« 温度計になる猫 | TOPページへ | 優しい時間 第5話 »

2006年05月23日

● トリック 劇場版2 番宣


このところ 北海道では夜中の2時45分から「トリック2」の再放送が流れている。




このシリーズが私は大好きで ずっと、見続けてきているのだが…


正直言って、制作局であるテレビ朝日は 私の個人的嗜好に合わない番組ばかりで


「面白い」


と、楽しめる番組が 殆ど無いのだが、それでも 時折 ポコッと面白い作品があるのも事実ではある。


ま、総じて言えば テレ朝のドラマはセコイ。^^;


「あと もうちょっとだけ予算をかければ 相当、面白くなるだろう」


とか、


「役者ばかりに金かけて セットはそれかよ?」


とか、


「2時間ドラマの 1時間45分までは

 物凄く面白かったのに ラストの15分で…台無し」


とか、


ま、ハッキリ言えば 中途半端なものばかり。^^;


そんな中にあって「トリック」は 監督である 堤幸彦が 最初から低予算なのを承知の上で開き直り、セコさを笑いに転嫁したのが素晴らしい。


と言うわけで、


画像

画像

画像

画像

画像

画像


間も無く 劇場版2が公開なのだそうだ。




が、今年の1月に正月スペシャルというのを見たのだが…


シリーズが続いて どんどんスケールが大きくなるのは良いのだが、「セコさ」が売りのはずのドラマのスケールが大きくなる…


そんな矛盾が どんどん大きくなった事による違和感が TV版の3あたりから漂い始めていたのが グンと増し、今までの様に楽しめなかったのが心に引っ掛かる。


そんな事を思いながら 昨夜も「トリック2」の再放送を見ていたら


画像

画像

画像


そう、「トリック2」までは「前原一輝」が出演してるのだ。


ワキとはいえ、個性的な役者が1人変わるだけで こんなにティストが変わるのか…


そんな ひとつの例かもしれない。




さて、公開2週間前の この時期に このような記事を掲示すると ブログの性質上、面白いモノで 全く知らない人から 突然の様なトラックバック(TB)が送られてくる。


TBが送られてくるのは構わないし「どんな記事なんだろう?」と 訪ねに行く時は新大陸を探しに出かけたコロンブスみたいな気持ちにもなるわけで…


送られてきたTBの発信元になっているブログを訪ねて そこで興味深い記事に出会う事が出来れば「へぇ」と新たな発見や知識も得る。


ところが、殆どの場合 アフリエイトだけが目的としか思えないモノや 試写会でタダで見た人が ネタバレ満載記事を掲示していたりする。


アフリエイトに関しては単純に主旨が違う…という理由。


どうにも納得がいかないというか 不愉快なのは試写会で見た人が 公開前にネタバレを思いっきりやらかすモノ 内容が「面白かった」とか「面白くなかった」と漠然と述べるのならともかく、「主要な人物である xxxが死んだ」とか「最後に xxxが助かってxxxと抱き合うシーンが印象的」なんて書かれると 勘弁してくれよ…と思う。


タダ(試写会)で見せて貰ったんだから、御世辞や社交儀礼で誉めた称えろ…なんて言う気は無い。


つまらなければ「ツマンネ」と書くのは構わないと思う。


しかし、「ネタバレ」だけは 止めようよ。


だって、まだ 殆どの人が見てない新作なのだから。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『トリック』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。