚老人(植木等)と 主人公(長瀬智也)が出会い、株取引と銀行の裏の部分の話をメインに進むというモノ。


で、このドラマの何が最も優れていたか?と言えば それは一口にキャスティング


主人公は どうでもいいのでほっておき…^^;


ビッグマネー

何と言っても この植木等の存在感。


ビッグマネー

意表を突かれたのが 当時、売り出して間も無い原田泰造の悪役


ビッグマネー

金子さやか


ビッグマネー

岡本 綾


ビッグマネー

長谷川京子


当時としては、今とは違って まだ名が売れ始めた頃の女優達だが 現在の活躍を裏付ける輝きを放って それぞれが とても良かったが、何よりも特筆すべきは


ビッグマネー

松重 豊 と


ビッグマネー

この小日向文世だ。


この二人がコンビとなって


ビッグマネー

物凄く光り輝いていた。


ビッグマネー

小日向は 普段はニコニコと腰の低いオッサンだが 実は大物総会屋


ビッグマネー

松重は 見るからに強面だが、実は 純なハートを持つ 小日向の子分という設定で


ビッグマネー

小塚(植木)の良きパートナーとして


ビッグマネー

普段は小塚の家でゴロゴロしている。


ビッグマネー

この姿から大物総会屋という設定を汲み取るのは難しいと思うが、後半の回で凄まじいばかりに豹変した時の姿にシビレる。^^


この「ビッグマネー」において 本来の隠し持っている役者のポテンシャルが一気に花開いた役者が多いのだが、その最たる存在が小日向文世であると言って良い。


この第1話は 物語冒頭の導入部として顔見せ的な回ではあるが


ビッグマネー

この1シーンだけに登場したワインレッドのスーツ男が


ビッグマネー

(「トリック」より)


「トリック」で怪演した「前原一輝」である事は 私としては見逃せないので記しておく。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ビッグマネー』関連の記事

コメント

バージョンアップ作業、お疲れ様でした。幅が広くなったんですね。

放送当時の数少ない視聴者の一人です。
小日向文世さんの顔と名前が一致したドラマでした。前半にこにこしてた分後半の凄みが効きました。
松重豊さんも好きで映画「サトラレ」での役もとても印象的でした。
植木等さんの渋くて飄々とした感じはいつもながらよかったし、原田泰造さんがクールな銀行マンを演じられるなんてと驚きました。ホントキャスティングが絶妙ですね。
長瀬智也さんのT&Dや今期放送中のマイ・ボス マイ・ヒーローもおもしろいのですが、大物に気に入られる今時の若者の役もよかったです。
視聴率いまいちだったんですね。毎週どう展開していくか楽しみだったし、それぞれのキャラクターがはまっていたしおもしろかった。忘れてしまう作品が多い中いまも印象深いドラマです。

ブタネコさん、こんばんわ。

このドラマ、いつか見たいです。
ブタネコさんの紹介で原作を読んでから、気になっているのですが。
第2話のコメントもお待ちしてます(^^

別件ですが、
宮部みゆきの「火車」、人を殺してその人に成り変わるというお話でした。
読んだ当時、結構衝撃だったので忘れられません。
私の中での「おもしろかった本」の上位にいる一冊です。

ビッグマネーをブタネコさんが取り上げるの待ってました^^

主題歌以外は強烈に僕の印象に残っている大好きなドラマです。

やはり岡本綾はキムタクと共演した「エンジン」のような気取った役回りでなく、
ビッグマネーのような快活で元気な女性役の方が魅力的だと思いますね。

久々にナイフでリンゴをむくマッキーが見たくなりました^^

ところでブタネコさんビッグマネー!のDVDを入手したんですか?

★ satomin さん

>幅が広くなったんですね。

ええ、横広にしてみました。^^;

>小日向文世さんの顔と名前が一致したドラマでした。

ええ、私もです。

>忘れてしまう作品が多い中いまも印象深いドラマです。

本当に 私も そうなんです。^^


★ junchin さん

>第2話のコメントもお待ちしてます(^^

ほい、全12話やるつもりです。^^;


>私の中での「おもしろかった本」の上位にいる一冊です。

へぇ、未読なんで覚えておきます。^^


★ うんぼぼ さん


>ビッグマネーをブタネコさんが取り上げるの待ってました^^

実は旅行前に 全12話のキャプとって いつでも記事に出来る様にしてあったんですが…^^;

>主題歌以外は強烈に僕の印象に残っている大好きなドラマです。

このドラマのテーマ曲としては「?」って感も否めませんが SAYAKAの曲で唯一、記憶に残ってる曲です。

>やはり岡本綾はキムタクと共演した「エンジン」のような気取った役回りでなく、
>ビッグマネーのような快活で元気な女性役の方が魅力的だと思いますね。

ですね、私も そう思います。

>久々にナイフでリンゴをむくマッキーが見たくなりました^^

よく見ると 実に巧く果物の皮を剥いてるんですよね^^

>ところでブタネコさんビッグマネー!のDVDを入手したんですか?

ビデオを持ってます。^^

ブタネコさんへ
通常、連続ドラマはほとんど見ない僕ですが、このドラマはたまたま見ていて植木等のセリフが強く印象に残っており忘れられないドラマです。そのセリフは詳細は違いますが趣旨は会っていると思います、次の様でした’株の儲けはたい焼きと一緒、全部食べようとしないで頭と尻尾は他人様に残すもんだ’、このセリフはその後の僕の株式投資の金科玉条となり、株価に一喜一憂しなくなり株を楽しめるようになりました。その回しか見ていないのですが、その意味でも’世界の中心で愛を叫ぶ’に匹敵するドラマです。どの回かも分かりませんが、もう一度その回だけでも見たいものです。

★ タンク さん

>’株の儲けはたい焼きと一緒、全部食べようとしないで頭と尻尾は他人様に残すもんだ’

はい、ほぼ そのままの台詞があります。

どの回かは その回を語る時に触れる事にします。^^


これは、本当に 良い出来のドラマです。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。