« ビッグマネー 第11話 | TOPページへ | ビッグマネー 第12話 »

2006年07月31日

● 零のかなたへ「THE WINDS OF GOD」


「零のかなたへ~漫才師の時空を越えた戦争体験~愛する人を守るため命をかけた若者達涙と笑いの感動物語」を観た。

【注記】 この記事は 2005年9月11日に掲示したものを大幅にリメイクして再掲しました。




画像

画像

今回、この記事をリメイクするキッカケは 2005年9月10日にテレ朝系で放映された上記のドラマがDVD化され販売・レンタル開始されたから。


原作者:今井雅之(俳優)となっており、今井が大事にしている作品「THE WINDS OF GOD」である事に違いない。


この作品は これまでに何度か映像化され、元々は舞台作品でもあり、「THE WINDS OF GOD」の舞台を 私は何度も観た。


近々、公開されるはずの 今井雅之自身が監督となって撮影した映画の公開も 楽しみにしているぐらい この作品は素晴らしい。


  参考:『THE WINDS OF GOD


この作品は 何度もリメイクされたものであるけれど、根底にある基本の精神は不変である。


物語は


画像

売れない漫才師の二人(森田剛と山口智充)が


画像

交通事故にあったはずみでタイムワープし、その行き着いた先が


画像画像

終戦直前の特攻隊の基地で 墜落事故にあった二人の特攻隊員に それぞれが乗り移った状態となる。


画像画像

画像画像

画像画像

画像画像

現代の若者の視点・観点で 当時の特攻隊員達の様を知り、二人の若者達は変わっていく…


そんな内容でであるがゆえに、左翼系偏向マスコミの権化である朝日系の放送局で TVドラマ化という部分に非常に危惧を抱いていたのだが、結論から言えば 不満はあるものの、なかなか悪い出来とは言えない作品に仕上がったものと思える。


しかしながら、こういう作品を評すと 左翼偏向者から見れば軍国賛美に映りかねないシーンが多く感じるのであろうけど そんな左翼偏向者共に言いたいのは 目先の軍隊シーン云々にギャアギャア騒ぐのではなく、落ち着いて冷静に物語の根底にある大事な部分を噛み締めろ…って事。


画像

主演の山口智充は 本当に良い役者の素質を持った人物だと感じたが…


この作品では それ以上に


画像画像

森田剛と沢尻エリカが すこぶる良い。


特に


画像

森田が妹と別れるシーンの台詞は秀逸だった。(ToT)




さて、先日 たまたまTVをつけたら 偶然、「THE WINDS OF GOD」の映画製作のドキュメント番組みたいなものが流れていて それを見ていたら 今井雅之が「9.11の貿易センタ-ビル崩壊」を伝えたアメリカの新聞の一面が「KAMIKAZE ATTACK」と書かれていた事に衝撃を受けた…という旨を語っていた。


そう、実は 私も まさに同感の想いを あの時、感じていたのだ。


CNNで 貿易センタービルに ハイジャックされた旅客機が飛び込む映像を 何度も流しながら キャスターは「カミカゼ・アタック」を連呼していたのだ。


画像

日本でも「神風特別攻撃隊」の読み方は「カミカゼ」だと思っている人は多いけど、実は「シンプウ」と読むのが正式 これは当時の関係者か 軍事マニアか さもなくば、知覧や鹿屋や江田島や靖国神社の遊就館等の記念館を訪れた人じゃないと 知らない事と言ってもいいぐらい 知られていない事。


【参考記事】『知覧(鹿児島県)


「アラブのテロリスト野郎の行為と 我が国の先人の献身を同等に扱いやがって このアメリカ野郎…」


被害者の方々には同情するが そのCNNのキャスターには 怒りがこみ上げた。


ネタバレで申し訳無いが、私は「トム・クランシー」の作品を 初期の作から面白いと読み続けてきたが その「ライアン・シリーズ」の「日米開戦」という作品において日本航空に見立てた航空会社のジャンボが 日本人機長の操縦により、アメリカの国会議事堂に突撃する…というプロットを用い、英文原書では「Kamikaze-Banzai-Attack!!」と記述がある。 


それまでは テクノクラートと呼ばれる 新しいジャンルを確立し、世界情勢や歴史観や軍事テクノロジーなどに精通している…と思われていた トム・クランシーですら、日本については まったくの無知である事を証明してしまったわけだ。

(クランシーは 他にも 日本の宗教(仏教)では 死者の弔いに柏手を打つ習慣がある…とも 語っているが、柏手は神社 弔いは合掌であり、基本的な間違いである)


【参考記事】『トム・クランシ-


それらを踏まえた上で 今井は



「特攻が良いとか悪いとかじゃなく、

 何故 そういう亡くなり方をした方々を きちんと弔おうとしないのか? 

