« エンタの神様 | TOPページへ | 田中圭 in 恋するハニカミ! »

2006年05月05日

● 犬神家の一族 撮影中♪


めざましTVを見ていたら…




画像


思わず、画面に目が釘付けになる私。


画像

 (30年前)


普通なら、「そのままじゃ無ぇか!!」と怒るのかもしれない。


でも、私は怒らない…


むしろ、目頭が熱くなり


「ありがとう、そのままで!!」


そう思う。


画像

画像


画像

画像

 (30年前)


キャストを見回すと 先日、『「犬神家の一族」30年ぶりリメーク』で予想を述べた配役が ほぼそのまま… 


そうか…


画像


画像

 (30年前)


中村敦夫は弁護士ね^^


不明なのは 佐智と佐武なんだが…


画像


画像

 (30年前)


珠世は うん、松嶋菜々子の方がシックリくるなぁ…^^


画像

画像

画像


ガンバレ、市川監督!!


それにしても…


画像

これだけは 「三時のあなた」の「シャキシャカシャン」を思い出してしまい…
                                               orz



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『犬神家の一族』関連の記事

コメント

おお!嬉しビックリの画像をありがとうございます!
そうですか~このような情報がすでに流れていたのですか~知らなかった~。

>むしろ、目頭が熱くなり
>「ありがとう、そのままで!!」
>そう思う。
 同感です。この雰囲気が現代に甦るなんて嬉しいじゃありませんか。安心しました。

松嶋菜々子も期待が持てそうですね。
それにしてもさすが石坂浩二、金田一の衣裳がよく似合ってる(^^)
市川監督のコメントがまたいいですなあ。

何だか今からワクワクしますね。
貴重な画像をありがとうございました(^^)

★ HAZUKI さん

>市川監督のコメントがまたいいですなあ。

ええ、さすが久里子亭ですね^^

良い感じです^^

こんばんは。
早速ですが、お師匠様(笑)のお勧めどおり、「犬神家の一族」読ませていただきました。
舞台背景が素晴らしいですね。最後まで犯人が読みきれず、「あ~、そうくるか~」とうならされました。犯人に対しては謎解き中も「けっ、やな奴」と思いつつも、その人物の動機に触れたとき、思わず可哀想に思えてしまったり。そして、犯人に最後に殺された**は、責められるべき部分もありながらも最初から最後まで哀れな人生だったな・・・と、慰めて差し上げたいような衝動にも駆られ。読了後はうう~んと、考え込みました。

そういうわけで、リメイクの映画、とても楽しみです。ブタネコさんからみると、珠代=松嶋菜々子はしっくりきているのですね。どんな風に演じてくれるのか、わくわくします。

ちなみに、ここでお聞きしてよいのか分かりませんが、稲垣吾郎版で一番最初に作られたのが、確か「犬神家の一族」であったかと思います。私は未見なのですが。もしもお手元にあったのならば、一筆批評していただきたいのですが。・・・というのも、その中でのキャスティングの珠代が・・・(自主規制)。ただ、一言声を大にして言いたいのは、佐清=西島秀俊はナイスキャスティング!! だと思います。読んでいる間中、頭の中の佐清は西島さんでした。

そして現在は、「悪魔が来たりて笛を吹く」を読んでおります。まだ最初のほうですが、犬神家よりもぐっとダークで、読み応え満点ですね。
がっつりとハマっております。

★ しき さん

>お勧めどおり、「犬神家の一族」読ませていただきました。

もうね、御世辞でも 凄い嬉しいです^^

>読了後はうう~んと、考え込みました。

私が しつこいぐらい語っている事、御理解頂けた様で もう泣きそうです。^^

なので…

>現在は、「悪魔が来たりて笛を吹く」を読んでおります

そんな しきさんに OPを再掲し、フルートのイメージをプレゼント^^

稲垣版の「犬神家の一族」は見たし、VTRもあるはずなんだけど まだ発掘できず画像が無いので語らずにおりましたが… 語ってみようかな^^

こんばんは。「悪魔が来たりて笛を吹く」のオープニング動画、どうもありがとうございます。
これをブタネコさんは実際に吹けるわけですね? それってすごい特技だと思います。

と、まあ、半分ぐらいワッショイしてみましたが(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;、実はもうひとつ再掲していただきたいものがあって・・・。「犬神家の一族のテーマ」ももう一度みたいな、と。是非とも、動く横溝先生にお目にかかりたいなと思ったのですが・・・。すみません、わがまま言って。

ブタネコ師匠、稲垣版金田一の「犬神家の一族」、熱く語ってくださいませ(〃▽〃)
私はこれから、「悪魔が来たりて笛を吹く」の続きを読みます。今、第1の殺人が実行されたところです。

★ しき さん

>すみません、わがまま言って。

いえいえ、大サービスです^^

横溝ファンには 優しいんです。


ところで… しきさんは「葉月亭」さんのブログを訪れた事がありますか?

http://combat.blogzine.jp/heritage/

HAZUKIさんも 横溝正史について造詣の深い記事を 何本も掲示しておられますので もし、まだお読みでなければ 是非、どうぞ^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。