« オーメンと聞いて… | TOPページへ | 雑感(6月6日) »

2006年06月06日

● ギミー・ヘブン


2006年公開の映画「ギミー・ヘブン」を見た




ギミー・ヘブン

前評判及び 前宣伝を一切知らずにパッケージに書かれたら出演者を眺めて「へぇ」と思い見たわけだが…


出演者は

ギミー・ヘブン

江口洋介


ギミー・ヘブン

安藤政信


ギミー・ヘブン

宮崎あおい


ギミー・ヘブン

石田ゆり子


ギミー・ヘブン

松田龍平


ギミー・ヘブン

小島聖


ギミー・ヘブン

鳥肌実 等々…


私としては なかなか良い顔ぶれだなぁ…と興味深く もうひとつ目を惹かれたのが


「脚本:坂元裕二」 


だから


「こりゃ、面白そうだ」


と、早速 見たわけだが…


役者達の演技は 全然、悪くない。


物語の冒頭に殺人事件が発生し、


ギミー・ヘブン

石田ゆり子が「警部」役で登場する。


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

「へぇ、こういう役柄の石田ゆり子も悪くないな…」


素直にそう感じる。


また、『タナカヒロシのすべて』で意表を突かれた 鳥肌実が


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

なかなか味のあるヤクザ役で


成田三樹夫

私が大好きだった往年の名優、故:成田三樹夫になんとなく風貌が似ており、性格俳優的個性も似ており… ちょっと、目が離せなくなってきた^^


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

「宮崎あおい」は暗く、不幸オーラ出しまくりの女の子を好演し…


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

江口洋介は 江口洋介のまんま「らしい」演技を見せているし…


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

久しぶりに まともな青年役の安藤政信を見る事が出来、嬉しい。




でもね、ハッキリ言って この映画は駄作だな。^^


その理由とも思えるのは 物語の根幹には「共感覚」というものがある。


「共感覚」とは、何かの刺激を受けた時に得る感覚に他の感覚が混ざって生ずる現象で、文字や言葉や数字が色となって感じられたり、香りが形を伴ったり、話し言葉が虹色に見えたりする。


共感覚者(共感覚を有する人)にとって、新聞はただのモノクロではなく、全面に赤や青や緑などの色がカラフルに散りばめられた様に見える…という話もある。


これを 一口に、「異常」とか「障害」と呼ぶべきか否かはともかく 近年、そういう特殊な感覚を有している人がいる…という事が研究・発表されたのだそうだ。


で、この映画では その「共感覚者」と一般の感覚者とのズレから事件が…みたいな物語風でもあるのだが、その「共感覚」というものを視聴者に判らせる事に失敗している。


だから、根幹が理解出来ぬまま 話の全体を理解しろ…というのは無理な相談であり、私には この作品の制作者も きちんと「共感覚」を理解して描いたとは思えない。


「大粒の雨はガーベラの花の様に感じる(見える)」


からと言って


ギミー・ヘブン

この様なシーンを描いたのであろうけど、私も まだ「共感覚」というものを理解出来ていないので安易な質問で恐縮だが、「大粒の雨」が「ガーベラ」なのは判った、でも、同時に足元の「緑の芝」や 着ている「白い服」や 名前は判らないけど右上に映っている黄色い花なんかも それぞれ、何かに置き換わった様に、もしくは違う色に見えたりするんでしょ? だから「大粒の雨」だけを「ガーベラ」にしただけで 判れ…って言われても如何なもんか?と思うのね。


で、根幹が そんな具合だから 冒頭に起きた殺人事件が 誰によって、どんな理由で生じたのか?は 解明されたようで まったく説得力を感じさせて無いし、一歩間違えると「共感覚」=「精神障害」の様な認識・偏見を助長する事にも繋がりかねない、そんな危険性を感じ この作品の監督には猛省を求めたい気分すら生じる。


ついでに言えば、ミステリアスな男の役の

ギミー・ヘブン

松田龍平


おそらく本人にとっては好まない言われ方と思うけど


ギミー・ヘブン

在りし日の 父親「松田優作」に良く似て 時折、見せる表情は その松田優作が狂人を好演した表情と良く似ており、「ミステリアス」という雰囲気は醸してる。


でもね、松田優作は狂人だけじゃなく 時にはコミカルに 時には熱い男をも好演したのだ。


けど、松田龍平は このままだと「ミステリアス」しか出来ない、使って貰えない役者で終わるぞ… そこを 今回は制作者達に 良いように利用されただけで残念だったな…と。


