« 禁煙ファシズムと戦う | TOPページへ | 日テレ男性アナが盗撮 »

2006年05月18日

● 夕張メロン 初競り


昨日、今年の夕張メロンの初セリが行われ…




画像


その結果…




2玉が80万円 で、落札ですと



画像


一昨年までは 札幌市内のデパートが見栄の張り合いで落札していたのだが、その頃の値段は3~40万 それが、昨年、今年と通販業者がフザケタ値段で落札。


例年、夕張メロンの収穫は5月中から始まり、6月の半ばが最盛期となるのだが…


札幌では ひとつの地元話があり、それは札幌ドームが出来るまでは 毎年6月の初旬に プロ野球の「巨人」が来道し、いずこかのチームと円山球場で3連戦を行っていたのだが、その際に 巨人の選手が夕張メロンを大量に買って帰るため


「巨人が来ると 夕張メロンが一気に品薄になり、値段も跳ね上がる」 


そう言われたものだ(嘘か本当か未確認^^;)


私は 大学に入り、東京に出た最初の年、バイト先の雀荘の店主に


「地回りのヤクザに御中元で持っていくメロンを買いに行くから付き合え」


と、言われて 日本橋の千疋屋なる、有名な高級果物店に行ったところ ガラスケースの中に桐の箱と座布団に鎮座した夕張メロンが 3万円で売られているのを見て腰を抜かした事がある。


だってさ、何処の世界に メロンに3万も払うわけ?


画像

例えば、上の画の様に 表面の編み目が細かく入っているのが上物なのだそうだが、実際には編み目が不揃いや 欠けているものもあるわけで、そんなのをハネ物として 1玉500円とかで売ってるのよ?

北海道夕張市旭町 (Sorry, this address cannot be resolved.)

この地図の縮尺を変えて 夕張の周辺地を見回してみて欲しい。


例えば、最近は グンと知名度が上がったが「富良野」のメロンも 夕張と同じで中が赤肉で美味


メロンはね、外見じゃ無くて中味


しかも、値段やブランドじゃなくて そのメロンそのものの食べるタイミングが 最も重要なの。


どんなに高い夕張メロンでも 食べ時を間違えたんでは スーパーのメロンの方が余程美味い…って事になりかねないのだ。


だから、北海道では メロンを買う時に


「オバチャン このメロン、いつ頃が食べ時?」


と、聞いたり


「オバチャン 俺、旅行の途中で 家に帰るの3日後なんだ

 だから、4日以上先に食べ頃のくるメロンだけくれないか?」


とか、


「オバチャン メロンを御中元の宅配で岡山まで送ってよ

 で、着いてから食べ頃のくるやつ送ってね」


等と 食べ頃のタイミングを きちんと確認しないとダメ


ゆえに、都内の高級果物店やデパートで


「夕張メロン」です


として、そのブランドだけで 高い値をつけ、食べ頃がとっくに過ぎちゃったやつや まだ、食べ頃になってない固い果肉のを食べて


「さすが夕張ね 美味しいわぁ」


なんて言ってる物知らずは 大いに恥じ入って頂きたいと願うばかりだ。^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『政治・時事ネタ』関連の記事

コメント

こんばんは、楽しく驚きつつこの記事を拝見しました。

メロン一玉40万円ですか・・・。さくらんぼ一粒8000円といい、生ものにそんなお金かけてどうすんの? という感じです。まあ、日本人は江戸時代から鰹一匹に10両とか払う人がいるっていう国民性なので、こういうもんなのかもしれないですが・・・。

「高けりゃ良いってもんじゃないだろう」

そう、声を大にして言いたいです。

ちなみに、私は叔父の家がメロン農家なので、毎年メロンは食べ飽きておりますorz

★ しき さん

宣伝とか 初物への御祝儀とか いろんな言い方がされましたが、なんだかなぁ…って感じです。

ついでに言えば、このニュースでは 北大の教授(私の知人では無い)が登場し、

「昨年のセリ値(60万)より20万上がってるのは景気向上の現れ…」と言ってましたが、どうりで北大出に立派な経済学者がいないわけだ…とも理解しました。^^;

(こんなアホが教授じゃね^^;)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。