« 犬神家の一族 in めざましTV | TOPページへ | 瑠璃の島 第1話 再考 »

2006年05月16日

● 約30の嘘


「約30の嘘」という映画を見た。




約30の嘘


出演者は


約30の嘘

椎名桔平


約30の嘘

中谷美紀


約30の嘘

妻夫木聡


約30の嘘

田辺誠一


約30の嘘

八嶋智人


約30の嘘

伴杏里


この作品を見たのは まったく何の予備知識も無し。


誰かに薦められたのでも無く、事前に番宣や広告を見たわけでも無い。


馴染みのレンタル屋の店長が「こんなの見ます?」って持って来た… ただ、それだけの事。


簡単にあらすじを述べれば 6人の男女の詐欺師グループが大阪からトワイライトエクスプレスに乗って 札幌へ詐欺仕事を実行しに行き、成功を収めた帰途 再び乗ったトワイライトエクスプレスの中で事件が起こる。


DVDの特典でコメンタリーを聞いたところ ベースになった舞台演劇があるそうで(未見・未確認) それの映画化の際に ずいぶんと修正を施した様だが… DVDのパッケージに記述されている物語概要は それこそ詐欺?って聞きたいぐらい虚飾に満ちたもので 寝台特急の車内で事件…と聞き「オリエント急行殺人事件」みたいなストーリーを思い起こすと大きな間違い。


ハッキリ言うが この作品は駄作だ!!!


約30の嘘

キャスティングは よく判らない「伴杏里」を除いた5人は とても魅力的な面子ではある。


しかし、設定・脚本が全然 駄目。


5人の役者の持ち味が5人とも出ていない…というか 殆ど、地のままで演技をしてるように思えない。


詐欺師の筈なのに 何故か、みんな良い人ばかりで どんでん返しも無く、事件が起きても 全然、ドキドキ感が無い。


約30の嘘

では?コメディなのか?…と言えば、そんな雰囲気すらも無い。


何故、この5人の役者がキャスティングされたのか? その意味も理由も全く感じられないのである。


もし、アナタが「妻夫木聡」のファンで この作品に興味が沸く…というのなら それを止める権利は私には無い。


しかし、断言しても良いが 妻夫木の演じている役は別に妻夫木じゃなくて 他の誰が演じても変わらない。


中谷の役も椎名の役も全て そう。


だから、期待なんかしたら そのぶん失望感が大きくなるよ。^^;



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『サスペンス』関連の記事

コメント

う、駄作ですか・・・。^^;

お察しの通り、完全に妻夫木君目当てで観ました。
で、ちょびっと褒めてしまいました・・・。

今回は怒られそうなので、TB我慢しときます。^^;

★ あかり さん

コメントを拝読し、はじめて あかりさんのブログに記事がある事を知り、その記事を拝読しました。^^

ま、意見の異なる事は よくある事で、異なったからと言って それでどうこうは感じませんよ 私は^^

で、誤解の無いように申し上げれば この記事は あかりさんや あかりさんの記事を指して述べたものでは無く 思ったまま、感じたままを述べただけの事なので あまり、気にしないで下さい。^^;

で、あかりさんの記事を拝読しましたが、私の感想は 申し訳無いけど変わらず、これ「駄作」です。

一番、腹立たしいのは 特典の中に「コメントリー」というのがあり、監督やプロデューサーらしき人物などが本編にあわせて会話をするものがありますが その中での監督やPの話す内容です。

視聴者というか観客をナメてるとしか思えない発言が多く、その割に 出来たあがったものがコレか?と。

ま、そんなわけで 偏屈な私としては 褒めちぎるばかりなのも嫌だし、誉めたい人ばかりで集まって…ってのも嫌いなんで 良い機会と思い 声を大に「駄作」と言い切っておきたいと思った次第です。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。