« 安藤政信 in さくらん | TOPページへ | 犬神家の一族 in めざましTV »

2006年05月15日

● 問題のない私たち


何の予備知識も無しに この作品を見たわけだが…




問題のない私たち


この作品の制作・公開は2004年 ちょうど『天国への応援歌 チアーズ』と ほぼ同じ。


画像

「美波」は

問題のない私たち


画像

沢尻エリカは

問題のない私たち

といった感じ


ベースとなる物語は「いじめ」で 冒頭、


問題のない私たち

美波はイジメられる女の子


そこに

問題のない私たち

沢尻エリカが転校してきて それまで虐める側のリーダー格だった女の子を 逆に虐められる子へと追い落とす。


と、述べると 沢尻はカッコ良いのか?と思われがちだが、これが実に小狡い女の子なんだな^^;

問題のない私たち

「天国への応援歌 チアーズ」でも、プライドの高い ちょっと嫌味な女の子役で、この作品でも 嫌な感じの女の子を好演している。

問題のない私たち

こんな表情を見せられては「おっかない女の子」が適役とすら思うわな^^


ゆえに、「嫌な娘」という印象が強くイメージされてしまい「1リットルの涙」の主役を演じた際に「イメージ的に…」と批判的意見があったのも 判らなくも無い。^^;


実際に 本人が性格の悪い女で、役柄を地でやったのか否か?なんて事は判らないし、そこまで想像だけで述べる気も無い。


しかしながら、はっきり言える事は「演技力」は充分持っている娘…という事。


悪役がハマったように巧い役者が演じると それだけ、ドラマはより面白くなる。


ゆえに、そういう存在は高く評価したいと思うわけで その巧さにヤラれて「あの娘、嫌い」と 役としてでは無く、本人そのものが嫌われてしまうのは残酷な仕打ちだと気づけない視聴者が少なく無いのは残念だ。^^;




さて… 


私は この作品を見終わり、エンドロールを眺めるまで ある重大な事をすっかり忘れていた。


問題のない私たち


そう、この作品の主役は「黒川芽以」だった…という事。


先日、『青空のゆくえ』という記事で述べたが、この黒川芽以という女の子は 何故か私の記憶に残る。


青空のゆくえ

青空のゆくえ

「青空のゆくえ」より


画像画像

「私を旅館に連れてって」より


ところがだ、「ホワ~ンとした 独特のまったり感が漂っている小柄な女の子」のはずの黒川芽以が見つからない。^^;


問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

(上の画の 一番右)


いやぁ…


かねてより 神ブロガーkuma6663さんの記事うかがってはいたけれど 雰囲気だけじゃなく体形まで「まったり」しちゃってたんだなぁ…^^

( ビックリした^^ )


けどね、やっぱ この娘は良いね。^^


問題のない私たち

問題のない私たち

問題のない私たち

(上の画の一番右 青い水着)


沢尻エリカや美波と一緒にいても 充分に存在感を出し、輝いている。


願わくば これ以上「まったり」しないで欲しいなぁ… それだけだ^^;


で、この作品の内容に関しては あまり多くを述べたくないので触れないが…


面白いストーリーだなぁ…とは思うけど 少女漫画チックな展開が ちと辛い。


それと、この作品の制作者に個人的に言いたい事は


問題のない私たち

虐めでプールに放り込まれる美波


問題のない私たち

虐めを苦に自殺を図ろうとする黒川芽以


問題のない私たち

リンチを受ける黒川芽以


これらのシーンにおいて 美波はスカートの下に水着、黒川芽以もスパッツ(死語?)がのぞくのは 大変、イタダケ無い。


パンツを見せろ!!とは言わないが、あからさまに「え?」と思わされてはリアル感に欠ける。


せっかくの女優さん達の良い演技も 演出側の その辺の配慮に欠けては画龍点睛を欠くと言わざるを得ない。




最後に この作品を見て最もドキッとしたシーンは

問題のない私たち

この様に娘と真向かいに座って食事をしながら つい、地雷を踏むような事を私が言った瞬間に…

問題のない私たち

それまでの笑顔から キュッと眉間に皺が寄る…(ToT)


これが 父として 最も辛い瞬間なのである。 … orz



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『黒川芽以』関連の記事

コメント

今晩は、ブタネコさん余分なことですが・・・今は皆スパッツとか体操のハーフパンツとかをスカートの下に着ているので残念ながらパンツ^^は見えなくて、あの方がリアル・・・かと知った上でのコメントでしたか・・・^^、沢尻エリカさん可愛いのに色々な役で頑張ってますね、夏のドラマも楽しみです、又、泣き顔にもらい泣きかな。では、また。

★ おがっち さん

私は かねがね、必要以上に短いスカートを履いてるのに 手や鞄で押さえながら歩き、つい目があっただけで「このスケベ」みたいな睨み方をする女が嫌いです。

私は 娘が学校に行く時には「パンツの上にブルマ履いてけ」と娘に言い続け「嫌われ続けた親父です」

私は 昔、井上ひさし:著「青葉繁れる」を読み、感動した者です。

私は…

このぐらいで良いですか?

こんばんわブタネコさん
沢尻エリカ・・・やっぱりいいですね
>ゆえに、「嫌な娘」という印象が強くイメージ
そうっだたんですか、いまだ1リットルの涙とパッチギしかみれてなくて、チアーズとこの問題のない私たちは狙ってはいたんですが、まだ観れてなかったので、ますます楽しみになりました。嫌な感じの沢尻エリカ実に楽しみ、
それに、「タイヨウのうた」「天使の卵」「手紙」と続けてドラマ映画にと出演するようなので、どんな演技をみせてくれるか、原作を読みながら楽しみに待っとこうと思います

★ K さん

楽しめると良いですね^^

今日は、確かに後ろを歩きずらいです、いきなり振り向いてガンメされたりして何だ女みたいな・・・でも、可愛くしていたい気持ちも分かりますし、世の中健全にす○べなおじ様ばかりではなくなってますしね、皆ブタネコさんみたいならいいのにね^^本は今度読んでみます。色々読みたい本があるんですが、読むのが遅くて、溜まるばかりです^^では、また。

★ おがっち さん

と言う事は 私は「健全なスケベ親父」という事なんですね? ホッとしました 高い評価で^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。