 「THE WINDS OF GOD」で 最も伝えたい事は慰霊なんです…」


と、語った。


そうなんだよ、物語の根底にある不変の精神とは まさに、その今井の言葉が全てなんだ。


画像画像

だからこそ、ラストシーンで見せる この山口智充の万感の込められた敬礼は見事。


そして、原作者である今井雅之には


「いいぞ、今井 その意気や良しだ!!。

 私は 陰ながら応援していくよ。」


と、永遠のエールを約束したい。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『個人的に真面目な話』関連の記事

コメント

>日本でも「神風特別攻撃隊」の読み方は「カミカゼ」だと思っている人は多いけど、実は「シンプウ」と読むのが正式

恥ずかしながら 初めて知りますた・・・(´・ω・`)

takuさんが恥ずかしいって?
ガラでもない( ̄ー ̄)ニヤリ
というか、別に恥じ入る必要はまったくないですよ。
新たな新発見ということで・・・(・∀・)イイコトイッタ!!

さて、昨日のドラマは見ていてやっぱり物足りなさを感じたのは私だけでしょうか?

★ taku(徒然一座 座長)  さん

良かったね^^ ひとつ賢くなって^^


★ Wen(徒然一座)

朝日系列ですからね 期待しちゃ駄目でしょ^^;


 クラヒー!! ブタネコさん、こんばんわ~。私も局が局だけに、全然期待していませんでしたし、できれば、よその局で制作してほしかったくらいですが、ドラマとしては良かったですね。主演の二人が頑張ってました! 思わず、落涙です(笑)。

FORREST

★ FORREST さん

怖れていたよりは良かった。

けど、

期待するほど 良くは無かった。

巧く言えないんですが、そんな感じなんです^^;

原作は 素晴らしいんですけどね^^;

 クラヒー!! ブタネコさん、おはようございます。おっしゃる通り、「期待するほど、良くは無かった」でしょうね。期待していなかった私としては、許容範囲内。ドラマの繋がり方も『・・・イージス』よりは自然でしたし(笑)。

 特攻隊員の遺書を「本心からのものではない」というような表現があるのは、映画『ホタル』同様、演出とはいえ、少々許しがたいです。国を思い、家族を思って散華した英霊の意志を汚す行為だということにいい加減、気がついてほしい・・・(涙)。

 そうそう、クランシーの『日米開戦』のラストに触れるのを忘れていました。クランシー・ファンですが、あの作品を読み進むのは本当に辛くて、何度、駅のゴミ箱に叩き込んでしまおうと思ったことか(苦笑)。佐藤機長の特攻で思いっきり溜飲を下げたと同時に、大統領の遭難によって、副大統領ライアンが警護のシークレットサービスに「大統領閣下」と呼びかけられるシーンでは目頭が熱くなってしまいました~。さすが、クランシー、うま過ぎるぞ!!(爆)

FORREST

★ FORREST さん

>『・・・イージス』よりは自然でしたし(笑)。

苦笑しつつ 同感です^^

>「本心からのものではない」というような表現があるのは、映画『ホタル』同様、演出とはいえ、少々許しがたいです

たしかに 本心では無く、そういう文面を書かされた隊員もいたでしょう。

でも、本心で書いた隊員も少なくなかった。

それを 今の時代の しかも、朝日新聞社のような偏向思考で
全員が 無理矢理強制されて そう書かされた…とするのは
事実の歪曲以外の何物でも無い。

朝日系の連中が 常に「全員が強制されて…」という表現を
使い続けている限り、私は 文句を言い続ける所存です。

>佐藤機長の特攻で思いっきり溜飲を下げた

そうなんですよねぇ… 私も そのシーンを呼んだ時には
溜飲が下がったんです。

それだけに心中、複雑な想いもあるのですが^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。