« 天国にいちばん近い島 | TOPページへ | 極限推理コロシアム »

2006年05月02日

● 金田一耕助と役者魂


かねがね 私は横溝正史、金田一耕助の熱狂的なファンだ…と申し上げている。




たまたま、数日前にTVで見かけた映像に つい、思った事があり ちょっと思いのままを述べてみたいと思う。


まずは この表紙絵を御覧頂きたい。^^


画像

角川文庫『金田一耕助の冒険』1976年発行初版


往年の横溝ファンが揃って認める「杉本一文」氏の表紙絵


そう、これが横溝正史が記述した金田一耕助のイメージなのである。


この顔が ハマっているか否かはともかく 記述から考えれば 着物、もじゃもじゃ頭、際だった美男子とか 見るからに知的な容貌というものでは無く、個人的に思うには 横溝正史の親友であり、ライバルでもあった江戸川乱歩が描いた ハンサムで知的でスーツを着こなす明智小五郎と 実に対照的な姿、それが金田一耕助のはずだった。


ところが、日本映画のバカタレどもは


画像

1975年「本陣殺人事件」中尾彬


という風に それまで、金田一シリーズを原作に用いて制作した映画の金田一は いたって洋風な格好だった。


これは 私のあくまでも勝手な憶測・妄想なんだけど…


当時の角川文庫の横溝正史の表紙絵を描いていた杉本一史は 氏自身が相当、金田一シリーズの愛読者だと 私は思い込んでいる。


  ●参考記事『横溝小説の表紙絵


で、そんな杉本氏が1976年に描いた『金田一耕助の冒険』の表紙絵は 


「金田一耕助は こういう姿の筈だ」


そんな気合いを勝手に感じてしまうんだなぁ…


だからなのか偶然なのか、それ以降…


画像

 石坂浩二「病院坂の首縊りの家」より


画像

 西田敏行「悪魔が来たりて笛を吹く」より


画像

 鹿賀丈史「悪霊島」より


画像

 豊川悦司「八つ墓村」より


画像

 稲垣吾郎「女王蜂」より




石坂浩二版「犬神家の一族」以降 金田一耕助は 本来の姿で描かれる様になった。


私の知る限り、唯一の例外は


画像

1977年「八つ墓村」渥美清


いかに野村芳太郎が大監督であろうとも、そして 渥美清が大好きな役者であろうとも、こればかりは看過するわけにはいかないのが、判っていただけると思う。


さて、先日『「犬神家の一族」30年ぶりリメーク』という記事で述べた様に 久しぶりに市川版横溝映画が観れるのは嬉しい限りなのだが…


数日前に とある番組で久しぶりに石坂浩二を見ると


画像

画像

画像


明らかに 金田一耕助の役作りのために伸ばしているとしか思えない頭髪…


私は そこにひとつの役者間魂を垣間見た思いがした。


つい数年前に

画像

(「白い巨塔」より )


こんな姿を見せていた役者が、時間をかけて、役作りをする


天下の石坂浩二をして、そうさせてしまう…


そうなんだよ、横溝正史の金田一耕助は それぐらいやって貰わなきゃ困る…というのはファン心理。^^;


それにもまして、嬉々として そんな姿を自然に見せる石坂浩二という役者に 私は自然と頭が下がる。


「金田一耕助を大事にしてくれて ありがとう」と。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『横溝正史』関連の記事

コメント

やはり石坂浩二にとっても金田一耕助というキャラクターは特別で、役者としてもひとかたならぬ愛情をお持ちなのではないか、と、これは私の勝手な“そうあれかし”な思いではありますが、ブタネコさんの記事を拝読、拝見してその思いを強くしました。

役作りのために髪を伸ばしていることは今度の映画の話が表に出たときに何かの記事で読んだ記憶がありますが、TV番組に出ている彼を目にすれば、ああ、金田一を演(や)るからだね、ということが一目で解って、それだけでファンとしてはくすぐったい嬉しさを感じます。
番組で何度か見かけたとき、ああ、伸ばしてる伸ばしてる、と勝手に嬉しがっていたものです。

ところで、杉本氏の「冒険」の表紙絵ですが・・・私はこの絵は好きではありません(^^;)
(『金田一耕助のモノローグ』の表紙も好きではありませんが、「冒険」よりは「モノローグ」のほうがまだいいです)
確かに杉本氏自身、きっと、“これが金田一耕助だ!”という思いでお描きになったのだと思いますが、あまりに生々しいのですね。
服装や雰囲気、風貌といった点ではこんなものかなと思えますが。

>この顔が ハマっているか否かはともかく
 そう、似顔絵ではないはずですから、顔の造作ではなく、リアリスティックなタッチそのものがどうも好きになれないのです。

「ハリー・ポッター」の作者が、日本語版の表紙を気に入っている理由としてハリーの顔がはっきり描かれていない点を挙げていたのをどこかで聞いた覚えがありますが、金田一もそのほうが良かったと思います。

そういった意味で、私は「冒険」の表紙は和田誠氏の、ほのぼのイラスト系のほうが気に入っています。
古谷一行とすぐ判るところも、素直に許せてしまいます。

それにしても歴代金田一ギャラリーはいいですねえ(^^)

★ HAZUKI さん

>ところで、杉本氏の「冒険」の表紙絵ですが・・・私はこの絵は好きではありません(^^;)

正直言うと 私も この絵の顔は好きじゃありません。^^

この絵が正しいとすると 顔だけで判断すれば中尾彬か小池朝雄か?って事になる。^^

今回、あえて 歴代金田一の画を並べてみたのは やはり、私の中で金田一耕助は石坂浩二が ズッポリとハマっている… それを再確認したからであります。^^

ま、これは 私の個人感なんで あえて記事では申し上げず、見た人が どれがハマっている様に思えるか それは、どうぞ御自由に…と委ねた部分が大なわけです。^^;

で、エッセイなど 和田誠が描く金田一 というより、横溝正史の絵が私は大好きです。^^


本当に市川+石坂の金田一は楽しみですね。
できれば、まだやっていない原作で撮ってほしかったですが。

しかし、横溝・金田一作品に関してかなりお詳しいですね。うれしくなると同時に参考になります。
順に全部読ませていただきます。

★ イエローストーン さん

初めまして、コメントありがとうございます^^

>横溝・金田一作品に関して…

まだまだ、私などは足元にも及ばないファンの方は沢山おられると思います。^^;

ただ、お褒め頂けました事は大変嬉しいです ありがとうございます。

私もイエローストーンさんのブログを拝読に 一度、御邪魔しましたが、興味深い記事に目移りし あらためてじっくりと拝読させて頂いた上で コメントを失礼させて頂ければ…と思っております

今後も 宜しく御願い申し上げます。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。