ギミー・ヘブン

で、最初は よく判らなかったんだけど…


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン


ギミー・ヘブン


ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン

この少女


画像

「福田麻由子」なんだな^^




というわけで、良い役者を使い、その役者達が最低限の結果を出してるにも関わらず この作品が駄作としか評せないのが 物凄く悲しいね。


それは未知なる「トム・ヤム・クン」というスープを自作しようとして


  ・ヘッドファーン

  ・バイ・マクルー

  ・レモン汁

  ・ナムプリック・パオ

  ・牛乳

  ・ココナッツミルク

  ・海老

  ・プリッキーヌー

  ・レモングラス

  ・パクチー


と言った食材を 限りなく最高のモノばかりを集めたにも関わらず、出来上がったものを食べてみたら それぞれの具は良い味なのに 全然、美味く無い。
(ToT)


「どうしてなんだろう…?」


と、考えてみたら 根本的な部分、ベースとなる鶏ガラスープが入って無かった… そんなオチだと言えば 私の言いたい事を御理解頂けるだろうか?



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『安藤政信』関連の記事

コメント

点が辛いですね~。^^;

私的には安藤君が観れるだけで、もうお祭り騒ぎなんで、あまり不満はないんですけど・・・。^^;

共感覚を分からせることに失敗しているというのは、確かにそうかも知れないですね。

よく分からなかったです。

でも、ガーベラの雨のシーンは、結構感動しましたよ。
江口さんとあおいちゃんの2人が、はじめて同じ世界を共有する瞬間なので、2人の演技力にも助けられて、ジーンときました。
まあ、画像的には、クライマックスにしてはあまりにもCGくさいというのはありましたけど。^^;

ラストの終わり方も、かなりぶっきら棒で、全体に謎めいた感じを出すために、あえて説明的な描写を抑えてるのではないかと感じました。

そういいう不親切な作り方というのも、アリなのかなと思います。


掴めそうで掴めない、謎めいた雰囲気は好きでしたよ。


ところで鳥肌さんが乗ってた変なバイク、ご本人の私物だそうで、そうとう笑えますね。普段からあれに乗ってるのかと思うと、ますます只者じゃない気がします。


それと、松田龍平くんは、『恋の門』で、相当コミカルな役を頑張ってますよ。オススメです。

★ あかり さん

>点が辛いですね~。^^;

安藤政信ファンのあかりさんには 御納得がいかない記事の内容かもしれません。^^;

しかし、「感じたままを述べる」のが私のポリシーなんで^^;

私も安藤政信は大好きだけど、それと作品の評価は別なんです。^^;

>共感覚を分からせることに失敗しているというのは、確かにそうかも知れないですね。

この部分を なんとかしてくれていたら…

私もラストや その前のガーベラのシーンは違う見方が出来たかもしれないと思います。

けどね、私には制作者の自己満足にしか思えず、少なくとも私には

>江口さんとあおいちゃんの2人が、はじめて同じ世界を共有する瞬間なので、2人の演技力にも助けられて、ジーンときました。

という気持ちにはなれなかったし、その後の 

「何故、江口は…(ネタバレなんで^^;)」

という部分にも説得力を感じませんでした。

なので…

>ラストの終わり方も、かなりぶっきら棒で、全体に謎めいた感じを出すために、あえて説明的な描写を抑えてるのではないかと感じました。

と仰る あかりさんの説は「たぶんそうなんだろうなぁ…」とも思いますので そう素直にあかりさんの様に受け止めるのが正しい姿なんでしょうね^^;

しかしながら、偏屈者の私には、なんとなく 芸術家気取りの制作者共に「芸術の判らない奴は評価しなくていいよ」とでも言われたかのような高慢さを感じ 私は 不愉快に感じるものであります。

>そういいう不親切な作り方というのも、アリなのかなと思います。

そうですね、ほんのちょっとの感じ方の差で 私とあかりさんの解釈の違いになるんじゃないでしょうか?

>鳥肌さんが乗ってた変なバイク

へぇ~ そうなんですか^^

ちょっと、今回の映像を見て 鳥肌実を好意的に見つめたいと思っております^^


>それと、松田龍平くんは、『恋の門』で、相当コミカルな役を頑張ってますよ。オススメです。

すいません、それ見ましたが 私は語る気にはなれません。^^;

松田龍平は 今のままで変われずに 一皮むけないようならば 二度と見なくても良いとさえ思ってます。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。