« 旭山動物園物語 | TOPページへ | ブタネコの「母の日」 »

2006年05月14日

● 下弦の月


最初に この作品を見ようと思ったのは 主演が栗山千明だったから。




画像


画像

物語の冒頭 成宮寛貴がバンドで歌う…


まるで「NANA」だな…と思ったら 原作者が同じ「矢沢あい」だったのね^^;


どうりで物語が完全に少女漫画の世界。^^;


と言うわけで、少女漫画が苦手な人には 早々とギブアップする可能性が大かもしれないが、かろうじて 私は脱落せずに最後まで見た。


それは…


画像

画像

画像

画像

画像


当初の目的だった「栗山千明」のおかげ…と言いたいところだが、違う。^^;


まず、第1に


画像

画像

画像

画像

「黒川智花」が 実に可愛いい。


で、「あれ?」と思ったら


画像

画像

この娘なんだな^^;




で、第2に


画像

画像

画像

画像

「伊藤歩」が 実に素敵♪


で、チョイ役的にしか登場しないが…


画像

「小日向文世」


画像

「陣内孝則」


画像

「緒形拳」


そして、すっかり母親風体になってしまった


画像

「富田靖子」


などが見られて嬉しい。^^


物語的には どう考えても主役は「栗山千明」なんだと思う。


でも、全編を通じて 私には「黒川智花」が主役なんだ…と思った方が安心して観れるし、気づいていない人も少なくないような気がするので あえて言及しておくが…


最後、エンドロールが流れるが その最後までちゃんと見ると…


画像

画像

画像

画像


ここまで見ると「伊藤歩」が主役だった…でも良いな^^ とすら思える。


で、今回 この「下弦の月」を見て思ったのは…


私は 個人的に「栗山千明」を 私なりに高く評価してきたつもりだが、次回作が どんな作品なのかも知らないけど 現時点での確認が出来たら彼女に対する評価を変えよう… そう思った。


と言うのは どうも、彼女の演技は ちょっと違うんだな^^


演技が巧いとか下手とか言うのではなく、周囲の他の役者とズレている。


個人的主観で言うと 他の役者さん達は「映画」の演技をしてるのに 「栗山千明」だけは「舞台」での演技なのだ。


声が大きくてメリハリも効いて… でも、それは舞台劇なら違和感が無いが、映画での普通の会話では 大げさと言うか、テンションのズレみたいなものに感じてしまう。


例えば、「Wの悲劇」という薬師丸ひろ子が主演の映画を見ると たぶん、私の言いたい事が判って頂けると思う。


「Wの悲劇」は映画なんだけど その物語の中で舞台劇を演じる。


「私、殺してしまった!! お祖父様を殺してしまった!!」


つまり、通常会話の薬師丸ひろ子と 舞台の上で劇を演じている薬師丸ひろ子の喋り方の違い… そう、栗山千明の映画での喋り方が 何故か、舞台の上の喋りに聞こえてしまうのだ。


これは、物凄く違和感となる。


「キルビル」みたいな映画なら それでも良い。


「妖怪大戦争」も まだ、我慢は出来る。


けど「女王蜂」(稲垣吾郎版)は なんか、残ってしまった違和感…


そう、それがコレだったのだ。


なので、次回作も この調子だったら 私は栗山千明から一歩下がろうと思う。^^;



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ファンタジー』関連の記事

コメント

こんにちはブタネコさん
昨日は、お借りしてすみませんでした。
あの1冊は、私なら買う1冊でした。

ブタネコさんの、Wの悲劇の例え凄く解かりやすいです。言われれば確かに!
一歩下がられないように、頑張ってほしいですね。

月シリーズで、窪塚洋介さん主演の『同じ月を見ている』もお時間の許す限り見ていただきたいんですが。。。
他に黒木メイサさん、ドン役に、エディソン・チャンさんが出ております。窪塚さんは復帰作で、当初ドン役を自分がやりたい役だったのですが、あえて、鉄矢役をやることにしたとのこと。
食わず嫌いにならずに一度、食して見てください。

追記。懐かしくて、犬神家のサントラ見たら、今お取り扱いできないんですね。リメークになったらでるかなぁ~DVDは早速購入しますw
今なら、目をそらさず、マスク姿も見れるんだけどな

★ エメラルド さん

隠れガッキー・ファンには キッチリと伝えておきました^^

さて、『同じ月を見ている』は 監督が「深作健太」なので 大変申し訳ありませんが、見ません。^^;

父親の「深作欣二」は いろんな意味で教わる事の多い方だったけど この馬鹿息子は駄目です。

なので、本当に申し訳ありませんが 勘弁して下さい^^;

エメラルドさんのお奨め…なので、無下にしたくないのですが、コイツは嫌です。^^;

ブタネコさんへ

おはようございます。
お奨めを無下だなんて、とんでもないです。
好みがありますし、影響力のあるこちらのブログで、コメント見た方が、例えば、レンタル屋さんで、
あっ!そういえば~と思い出していただくだけでもいいと思うんです。
あっ、 くれぐれも、ブタネコさんのレス以外のところ見た場合いですよw

★ エメラルド さん

ホントに御免なさいです。^^;

「バトルロワイアル2」に 結構、期待して おもいっきり裏切られたのがトラウマなんです… orz

意外と近くのレンタル屋にあったので借りてきました。

黒川智花、健気な感じが出ていて良かったです。

ネタバレって程じゃないと思うんで書きますが(ネタバレと判断されたら削除しても結構です)
最後、三浦君とみずきと三人で会う場面があれば良かったのに、と思いました。

伊藤歩、素敵でした。

最後にああいうシーンがあるのなら、彼女が主役でも良いんじゃない?って確かに思いますね、あれ。

この人もやっぱり笑った顔が凄く魅力です。

個人的にはアダムからネックレスをプレゼントされた時の表情が好きだな。

★ うごるあ さん

>最後、三浦君とみずきと三人で会う場面があれば良かったのに、と思いました。

私は原作を読んでないので 原作的にどうかは判りませんが…

私も、そういうシーンがあっても良かった様な気がします。

栗山千明が憑依されてるのか否か?が とても判り難かったから余計 そう思いますね。


>最後にああいうシーンがあるのなら、彼女が主役でも良いんじゃない?って確かに思いますね、あれ。

でしょ?^^ 勿体ないと思いましたよ あれだけのカットしか出ないなんて^^


>個人的にはアダムからネックレスをプレゼントされた時の表情が好きだな。

ええ、たしかに^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。