« 夕張メロン 初競り | TOPページへ | 相武紗季 in 食わず嫌い ♪ »

2006年05月18日

● 日テレ男性アナが盗撮


ネタ元は沢山あるので「日テレ」「男性アナ」「盗撮」をキーワードに検索するといい。




 ●『読売新聞の記事』を引用して述べたい。


記事の内容は



日テレ男性アナを書類送検、スカートの中を隠し撮り

 女子高生のスカートの中を盗撮したとして、日本テレビの男性アナウンサー(26)が、神奈川県迷惑防止条例違反容疑で書類送検されていたことが17日、わかった。容疑を認めており、保土ヶ谷区検は5月2日付で起訴猶予処分とした。

 同県警戸部署の調べによると、男性アナは2月20日午後3時ごろ、横浜駅の自由通路エスカレーターで、前に立っていた私立高校の女子生徒(16)のスカートの中をカメラ付き携帯電話で隠し撮りした疑い。県警鉄道警察隊員が目撃し、戸部署に任意同行した。

 同社総合広報部では「プライバシーにかかわることなのでコメントできない。社としてすでに適切な対応をとっている」としている。

(2006年5月17日18時43分 読売新聞)



と、記されている。


また、他紙のいくつかを見ると


「むらむらして興味本位でやった。申し訳ない」と容疑を認めたという。
(サンスポ等より)


何気に新聞を読んでいたら


「あ~ 今度はアナウンサーが こんな馬鹿な真似を…」


って感じで読み流してしまうのだろうけど 私は、そうじゃ無い。


この記事に秘められた問題点を 良い機会なのでいくつか指摘しておきたいと思う。



問題点(1)

何故、実名報道がなされないのか?


しかも、御丁寧に大抵の記事では


「日本テレビの男性アナウンサー(26)」


とされている。


「日テレ」で「男性アナ」で「26歳」という情報が判れば 簡単に最低でも2・3人に絞り込める。


匿名報道にしては実に中途半端な この書き方は どういう事?



問題点(2)

何故、2月の事件が今頃になって報道されるの?


特に、「日本テレビ」や系列の「読売新聞」「報知新聞」の報道マンは何をやってたの?



問題点(3)

「社としてすでに適切な対応をとっている」という日本テレビの「適切な対応」っていうのは どういう処置・対応なのか?


少なくとも 懲戒免職や、依願退職など 辞めてはいないみたいだよね?

(番組は下ろされたみたいだけど)



問題点(4)

今回は日本テレビのアナウンサーだが、他社が自分の会社の社員や記者が事件を起こした時、今まで どういう報道・対応を取ってきたのか?


他社サイトや記事を読み比べていくと TBSや朝日は 随分と熱い記事を書いているけど、では TBSや朝日の社員が問題を起こした時、同じ様な熱さで記事を書いた事があるのか?


今回の問題を起こした男性アナウンサーの事件の内容については置いておく。


私が不愉快極まりなく感じるのは 自分の時は黙り、他社の時だけは熱心に… そんな連中を誰が「公正な報道」と信じられる?


それをメディアとかジャーナリストとか自称する連中は猛省しろ!!! そう、言いたいのだ。


例えば、いつぞやの痴漢と冤罪されて実名報道までされ、裁判で闘い続けて 数年かかって ようやく無実が証明された会社員…という事件があった。


そんな教訓から 犯罪が確定するまでは罪人扱いしてはいけないのでは無いか?という議論が高まった。


しかしながら、そんな議論は今でも棚に上がったままで「誰かの判断」で「実名か匿名か」 それどころか「報道するか、しないか」が決められ その決定には常に矛盾をはらみ、特に 今回のように、


「依怙贔屓ですか?」


「社内の問題は バレるまでダンマリですか?」


なんて真似をされると 偉そうに「ジャーナリズム」を語ってんじゃ無ぇぞ!!!と言いたいのだ。


でね、何が適正な処置なのか 日テレの見解は判らないけど、我が国伝統の部下の責任はトップが取る…を実践し、とっとと ナベツネに隠居勧告しておくれ。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『マスコミ・メディア批判』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ

言われるとおり、日本のマスコミの連中は自分が我々庶民より一段高いところにいると思っているのでしょうか、これを思い上がりと言うのですが、政治家や役人と同じ根性をしているということですね。以前の会社では起訴された時点で有罪無罪を問わず即懲戒解雇でしたが、このアナウンサー起訴はされていないみたいですが、それもまた分かりません?犯罪を犯しておいて起訴猶予とは、はて検察庁はどうして猶予にしたのか?示談が成立したのかな?しかし犯罪を犯しておいて何も無かったことになるなんてこれも問題ですね。昨日まで呉に行っていて江田島にも行ってきましたが、兵学校の’五省’を広めなければ、日本はダメなってしまいますね。

★ タンク さん

最低限、ハッキリした事は 日本テレビの報道は偏向報道であるという事。

そんなものを ありがたく情報として受け止める事は出来ない、しちゃイケナイという事。

私は そう受け止めております。


ついでに言えば、同業他社が今後、同じ様なケースにおいて どう対処するのか見物です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。