« 優しい時間 第5話 | TOPページへ | 瑠璃の島 第5話 再考 »

2006年05月24日

● タイガー&ドラゴン 7話再考


「小日向文世」で「瑠璃の島」「優しい時間」ときて「そう言えば?」と思い出したのは「タイガー&ドラゴン 第7話」なのである。




この第7話「猫の皿」は 冒頭から


画像

画像

画像

画像

と、柳亭小しん(小日向文世)の出端で始まる。


このタイガー&ドラゴンは 落語家の話をベースにした人情コメディなのだが、ここでの小日向が演じる設定は 


画像

画像

画像


古典の人情噺(泣ける噺)が 笑える噺より上だと頑なに信じる頑固者の落語協会の会長。


画像


かつて、「林亭どん平」とはライバルの関係にあり、落語協会の会長の座を争った。


画像


いつも小難しい顔をして


画像

まさに「協会の会長」という雰囲気を醸している。


この話のキモは ラストに

画像

画像

画像

柳亭小しんが笑って「今度、時間のある時、うちにおいで ”子別れ”教えてやるから」と言うところ


画像

小日向は最後まで頑固な会長のまま…




さて、良い機会なんで 何故、私が「小日向文世」に拘るのか…を申し上げてみたい。


ま、簡単に言えば 彼は 真の役者だ…と ある時、物凄く感動させられたから。


それ以来、「小日向文世」のファンを自認している。^^


私の言う「役者」とは 与えられた設定の役柄をキッチリと演じてみせる俳優の事。


言い方は ちと悪いかもしれないが、最近のTVドラマや映画の場合 主役には真の役者というよりも 歌やビジュアルで人気が高い者を抜擢し 役の設定も、そのタレントの雰囲気などに合わせてストーリーまで微妙に変える始末だが、そのぶん ワキを固める役者達が キッチリと良い味を出して その結果、良作と仕上がる事が少なく無い。


そんな脇役も 最近ではハマリ役の度合いが重視され、「踊る大捜査線」のシリーズで「スリー・アミーゴズ」と評判になった「北村、斉藤、小野」達は わりとコミカル路線ばかりを求められたり、同じ「踊る大捜査線」のシリーズ 警視庁や警察庁のキャリアの部長や局長を演じている中丸新将、大河内浩、津嘉山正種、辻萬長、並樹史朗といった人々も わりと役設定が固定されている。


そんな中にあって この「小日向文世」は 実に広い役幅をもった俳優なのだ。


例えば この「タイガー&ドラゴン」では

画像

頑固な落語協会会長


ところが、このドラマと同じクールに放送されていた


画像

「瑠璃の島」で ちょっとイカれたオッサン^^;


画像

画像

「HERO」では 検察事務官


画像

画像

「救命病棟24時」では一度開業に失敗した医者


一番最近では


画像

画像

「アテンションプリーズ」のベテラン機長


判るかな… この違い^^


ポッと思い出すまま小日向の出演していたTVドラマを思い出すまま書き出してみると


・「木更津キャッツアイ」では主人公の父親で床屋

・「さよなら小津先生」では主人公と対立する教師

・「六番目の小夜子」では 不明

・「僕の生きる道」では 主人公の主治医

・「ウォーターボーイズ2」では 石原さとみの父親役

・「がんばっていきまっしょい」では お好み焼き屋の親父


他に、映画の方でも


・「上海バンスキング」(1988年)を皮切りに…

・「銀のエンゼル」(2004年)

・「スウィングガールズ」(2004年)

・「いま、会いにゆきます」(2004年)

・「タッチ」(2005年)

・「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)

・「深紅」(2005年)


などがある。



でね、何が凄いかと言うと…


このように羅列しようとしても 実はなかなか思い出せなくて…


で、思い出すと「あぁ、そうそう あのドラマの あの役の…」と 役柄は直ぐ思い出せる。


これって、ドラマに溶け込んで目立ってはいないんだけど ちゃんと印象には残る…って事の証拠じゃなかろうか?なんて思うのだ。


わりと ニコニコ笑ってる役が多いんだけど 実に渋い役もキッチリと良い仕事をしている。


で、私が個人的に「小日向文世」で最も印象深く記憶しているのは


長瀬智也が主演の「ビッグマネー」で見せた総会屋役。


ず~っと ニコニコ・ヘラヘラしてた男が 終盤で突然スィッチが切り替わったかの如くギラッと凄みのある目の表情になる…


その様子を見ていて


「うわぁ… この俳優、凄ぇ~」


と、それまで名前すら知らなかった「小日向文世」が忘れられなくなったのだ。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『T&D』関連の記事

コメント

小日向さんを「癒し系」と表現して、そればかりが見る側の印象に残る場合が多いですけど、僕もブタネコさんと同じ「ビッグマネー」での小日向さんが最も強烈に記憶に残っています。

今までのほほんとした様子がスイッチが切り替わったかのようにギラリとした視線を持つ表情に変わった時は当時見ていてゾクゾクしましたね。

久々に「ビッグマネー」が見たくなりました^^

★ うんぼぼ さん

私も「ビッグマネー」探してるんだけど 置いてる店が無いんですよねぇ^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。